ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 
から まで 記事/ページ

1年に2度も宝くじで大当たりした男性の悲劇、片腕失い生きる今

2020/08/16 05:06 JST配信
Clip to Evernote
(C) vnexpress
(C) vnexpress 写真の拡大
(C) vnexpress
(C) vnexpress 写真の拡大

 東南部地方ビンズオン省在住のドー・ホアン・トアンさん(65歳)は、15歳の時に宝くじで特賞を2度も当てた。しかし、高額な賞金はトアンさんの人生を悲劇の方向に変えていった。

 現在のトアンさんは毎朝、明け方からビンズオン省トゥーザウモット市フークオン街区にあるフークオン公園に静かに入っていく。そして木の下であぐらをかき、静かに瞑想をする。体操をする人たちで混雑してくると瞑想をやめ、ジョギングをしてから頭で身体を支えて逆立ちをし、そのまま倒れて片腕で腕立てをする。

 「もしあの頃、私が宝くじを2度も当てず、ごく普通に大人になっていたとしたら、少なくとも左腕を失うことはなかったでしょうし、麻薬に溺れて若い時代の10年間を無駄にすることもなかったでしょう」とトアンさんは過去を振り返って話す。運動をすることは、自身が麻薬を断ち切り、健康体になったことを周りに証明する手段だという。

 トアンさんは9人兄弟で、一家は借地に建てた仮小屋に住んでいた。小屋の入り口の前で小さな雑貨店を営み、それが当時の家族の収入源となっていた。小学校を出ると、トアンさんは両親を手伝って店番をするようになった。お店では本や新聞、タバコの他に宝くじも売っていた。

 1975年以前は宝くじの抽選は週に1度だけで、宝くじの価値もそれほど高くなかったため、トアンさんはいつも両親に頼んで気に入った番号の宝くじを何枚かもらっていた。抽選の日まで宝くじが売れ残った場合、両親も幸運を祈って宝くじを保管していた。そして、その売れ残った宝くじが、予想外の形でトアンさんの人生を翻弄することとなる。

 1970年9月、トアンさんは宝くじの特賞に加え、2つの残念賞にも当たり、総額300万VND(現在は約1万4000円)の賞金を獲得することとなった。まだ15歳だったため身分証明書がなく、トアンさんは父親に頼んでサイゴン(現在のホーチミン市)に行って賞金を受け取り、保管してもらった。

 「当時の公務員の月給が数千VND(現在は1000VND=約4.6円)だけだったので、300万VNDという金額は家を数軒建て、さらに自動車を購入することができるほどの金額でした」とトアンさん。

 大金を手にしたトアンさんは、友人たちを集めて一晩中飲み明かした。数日間続いた宴の後、トアンさんと友人たちはバイクレースを開催することにした。トアンさんはサイゴンに行き、日本から輸入されたバイクを購入した。50ccのバイクだったが、スリルを感じるために70ccに改造した。

前へ   1   2   3   4   次へ
[VnExpress 05:05 10/07/2020, A].  © Viet-jo.com 2002-2020 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
孤児300人の「母」、子供たちの夢と希望を育てる支援 (5:13)
 ハノイ市在住のブー・ティ・ズンさんは、物を与えるだけでは孤児の将来は何も変わらないと考え、孤児たちが大人になるまでの生活と学業の支援を目的とする「カットボン(Khat Vong=渇望)基金」を設立した。 ...>> 続き
中国に売られたベトナムの少女、9年越しの帰郷とこれから (20日)
 9月のある日、キムさんは姉と母親に付き添われ、身分証明書を作るために村の人民委員会を訪れた。そして、22年間の人生で初めて「故郷」を手に入れた。  北中部地方ゲアン省キーソン郡ターカ村に暮らすカー...>> 続き
視覚障がい者の音楽バンド「ナンモイ(新しい光)」、それぞれの夢 (13日)
 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響によりハノイ市で社会的隔離措置が適用された今年4月、視覚障がい者による音楽バンド「ナンモイ(Nang Moi=新しい光)」のメンバーは演奏活動ができなくなり、自宅で電...>> 続き
安倍首相とベトナムの軌跡を振り返る、戦略的パートナーシップからの二国間関係 (6日)
 8月28日、安倍晋三内閣総理大臣が、持病の悪化などの理由で辞任を表明した。  安倍首相は、早くからベトナムの重要性を認識していた、とベトナムのメディアで評価されている。第2次安倍内閣が始まってから...>> 続き
ベトナムの「パパ活」の実態に迫る【後編】シュガーベイビーの素顔 (8/30)
前編はこちら:ベトナムの「パパ活」の実態に迫る【前編】シュガーベイビーとシュガーダディーの契約  地元紙「トゥオイチェー(Tuoi Tre)」の男性記者は、「シュガーダディー」を装って「>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2020 All Rights Reserved
運営:Verac Company Limited