ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 
から まで 記事/ページ

視覚障がい者の音楽バンド「ナンモイ(新しい光)」、それぞれの夢

2020/09/13 05:50 JST配信
Clip to Evernote
(C) vnexpress
(C) vnexpress 写真の拡大
(C) vnexpress(動画スクリーンショット)
(C) vnexpress(動画スクリーンショット) 写真の拡大

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響によりハノイ市で社会的隔離措置が適用された今年4月、視覚障がい者による音楽バンド「ナンモイ(Nang Moi=新しい光)」のメンバーは演奏活動ができなくなり、自宅で電話営業の仕事をしてしのいだ。

 8月の暑い昼下がり、ナンモイのメンバーはタイ湖に面したカフェでフェイスブック(Facebook)のライブ配信をしながら、練習に没頭していた。店内が突然停電しても誰も気付かず、ドゥック・ティエンさんの両手は止まることなくキーボードを弾き続け、ホアン・チュンさんは無邪気にドラムを叩き続けた。

 メンバー内で最初に停電に気付いたのはタオ・スアンさんだった。ライブ配信の視聴者が「どうして電気が消えたんだろう。きっと停電したんだ」とコメントで知らせたのだ。部屋は徐々に暑くなったが、彼らは気にせず演奏を続けた。

 ナンモイのメンバーは生まれつき視覚障がいを持っている。生まれてからずっと暗闇の中で暮らしている彼らにとって、毎日の生活に不便を感じることは何もないという。唯一不便なのは、演奏中に楽譜を見ることができないため、すべてのメロディーを覚えておかなければいけないことだ。しかし、そのおかげで彼らの音楽はよりスムーズに、感情表現豊かなものになっている。

 スアンさんは唯一の女性メンバーで、時々手に切り傷や火傷を負うこともあるが、料理が上手だ。ティエンさんとチュンさんと一緒にハノイ市ロンビエン区の一軒家に住み、スアンさんが料理を担当している。

 「市場への道順は頭の中に入っています。市場に着いたら、1か所に立っていれば必要な商品は各売り場の人たちが持ってきてくれます。私の得意料理はウズラの卵の揚げ物とミートボール。春巻きも作れますし、家族に送ったりもしますよ」とスアンさんは熱心に語った。

 ナンモイは2016年に視覚障がいを持つ教師のチャン・ビン・ミンさんによって設立され、現在は11歳から27歳までの10人のメンバーで構成されている。その中で、スアンさん、ティエンさん、クアン・フイさん、チュンさんが主要メンバーだ。それぞれの生い立ちは異なるが、皆が音楽に情熱を持っている。

 スアンさんは明るい笑顔でダンチャイン(dan tranh=日本の筝に似たベトナムの民族楽器)を演奏しながら、メインボーカルを担当している。彼女には視覚障がいのない双子の姉がいるが、スアンさんが自分の運命を恨んだことは一度もない。

前へ   1   2   3   次へ
[VnExpress 07:47 05/08/2020, A].  © Viet-jo.com 2002-2020 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
孤児300人の「母」、子供たちの夢と希望を育てる支援 (5:13)
 ハノイ市在住のブー・ティ・ズンさんは、物を与えるだけでは孤児の将来は何も変わらないと考え、孤児たちが大人になるまでの生活と学業の支援を目的とする「カットボン(Khat Vong=渇望)基金」を設立した。 ...>> 続き
中国に売られたベトナムの少女、9年越しの帰郷とこれから (20日)
 9月のある日、キムさんは姉と母親に付き添われ、身分証明書を作るために村の人民委員会を訪れた。そして、22年間の人生で初めて「故郷」を手に入れた。  北中部地方ゲアン省キーソン郡ターカ村に暮らすカー...>> 続き
安倍首相とベトナムの軌跡を振り返る、戦略的パートナーシップからの二国間関係 (6日)
 8月28日、安倍晋三内閣総理大臣が、持病の悪化などの理由で辞任を表明した。  安倍首相は、早くからベトナムの重要性を認識していた、とベトナムのメディアで評価されている。第2次安倍内閣が始まってから...>> 続き
ベトナムの「パパ活」の実態に迫る【後編】シュガーベイビーの素顔 (8/30)
前編はこちら:ベトナムの「パパ活」の実態に迫る【前編】シュガーベイビーとシュガーダディーの契約  地元紙「トゥオイチェー(Tuoi Tre)」の男性記者は、「シュガーダディー」を装って「>> 続き
ベトナムの「パパ活」の実態に迫る【前編】シュガーベイビーとシュガーダディーの契約 (8/23)
 「僕のシュガーベイビーになって!良い関係が続けば、君は君が欲しいものを何でも手に入れられる。僕を満足させてくれればそれでいいから」。これは、地元紙の女性記者が「シュガーベイビー」を装って「シュガ...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2020 All Rights Reserved
運営:Verac Company Limited