ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

孤児300人の「母」、子供たちの夢と希望を育てる支援

2020/09/27 05:13 JST配信
(C) vnexpress
(C) vnexpress 写真の拡大
(C) vnexpress
(C) vnexpress 写真の拡大

 ハノイ市在住のブー・ティ・ズンさんは、物を与えるだけでは孤児の将来は何も変わらないと考え、孤児たちが大人になるまでの生活と学業の支援を目的とする「カットボン(Khat Vong=渇望)基金」を設立した。

 今から8年前のある午後、当時36歳だったズンさんは慈善団体と一緒にハノイ市郊外の孤児院を訪問した。1か所に座ったまま悲しげな顔で贈り物を待つ子供たちを見てズンさんは違和感を覚え、「将来、この子たちはどうなってしまうのでしょうか?」と思わず尋ねた。

 帰り道、ズンさんは「このように物を与えるだけのボランティアはもうしません」と慈善団体のメンバーに伝え、「子供たちが他人からの施しを待つのではなく、将来に希望を持てるような手助けをします」と自分の考えを示した。

 そして、孤児たちが18歳になるまで毎月生活費と学費の支援を行うための基金を設立しようと考えた。それから程なくしてズンさんと4人の賛同者によりカットボン基金が設立された。メンバーは基金の運営を維持するため、毎月任意で資金を寄付した。

 設立当初、カットボン基金は懐疑的な目で見られ、ズンさんの家族や友人たちさえこの活動に反対していた。夫に話しても関心を持ってもらえず、ズンさんの母親は「他人のことに手を出しても苦労するだけだ」と彼女を本気で叱責した。

 友人たちの中には、基金への参加を拒んだり、「自分の身内でもないのになぜ面倒を見なければいけないのか」、「多くの孤児は恩知らずで甘やかされていて、きっとろくな大人にならない」などと反論したりする人もいた。数十人を誘ったが、3か月の間に賛同してくれたのはたった2人だった。1人はズンさんのかつての上司で、もう1人はズンさんの娘の教師だ。

 カットボン基金が初めて支援を行ったのは、様々な省の15人の子供たちだった。そのうちの1人が、ビエン・トゥオンさんだ。彼女は北中部地方タインホア省クアンスオン郡(huyen Quang Xuong)の砂丘の上に建てられた面積6m2ほどの茅葺の小屋で、識字能力のない母親と一緒に暮らしていた。

 ズンさんがその小屋を訪れた日、トゥオンさんは客人をもてなすために、割れた部分をナイロンの紐で結んだプラスチックの椅子を用意してくれた。気温40度のベトナム中部の灼熱の中、その家に扇風機はなかった。

 その道中、ズンさんは隣の村で父方の祖母と一緒に暮らしていた3人きょうだいの孤児も受け入れた。祖母と孫たちは家の中で細々と1日を過ごしていた。中学2年生(日本の中学1年生)になる一番上の男の子は人見知りで、父親を亡くしてからはうつ病のような状態だった。末っ子の女の子はまだ赤ん坊だったころに母親を亡くした。見知らぬ人を見つめる彼女の視線と姿は、言葉にできない悲しみと複雑さを秘めていた。

前へ   1   2   3   4   次へ
Clip to Evernote
[VnExpress 05:05 03/09/2020, A].  © Viet-jo.com 2002-2022 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
クジラを祀るベトナムの「鯨寺」 (23日)
 北中部地方ハティン省カムスエン郡には、クジラを祀る「ドゥックグーオン廟(mieu Duc Ngu Ong)」がある。死んだクジラを見つけると、人々は死骸をこの「鯨寺」に運んで埋葬し、頭部の十字の印または陰陽コイン...>> 続き
彼女にフラれてボディビルの道へ、ベトナム人青年が日本でチャンピオンになるまで (16日)
 今から7年前、ルオン・ホン・ソンさん(男性・30歳)は恋人と別れたモヤモヤやストレスを晴らすため、ジムでのトレーニングを始めることにした。予期せず、この決断が彼の人生の方向を変えることになった。  ...>> 続き
精神疾患の母親を支える大学生、18年間変わらぬ願い (9日)
 6歳のとき、自宅でクラスメイトに「お前のお母さんはどこ?」と聞かれたレ・ドゥック・ヒエウさん(18歳)は、台所に鎖でつながれている人をおそるおそる指さした。するとクラスメイトたちは「頭がおかしいおばさ...>> 続き
【特集】2021年ベトジョー記事アクセス数ランキング (2日)
 VIETJOベトナムニュースが2021年に配信した「特集」カテゴリの記事のアクセス数ランキングをご紹介します。 1位:出会いは交通違反、「違反者と警察官」の関係から始まった夫婦の恋物語 https>> 続き
ハノイで初のメトロ運行開始、着工10年の軌跡 (21/12/26)
 緑色の車体の電車が、警笛を鳴らしながらカットリン駅のホームに到着した。ホームでは、老若男女問わず多くの人々が興奮を隠せずにいた。2021年11月6日の朝、人々は一張羅で出かけ、それまで先進国にしかなかっ...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2022 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited