ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

片腕で理髪店の経営と2人の子育てに奮闘するシングルマザー

2021/01/10 05:58 JST配信
Clip to Evernote
(C) vnexpress
(C) vnexpress 写真の拡大
(C) vnexpress
(C) vnexpress 写真の拡大

 しかし、収入を増やす方法を考える中で、チャムさんは「一生を人に頼って生きることはできない」と、自分の足を使ってカミソリを切り分ける練習を始めることに決めた。初めの頃は足にカミソリを挟むたびに出血し、自分を傷つけているように感じていたというチャムさんだが、1年以上かけて自分の足でカミソリを切り分けられるようになった。

 そんな中、チャムさんは自分が新しい身体に適用しようと努力すればするほど、夫は自分から遠ざかっていることに気づいた。チャムさんは夫に髪を切らせて欲しいと申し出たことがあるが、すぐに拒絶された。何度かの口論の末に夫はしばらく家を出て行った。チャムさんは2度自殺を図ったが、2度とも子供たちに引き止められた。

 「トラックの下敷きになって片腕を失ったことを思い出し、あの時死ななかったのだから、価値のない男のために死んでたまるものか」とチャムさんは離婚を決意した。チャムさんと子供たちは引っ越し、ホーチミン市2区タオディエン街区グエンクー(Nguyen Cu)通りに小さな土地を借りて店を開いた。

 タオディエン街区に住むミー・ズエンさん(女性・27歳)は、チャムさんの店についてこう語る。「チャムさんが長いこと片腕でカットしているのは知っていましたが、技術がどれほどなのかわからなかったので、おかしな髪型になってしまうのではないかと心配でした。最近チャムさんのお店に行きましたが、彼女のバリカン裁きは今までに経験したことがないほど見事で、素早くきれいにカットしてもらえました」。

 現在、シングルマザーのチャムさんはこの店の収入で家賃と2人の子供の養育費を賄っており、もはや過去を悲しむことはない。ただ、チャムさんが悲しいことといえば、もう何年も子供たちを連れて遊びに行けていないことだ。バイクタクシーの交通費を気にして、いつも家の近所で過ごしている。

 9歳になるチャムさんの息子は、母親が片腕しかないことを学校でからかわれたことがある。息子は3か月間考えた末、「僕は母さんを誇りに思っている。母さんは片腕しかないけれど、僕と姉を学校に通わせ、育ててくれているんだから」と友達に言い返した。

 「息子は友達に言い返してから、初めて私にこのことを話してくれました。何か月もの間、友達からからかわれてもじっと耐えて、私にも教えなかったんです」と、チャムさんは眼鏡の奥で目を滲ませた。

前へ   1   2   3   次へ
[VnExpress 05:05 11/30/2020, A].  © Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
レゴでベトナムのテトをリアルに再現、ベトナム人デザイナーが創作 (21日)
 2月15日、1400万人ものフォロワーを抱える「レゴ(LEGO)」のフェイスブック(Facebook)のファンページでベトナムのテト(旧正月)の伝統的な食事をブロックで再現した作品が紹介され、注目を集めた。この作品を手掛...>> 続き
宝くじ売りの女性、唯一の生きがいは「テトに帰省して娘の墓参りをすること」 (14日)
 南中部沿岸地方フーイエン省タイホア郡出身のチャン・ティ・クックさん(女性・54歳)は、ホーチミン市で宝くじを売って生計を立てている。  クックさんにとって、テト(旧正月)にフーイエン省に帰って娘の祭...>> 続き
新型コロナ禍、初めて迎える家族離れ離れのテト (7日)
 間もなくテト(旧正月)を迎えるが、クアン・ティンさん夫婦は、故郷で離れて暮らす5歳の息子に今年のテトは帰れないことをまだ伝えられずにいる。  「1年のうち10か月は離れて暮らしているので、息子に会い...>> 続き
全盲のピアニスト、母と二人三脚で夢を追う (1/31)
 生まれつき視覚障害を持つドー・グエン・アイン・トゥーさんは、ピアニストになるという夢を追って母親と共に故郷の南部メコンデルタ地方キエンザン省ラックザー市からホーチミン市に移り住んだ。18年間に渡る...>> 続き
トランスジェンダーが集う「闇市」に潜入【後編】ネット売春の実態 (1/24)
前編はこちら  トランスジェンダーの人々は、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)のグループを、性転換の悩みを相談したり、経験をシェアしたりする場としてだけでなく、自分の「サービ>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2021 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited