ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

橋からの飛び降り自殺を阻止せよ、カントー橋警備隊の任務

2021/02/28 05:52 JST配信
Clip to Evernote
(C) vnexpress
(C) vnexpress 写真の拡大
(C) vnexpress
(C) vnexpress 写真の拡大

 夜11時、警備員のフア・ニョン・ハウさん(男性・58歳)は、橋の欄干のそばに停まっているバイクと、欄干の外側に座って顔を手で覆い、泣きながらとうとうと流れる川を見下ろしている若い女性を発見した。

 南部メコンデルタ地方カントー市に架かるカントー橋の警備員を10年以上務めているハウさんは、この女性が自殺しようとしているのだと気づいた。警戒させないよう、慌てずにゆっくりと女性に近づき、「こんなに遅い時間に、寒い中、そこで何をしているんだい?」と尋ねた。ハウさんが言い終わると、女性はさらに大きな声で泣き始めた。

 ハウさんはいったん警備の仕事を止めて地面に座り込むと、橋から飛び降りようとしている女性をなだめ、思い止まらせるという「やむを得ない任務」に取り掛かった。

 女性は橋の淵ぎりぎりの場所に座ったまま語り始めた。「私はベンチェ省に住んでいて、恋人はカントー大学の学生です。今日は彼に会うためにバイクでここまで来ましたが、彼は現れなかった。きっと彼は私と別れるつもりなんです。これ以上生きていても、意味がありません」。

 「私は短気なので、理由を聞いてすぐに叱りたくなりましたが、我慢して話を聞き続けました」とハウさん。10年以上この仕事を続けている経験から、泣きながらも問いかけに答えられる人は、まだ本気でこの世を去ろうとする勇気がないことをハウさんは知っている。

 そういった人たちに大きな声を掛けて道行く人々の注意を引いてしまうと、恥ずかしさからパニックになり、そのまま川に飛び込んでしまう場合もあるため、ハウさんはそっと話しかけるようにしている。

 ビンロン省とカントー市を結ぶハウ川に架かる、全長約3kmの橋の上にしゃがみ込み、ハウさんは約2時間も女性の恋愛話を聞き続けた。風除けの上着を着ていたものの、冷えて手がかじかみ、声も震えるほどの寒さだ。

 「その彼があなたをもう好きでないなら、あなたが今この世を去ったとしても何の痛みも苦しみも感じず、すぐに新しい恋人を作るだろうよ。さあ、私と一緒に来て警備員室で温かいお茶でも飲もう。話の続きはそれからだ」とハウさんは女性に伝えた。

 女性は説得を受け入れて欄干の内側に戻って来たものの、まだすっきりしない様子で、ハウさんはその晩の勤務時間を使って女性の話を聞き、時々アドバイスをした。「女性が橋の内側に戻って来てくれて幸運でした。橋の上に座り続けてトイレに行きたくなっても、自分が居ない間に何かあったらと心配でその場を離れられないケースもたくさんありますから」とハウさんは打ち明けた。

前へ   1   2   3   次へ
[VnExpress 05:00 22/01/2021, A].  © Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
夫に火をつけられ生死をさまよった女性、復活までの2年間 (18日)
 夫にガソリンを掛けられ、火をつけられたために身体の92%に火傷を負い、生死の狭間をさまよったレ・ティ・キム・ガンさん(女性・34歳)は、その後の2年間に様々な困難を乗り越えながら、新しい生活を築いた。 ...>> 続き
ホーチミンの貧しい人々に古着を無料で届ける、ボランティアに生きる81歳 (11日)
 ホーチミン市ニャーベー郡在住のグエン・バン・トゥーさん(81歳)はこの4年間、毎日市内の工場労働者や貧しい人々に古着を無料で配っている。色々な人から「他人事の世話をするなんて、あの聴唖(ちょうあ)のじい...>> 続き
がんと闘いながら記憶喪失の親友と暮らす、70代の2人の友情 (4日)
 71歳のディン・ロンさんは、自分のほうがまだ元気だからとがんを患いながらも毎日お金を稼ぎに出かけ、同い年の親友であり、記憶を失ったルオン・フイン・タイさんの世話をしている。タイさんにとって、ロンさ...>> 続き
日本のベトナム人不法残留者数1.6万人、国籍別トップ (2日)
 日本の法務省出入国在留管理庁が発表した2021年1月1日時点における不法残留者数に関する統計によると、同時点の日本におけるベトナム人不法残留者数は1万5689人で、2020年1月1日時点の1万5561人と比べて+0.8%(...>> 続き
ニャチャンの海辺に佇むシクロの祭壇と孤独な運転手の物語 (3/28)
 2021年のテト(旧正月)のころ、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)上で、南中部沿岸地方カインホア省ニャチャン市の海沿いの道に寂しく佇む、ある孤独な男性が運転していたシクロの祭壇にまつわる話が...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2021 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited