ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

がんと闘いながら記憶喪失の親友と暮らす、70代の2人の友情

2021/04/04 05:29 JST配信
Clip to Evernote
(C) thanhnien
(C) thanhnien 写真の拡大
(C) thanhnien
(C) thanhnien 写真の拡大

 「彼から離れたいと思うこともたくさんありますが、やっぱり彼が気の毒で。タイは昔はとても優しくて、いつも人に騙されていました。今は外に出れば迷子になってしまうのでかわいそうです。ある時、通りに出た彼が私の姿を見ると嬉しそうにし、泣きながら私のほうに駆け出して転んでしまったこともあります。これもお互いの運命でしょう。彼の父親と私の母親の命日も同じ日なんですから」とロンさんは言葉を詰まらせた。

 そこまで話すと、ロンさんはテレビを見ているタイさんの方を向いて声をかけた。「タイ、ひげを切ってあげるからこっちにおいで。そんなに長いひげでどうやって食事ができるんだ」。ロンさんは薬箱から小さなはさみを取り出してタイさんのひげを整え、ひげの次は櫛を手にして髪の毛をとかした。その間、タイさんはただじっと座っていた。

 「昔、タイがまだ元気で記憶もあったころは一緒に仕事に出られたんですがね。仕事に連れて行って手伝いをさせるんですが、実際には彼は何もできなくて、それでも楽しかったです。今は彼も病気を患っているので、自宅で横になっているしかありません。1人で自宅に寝かせておくのは心配で、外出中に時間ができれば様子を見に帰っています」とロンさん。

 2人への支援を呼び掛けたことがあるグエン・ドー・チュック・フオンさん(女性・25歳)は、2人のことを知って、ホーチミン市にこんなにも美しい友情があったのかと心を打たれたのだという。「これまでたくさんの人に会い、様々な状況にある人たちを支援してきましたが、こんな気持ちにさせられる人たちに出会ったのは初めてでした」と打ち明けた。

前へ   1   2   3   次へ
[Thanh Nien 12:59 26/03/2021, A].  © Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
夫に火をつけられ生死をさまよった女性、復活までの2年間 (18日)
 夫にガソリンを掛けられ、火をつけられたために身体の92%に火傷を負い、生死の狭間をさまよったレ・ティ・キム・ガンさん(女性・34歳)は、その後の2年間に様々な困難を乗り越えながら、新しい生活を築いた。 ...>> 続き
ホーチミンの貧しい人々に古着を無料で届ける、ボランティアに生きる81歳 (11日)
 ホーチミン市ニャーベー郡在住のグエン・バン・トゥーさん(81歳)はこの4年間、毎日市内の工場労働者や貧しい人々に古着を無料で配っている。色々な人から「他人事の世話をするなんて、あの聴唖(ちょうあ)のじい...>> 続き
日本のベトナム人不法残留者数1.6万人、国籍別トップ (2日)
 日本の法務省出入国在留管理庁が発表した2021年1月1日時点における不法残留者数に関する統計によると、同時点の日本におけるベトナム人不法残留者数は1万5689人で、2020年1月1日時点の1万5561人と比べて+0.8%(...>> 続き
ニャチャンの海辺に佇むシクロの祭壇と孤独な運転手の物語 (3/28)
 2021年のテト(旧正月)のころ、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)上で、南中部沿岸地方カインホア省ニャチャン市の海沿いの道に寂しく佇む、ある孤独な男性が運転していたシクロの祭壇にまつわる話が...>> 続き
新型コロナ禍で失業した夫婦、深夜の資源回収で生活支える (3/21)
 ベトナムでも新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の打撃は大きく、特に今年のテト(旧正月)前に発生した第3波の影響により、テト明けに多くの人々が失業した。  ほとんど教育を受けておらず、ホーチミン市で...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2021 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited