ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

ホーチミンの貧しい人々に古着を無料で届ける、ボランティアに生きる81歳

2021/04/11 05:24 JST配信
(C) thanhnien
(C) thanhnien 写真の拡大
(C) thanhnien
(C) thanhnien 写真の拡大

 ホーチミン市ニャーベー郡在住のグエン・バン・トゥーさん(81歳)はこの4年間、毎日市内の工場労働者や貧しい人々に古着を無料で配っている。色々な人から「他人事の世話をするなんて、あの聴唖(ちょうあ)のじいさんは頭がおかしいんじゃないか」と嘲笑されてもこの活動を続けている。

 トゥーさんは痩せこけて髪の毛もほとんど白髪で、両目も濁り、咽頭の病気のため話すことができず補声器を使っている。普段は後部に荷台を取り付けた三輪バイクを運転して古着を運んでいる。

 トゥーさんの自宅の「倉庫」には、たくさんの古着がきちんと整理されて保管されている。トゥーさんによると、古着は多くの人にとってはあくまでも着古した服だが、トゥーさんにとっては大切な宝物なのだという。これらの古着は、彼の有意義な活動に賛同した全国各地の人々から集まってきたものだ。

 トゥーさんは以前、長距離運転手として働いていた。高齢になって運転手の仕事を辞め、約10年前からはボランティア活動にすべての時間を捧げている。あちこちに行けば行くほど、恵まれない境遇の人々に対する思いが増していった。

 「多くの子供たちがまともな服を着られず、また多くの労働者が新しい服を買えない状況を目の当たりにし、無料で古着を配る活動を始めました」とトゥーさん。

 トゥーさんが高齢で、さらに話すこともできないことから、当初は家族すらもこの活動に反対した。それでもトゥーさんは決心し、実行に移した。その後、トゥーさんから古着をもらった人々の笑顔を見て、妻や子供たちも徐々に応援するようになり、今では古着の整理などもサポートしている。

 「何より喜ばしいのは、メコンデルタや中部の人々まで、私宛てに古着を送ってくれることです。皆が手を取り合うことで、多くの貧しい人たちが古着を手にできる。それがとても嬉しいんです」とトゥーさんは笑って言う。

 トゥーさんが今乗っている三輪バイクも、以前の車両があまりに古く、荷物も多く運べなかったのを見かねた人が贈ってくれたものだ。しかし、贈り主は氏名すらも明かさなかったという。

前へ   1   2   3   次へ
Clip to Evernote
[Thanh Nien 11:25 05/04/2021, A].  © Viet-jo.com 2002-2022 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
クジラを祀るベトナムの「鯨寺」 (10:52)
 北中部地方ハティン省カムスエン郡には、クジラを祀る「ドゥックグーオン廟(mieu Duc Ngu Ong)」がある。死んだクジラを見つけると、人々は死骸をこの「鯨寺」に運んで埋葬し、頭部の十字の印または陰陽コイン...>> 続き
彼女にフラれてボディビルの道へ、ベトナム人青年が日本でチャンピオンになるまで (16日)
 今から7年前、ルオン・ホン・ソンさん(男性・30歳)は恋人と別れたモヤモヤやストレスを晴らすため、ジムでのトレーニングを始めることにした。予期せず、この決断が彼の人生の方向を変えることになった。  ...>> 続き
精神疾患の母親を支える大学生、18年間変わらぬ願い (9日)
 6歳のとき、自宅でクラスメイトに「お前のお母さんはどこ?」と聞かれたレ・ドゥック・ヒエウさん(18歳)は、台所に鎖でつながれている人をおそるおそる指さした。するとクラスメイトたちは「頭がおかしいおばさ...>> 続き
【特集】2021年ベトジョー記事アクセス数ランキング (2日)
 VIETJOベトナムニュースが2021年に配信した「特集」カテゴリの記事のアクセス数ランキングをご紹介します。 1位:出会いは交通違反、「違反者と警察官」の関係から始まった夫婦の恋物語 https>> 続き
ハノイで初のメトロ運行開始、着工10年の軌跡 (12/26)
 緑色の車体の電車が、警笛を鳴らしながらカットリン駅のホームに到着した。ホームでは、老若男女問わず多くの人々が興奮を隠せずにいた。2021年11月6日の朝、人々は一張羅で出かけ、それまで先進国にしかなかっ...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2022 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited