ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

下半身不随でも諦めず、機械工として生きる男性

2021/06/06 10:52 JST配信
Clip to Evernote
(C) vnexpress
(C) vnexpress 写真の拡大
(C) vnexpress
(C) vnexpress 写真の拡大

 2歳の時に両脚が麻痺し、小学校3年生までしか学校に通えず、それでも独学で勉強し続けたカオ・コン・タインさん(男性・55歳)は、機械工として働き、数十種類もの農業機械を製造してきた。

 工具が散らかった作業場で自作の電動車椅子の上に胡座をかいて座り、タインさんは顧客の納期に間に合うよう、最後の仕上げとしてニンニクスライサーの細部を丹念に溶接している。

 「若い頃は色々な仕事をしていたけれど、しっかり手に職をつけないと家族を養うことはできないと考え、独学で溶接と各種の機械製造について学んだんです」とタインさんは教えてくれた。

 2歳の時に高熱を出した後遺症で両脚が麻痺し、タインさんは小学校3年生までしか学校に通えず、かろうじて読み書きが身に着いただけだった。家は貧しく、タインさんは13歳の時に独学で自転車修理のやり方を学び、両親を助けるために修理の店を開いた。

 それから10年以上が経ち、近くに別の修理店ができると、タインさんの店の客は少なくなってしまった。客が来ず、手持ち無沙汰にしていると、隣人が殺虫剤噴霧器の修理を頼みに来たため、タインさんはやってみることにした。

 まず噴霧器の本体を分解し、手探りで動作の仕組みを調べてから修理を始めた。修理が終わって使えるようにはなったものの、ポンプが少し弱いと感じ、より強く噴射させる方法を考えた。

 「元の噴霧器は1kg分の蒸気しか圧縮できなかったのですが、2kg分圧縮できるように改造しました。人より仕事が遅い分、新しいお客さんに来てもらうためには工夫しないといけませんから」とタインさん。以来、タインさんの店には自転車修理の他に、農具修理のサービスも加わった。

 その後、25歳で結婚して子供を授かったが、修理店の収入だけでは家族を十分に養えず、タインさんは車椅子で宝くじを売りに行くことにした。宝くじを売りに行くと言いながらも、道すがら誰かが何かしているのを見つけると車椅子を止めて作業を見物し、事細かに質問した。

前へ   1   2   3   次へ
[VnExpress 05:06 05/05/2021, A].  © Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
サパでイチゴ栽培に奮闘する夫婦、年間3万人が訪れる人気のイチゴ狩りスポットに (13日)
 西北部地方ラオカイ省サパ町サパ街区からターフィン地域に向かって約7kmの場所に位置する面積2haのイチゴ農園は、イチゴ狩りが体験できるスポットとして多くの観光客で賑わい、サパを訪れる時に外せない「チェ...>> 続き
ジャングル生活40年の「森の人」、がんと闘う 村に戻って8年 (5/30)
 40年間もジャングルの中で暮らし、2013年8月に父親とともに保護された「森の人」ことホー・バン・ランさん(男性・52歳※)は、村に戻って今年で8年が経つ。南中部沿岸地方クアンガイ省チャーボン郡チャーフォン村...>> 続き
麻薬中毒から自力で抜け出した男性、20年経て中毒者の支援に尽力 (5/23)
 レ・チュン・トゥアンさんは、麻薬に溺れる日々から自力で立ち直り、麻薬中毒者の社会復帰を支援する施設を立ち上げ、数百人もの中毒者をサポートしている。  「母は6回の流産の後に私を出産したため、私は...>> 続き
隔離施設で出会い結婚、新型コロナ禍の隔離対象者と医療スタッフの愛の物語 (5/16)
 新型コロナ禍の集中隔離施設でフオン・リンさんとホアン・ハイさんは偶然出会い、隔離中だったリンさんは医療スタッフとして自分の世話をしてくれるハイさんにシンパシーを感じた。その後6か月間の交際を経て、...>> 続き
SNSで里親探しも…4人の子供を育てるシングルファザーの事情 (5/9)
 4人の幼い子供を残して内縁の妻が姿を消し、ミンさんは男手ひとつで子供たちを育てていく決心をした。ある日、苦難のあまり子供を里子に出したいとソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)に書き込んだミ...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2021 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited