ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

コロナで逝った女友達との約束、「父ふたり子ひとり」の子育て

2022/07/24 10:21 JST配信
(C) dantri
(C) dantri 写真の拡大
(C) dantri
(C) dantri 写真の拡大

 グエン・バックさんと同棲中に、タイン・リンさんは女友達との間に子供ができた。しかし、子供が生まれて1か月も経たないうちに、母親は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)により幼い我が子を残してこの世を去ってしまった。彼女は生前に残した手紙で、自分の代わりとしてリンさんのパートナーであるバックさんに子供を託した。

 6月のある夜、リンさんとバックさんの同性カップルは、結婚式に出席するため、息子を連れて出かけた。息子のあだ名はトラを意味する「コップ(Cop)」。会場に到着してコップくんのおもらしに気付いたリンさんは、バックさんを連れて急いでトイレに駆け込んだ。

 リンさんは、バックさんが準備していたおむつや着替えを持ってきたつもりだったが、うっかり全てを家に忘れてきてしまった。リンさんがあたふたしているそばで、バックさんは落ち着いてホールに戻り、友人からバイクの鍵を借りて必要なものを買いに行った。

 「子供をきれいに拭いて、荷物をまとめてやっと披露宴会場に入り、席についたら周りはもう1品目の料理を食べ終えたところでした」とリンさん。

 コップくんはリンさんの実の息子だ。「LGBTQ+」の中で、リンさんはB、いわゆるバイセクシュアルにあたる。ある日のパーティで昔からの女友達と再会し、酔った勢いでかつて好きだったと告白されたリンさんは、その女友達とときどき会うようになり、一線を越えた。そして、彼女は妊娠した。

 当時、リンさんとバックさんはパートナーになって5年が経っており、同棲もしていた。バックさんはG、いわゆるゲイだ。

 女友達は教会で育った孤児で、子供の父親であるリンさんとは結婚もしていなかったため、彼女自身も妊娠は受け入れがたいものだった。それでも新しい命を失う勇気が出ず、一方でリンさんにバックさんと別れてほしいと強要できないこともわかっていた。

 リンさんはというと、パートナーであるバックさんに後ろめたさを感じつつも、彼女に「産んで」と言うこともできないでいた。そうこうする間に時は流れ、お腹の子供も大きくなり、いよいよ隠し通すことはできなくなった。そしてリンさんはバックさんに「他の人との間に子供ができたんだ」と打ち明けた。

 リンさんはバックさんが悲しんだり怒ったりするものとばかり思っていたが、話を聞いたバックさんは落ち着き払って、3人で会って最終的にどうするか決めようと話し合いの場を設定した。

 話し合いの冒頭でバックさんは、何にせよ中絶だけは反対だと告げ、「子供に罪はないし、大人が間違いを犯したのなら責任を負い、解決しないと。生まれてくる子供の父親と母親として、2人は結婚するべきだ」と言った。

前へ   1   2   3   4   次へ
Clip to Evernote
[Dan Tri 19/07/2022, A].  © Viet-jo.com 2002-2023 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
うまい話には裏がある、「キッズモデル」詐欺の世界 (10:48)
 「2~15歳のキッズモデル募集!在宅で月収700万~1500万VND(約3万8000~8万2000円)!!」  2022年11月、ホーチミン市に住むTさんは、フェイスブック(Facebook)上に出ていたこんな広告を目にして、8歳になる...>> 続き
【特集】2022年ベトジョー記事アクセス数ランキング (22日)
 VIETJOベトナムニュースが2022年に配信した「特集」カテゴリの記事のアクセス数ランキングをご紹介します。 1位:「ベトちゃんドクちゃん」のドクさん、日越交流と平和教育に意欲 コロナ禍とウクライナの戦...>> 続き
暗闇を抜け出し司会者に、視覚障がいを持つ9X世代の女性 (15日)
 スタッフがメモを書き込んだ分厚い台本を見ると、フオン・ザンさん(女性・27歳)のような視覚障がいを持つ司会者がどのように膨大な台本の内容を覚え、スタジオで輝くことができるのだろうかと多くの人が驚嘆す...>> 続き
ウクライナの戦地に留まったベトナム人の300日【後編】 (8日)
 ロシアによるウクライナ侵攻が始まって300日余りが経った。ウクライナ在住のチン・アイン・トゥアンさん(男性・54歳)は、戦争が勃発して以来、ウクライナから退避していない数少ないベトナム人の1人だ。トゥア...>> 続き
ウクライナの戦地に留まったベトナム人の300日【前編】 (1日)
 ロシアによるウクライナ侵攻が始まり、ロシア軍がハルキウ(首都キーウに次いで2番目に大きい都市)に侵入したとき、チン・アイン・トゥアンさん(男性・54歳)の息子はまさにハルキウの玄関口にいた。爆弾やミサイ...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2023 All Rights Reserved