ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

サパだけじゃない!ラオカイ省のおすすめ観光地を紹介

2016/02/20 05:01 JST配信
Clip to Evernote

 ベトナムの西北部地方を訪れると、雄大な自然の美しさにうっとりするだけでなく、少数民族の文化や習慣を知ることもできる。今回は、西北部地方ラオカイ省の5つのおすすめ観光スポットを紹介する。

ルンポー(Lung Po)村(バットサット郡)

ルンポー村は、同省ラオカイ市から約70kmのところに位置する。少数民族のモン(Mong)族の23世帯がこの村に住んでいる。この村を訪れると、美しい景色を眺めながら登山もできる。特に観光客は、モン族の暮らしや文化、習慣、料理などについて知ることも可能だ。


ムオンフム(Muong Hum)市場(バットサット郡)

ムオンフム市場は、小さくも長い歴史を有する市場で、毎週日曜日に開かれる。小さな谷に位置するこの市場は、近くに小川が流れ、周囲を高い山に囲まれて、幻想的な風景だ。買い物だけでなく、モン族の女性のカラフルな衣服も見どころになっている。


ゼン(Den)村(サパ郡)

サパ郡バンホー村に位置するゼン村は、美しい棚田と2本の小川に囲まれた景色が美しく、国内外の観光客に人気の観光地の一つとなっている。この村は、観光開発の流れに適応するため大きく変化したが、素朴な人々の心は変わっていない。ここではホームステイも体験できる。


ラオチャイ(Lao Chai)村(サパ郡)

ラオチャイ村は、ラオカイ市から約70kmのところに位置する。主にハニ(Ha Nhi)族の70世帯がこの村に住んでいる。稲刈りの時期の棚田で有名だ。1日滞在すれば、地元の人々の牧歌的で素朴な暮らしや文化を知ることができる。


セオ(Xeo)村(バットサット郡)

セオ村は、ザイ(Giay)族が最も多く住む地域だ。自然の風景を楽しむだけでなく、この地域で独特の習慣を垣間見ることができる。ここでテト(旧正月)を迎えれば、少数民族のちまき作りを見学することもできる。

[Doisongphapluat, 09:13 (GMT+7), 02/02/2016, A].  © Viet-jo.com 2002-2019 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [観光]
ルイ・ヴィトン、最新広告の舞台にベトナムの観光地を採用 (17日)
 フランスのファッションブランド「ルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)」は、最新広告キャンペーンに、東北部地方クアンニン省ハロン湾や北部紅河デルタ地方ニンビン省、南中部沿岸地方クアンナム省ホイアン市などベ...>> 続き
印インディゴ航空、コルカタ~ホーチミン線を10月18日就航 (11日)
 インドの格安航空会社(LCC)大手インディゴ(IndiGo)は、インドのコルカタとホーチミン市を結ぶ直行便を10月18日より新規就航する。  10月18日のコルカタ~ホーチミン線の出発時刻はいずれも現地時間で、コル...>> 続き
ベトジェットエア、ベトナム国内線で運賃0VNDセール―9月限定 (10日)
 大手格安航空会社(LCC)ベトジェットエア[VJC](Vietjet Air)は、9月中にベトナム国内線を対象とした運賃0VNDキャンペーンを実施している。  同キャンペーンでは、対象となる各路線の航空券100万枚を運賃0VND...>> 続き
ベトジェットエア、ロシア直行便就航へ―ウラジオストク国際空港と協力覚書 (6日)
 ベトジェットエア[VJC](Vietjet Air)は5日、ロシアのウラジオストク国際空港管理委員会との間で、旅客輸送および航空貨物サービス開発分野での協力に関する覚書(MOU)を締結した。  これは、VJCにとって北東...>> 続き
ソウル観光、容姿の美しさ探究するベトナム人女性に人気急上昇中 (6日)
 ソウル観光局はハノイ市で3日、「ソウル・ビューティー・ショールーム・イン・ハノイ(Seoul Beauty Showroom in Hanoi)」と銘打ったソウル観光PRイベントを開催した。  同日にソウル観光局が紹介した2泊3日...>> 続き
これより過去の記事は、観光記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2019 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)