ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 
VIETJO記事ランキング
48時間ランキング 
   
1
トランスジェンダーが集う「闇市」に潜入【前編】ホルモン剤の売買の実態 (5:49)
 「本当の性」で生きることに憧れ、全てを捨てて生まれ変わるため、多くのトランスジェンダーが「闇市(ブラックマーケット)」で流通するホルモン剤に手を出している。  東南部地方ビンズオン省に暮らすシャ...>> 続き
2
ANAとJAL、日本発ベトナム行き特別便の4月までの運航スケジュール (15日)
 全日本空輸株式会社(ANA)と日本航空(JAL)は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響に伴う日本~ベトナム路線の運休・減便を受け、日本(成田/羽田)発ベトナム(ハノイ/ホーチミン)行きの特別便を運航してい...>> 続き
3
ホーチミン:2021年テトのフラワーロードのデザインを発表 (16日)
 ホーチミン市でテト(旧正月)の名物となっている1区歩行者天国グエンフエ(Nguyen Hue)通りの「フラワーロード」のデザインが発表された。干支の水牛にちなんだモニュメントが多数配置されたデザインとなっている...>> 続き
4
【第41回】2021年は日本企業によるベトナム企業M&Aが大幅増加か【未来を創るベトナムビジネス】 (16日)
 人口減少を背景として、多くの日本企業は事業拡大のため、海外展開が重要な課題となっている。展開先においては、ASEAN地域は日本企業が最も有望視する地域の1つであり、ASEAN10か国の合計は既に人口約6億5000...>> 続き
5
ハノイ:メトロ3号線、2月に車両一般公開 (15日)
 ハノイ市で建設中の同市都市鉄道(メトロ)3号線(ニョン~ハノイ駅区間)について、同市メトロ管理委員会(MRB)は、テト(旧正月)明けの2月中旬に車両をデポ(車庫)からS1駅(ハノイ工業大学前)に移して展示し、市民に...>> 続き
6
小学2年の男児が自宅で首吊り、「YouTubeを観てマネした」 (19/12/3)
 ホーチミン市ニャーベー郡で小学2年の男児が学校のスカーフを使って首を吊った状態で発見された。家の者が発見した時、男児は洗濯ロープからぶら下がっており、足は地面から20cm程離れていた。唇は真っ青、失禁...>> 続き
7
新型コロナ国産ワクチン、被験者に2回目の接種を開始 (15日)
 ナノゲン社(Nanogen)が開発中の新型コロナウイルスワクチン「ナノコバックス(Nanocovax)」の第1期臨床試験について、国防省傘下の軍医学院は14日、2020年12月に25mcgのワクチンを接種した被験者に対し、2回目の...>> 続き
8
ドンナイ省:空港建設でロンタイン郡の地価急上昇 2年で2.4倍に (15日)
 ロンタイン国際空港建設投資案件第1期が1月5日に着工した。2025年に開業する同空港は、東南部地方ドンナイ省ロンタイン郡(huyen Long Thanh)の不動産市場の追い風となっている。  同郡の住宅用地1m2当たり...>> 続き
9
パナソニック、グラブプレミアム車両に「ナノイーX」発生器搭載 (15日)
 パナソニック株式会社(大阪府)は、東南アジアで配車や宅配、決済など様々なサービスを統合したSuperApp(スーパーアプリ)を運営するグラブ(Grab Holdings Inc.)と共同で、ワンランク上のサービスを求めてGrabCar...>> 続き
10
ベトナム初の「eスポーツ白書」発行、全国大会も開催へ (15日)
 ベトナムレクリエーションeスポーツ協会(Vietnam Recreation and eSports Association=VIRESA)は13日に記者会見を開き、ベトナムで初めての「eスポーツ白書」を発行すると発表した。白書のベトナム語版は2月1...>> 続き
11
ニャットクオンモバイルの密輸密売事件、捜査完了 114億円を海外送金 (15日)
 携帯電話小売チェーン「ニャットクオン・モバイル(Nhat Cuong Mobile)」を運営するニャットクオン貿易・技術サービス(Nhat Cuong Trading & Technical Services)の密輸密売事件をめぐり、公安省傘下の捜査機関...>> 続き
12
海底ケーブル2本にトラブル、海外へのインターネットアクセスに影響 (12日)
 1月に入ってから複数の光海底ケーブルでトラブルが重なり、海外にサーバーを置くウェブサイトへのベトナムからのインターネットアクセスに影響が出ている。  トラブルが発生しているケーブルは、「イントラ...>> 続き
13
分離手術から17年、大学生になった結合双生児の姉妹 (20/10/25)
 分離手術から17年が経ち、結合双生児だったクックさんとアンさんの姉妹は18歳の大学生になった。2人の身体がまだつながっていた時のことは、彼女たちが日々努力を続ける原動力となっている。  2003年10月、...>> 続き
14
ハティン省:隔離逃れた不法入国の男性に罰金 (15日)
 北中部地方ハティン省ブークアン郡トディエン村(xa Tho Dien, huyen Vu Quang)在住の男性が、不法入国した後に当局に健康申告を行わなかったため、同村人民委員会から200万VND(約9000円)の罰金を科された。 ...>> 続き
15
第12回日本映画祭JFF、ホーチミンで1月23日から開催 (15日)
 国際交流基金ベトナム日本文化交流センターは、1月23日(土)から29日(金)まで、ホーチミン市で「第12回日本映画祭JFF(Japanese Film Festival)」を開催する。  昨年12月にハノイ市で行われた映画祭と同じく2...>> 続き
16
「ベトちゃんドクちゃん」分離手術の知られざる裏側【前編】 (16/1/31)
 ベトナム戦争時に米軍が散布した枯葉剤の影響で結合双生児として生まれた「ベトちゃんドクちゃん」。2人の分離手術は1988年10月4日、日本赤十字社の医師の立ち会いの下、ホーチミン市ツーズー産婦人科病院で行...>> 続き
17
20年のベトナム人海外派遣労働者7.9万人 半数が日本行き (14日)
 労働傷病兵社会省傘下の海外労働管理局(DOLAB)によると、2020年にベトナムから海外に派遣された労働者の数は7万8641人(うち女性が2万8786人)で、新型コロナの影響もあり、年間計画の60.5%にとどまった。  ...>> 続き
18
片腕で理髪店の経営と2人の子育てに奮闘するシングルマザー (10日)
 事故で左腕を失い、夫に裏切られても、困難を乗り越えて家業の理髪店の仕事を続け、2人の子供を育てている女性がいる。  ホーチミン市に住むレ・ティ・キム・チャムさん(女性・42歳)は、女性客の髪をバリカ...>> 続き
19
ベトナムの軍事力は世界22位に上昇、東南アジア2位 (5日)
 軍事ウェブサイトのグローバル・ファイアパワー(Global Firepower=GFP)が発表した2020年版の世界軍事力ランキング「2020 Military Strength Ranking」によると、ベトナムは138か国・地域中22位で、2019年版の1...>> 続き
20
ベトジェットエア、29億円の資金調達を実施 (15日)
 格安航空(LCC)最大手ベトジェットエア[VJC](Vietjet Air)は、2020年12月初旬に発行した社債のうち650万口を売却し、総額6500億VND(約29億円)の資金調達を行った。  今回の債券売却は、投資家からの資金調達...>> 続き
48時間ランキング 
   
越日・日越辞書(8万語収録)
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2021 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited