ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 
VIETJO記事ランキング
 
1週間ランキング 
 
 法務省入国管理局が発表した2017年における難民認定者数(速報値)に関する統計によると、同年に日本で難民認定申請を行ったベトナム人は3116人で、フィリピンの4895人に次いで2番目に多かった。2016年に日本で難...>> 続き
 保健省によると、テト(旧正月)期間中の2月14日から20日午前までの間に全国の病院が受け入れた救急患者数は21万8131人で、このうち交通事故による患者数が3万7376人だった。手術件数は1万4079件、出生数は1万906...>> 続き
 南中部高原地方ザライ省ダックドア郡ナムヤン村出身のグエン・ティ・キム・ザンさん(女性・27歳)は、販売開始からわずか3か月ながら人気急上昇中の「食べても安全な口紅」を販売する口紅製造販売会社の敏腕女性...>> 続き
 ホーチミン市ビンタン区ビンフンホア街区7番通り131番地にある路地で13日未明、ステンレス鋼の樋(とい)製作所を営むマイ・スアン・チンさん(男性・46歳)一家5人が自宅で惨殺されるという凶悪事件が起きた。15日...>> 続き
 バイクタクシー配車アプリ大手2社のグラブベトナム社(Grab Vietnam)とウーバーベトナム社(Uber Vietnam)の登録ドライバーらの多くが、2018年のテト(旧正月)期間の7日間で公務員の給与2か月分相当を稼いだとされ...>> 続き
 ベトナムに古くから伝わり現代でもテト(旧正月)に欠かせない風物詩7選を紹介する。 1.「バインチュン(Banh chung=ちまき)」作り  テトが近づくと、老若男女問わず家族総出でバインチュンを作る。赤い...>> 続き
 ハノイ市フースエン郡の人々は、テト(旧正月)が近付くと同郡在住の鋳出し職人であるラム・バン・ドンさんを雇い、1年間に収集した空き缶などのアルミのスクラップから鍋を鋳出してもらう。  ドンさんは妻と...>> 続き
 ホーチミン市1区と同市カンゾー郡、東南部地方バリア・ブンタウ省ブンタウ市を結ぶ新たな観光高速船が10日に運航を開始した。この高速船は、水路観光開発に寄与するとともに、道路の交通渋滞を軽減することが期...>> 続き
 経済誌フォーブス・ベトナム(Forbes Vietnam)はこのほど、ベトナムの各分野で活躍した30歳未満の重要人物を選出する「30歳未満の30人(30 Under 30)」2018年版を発表した。  フォーブス・ベトナムは2015年に...>> 続き
 メコンデルタ地方キエンザン省フーコック島のズオントー村スオイマイ集落には、珍しい犬の曲芸やドッグレースが行われる犬の飼育施設(タインガー・フーコック犬保存有限会社)がある。飼育されているフーコック...>> 続き
 シンガポールの裁判所はこのほど、在留資格を目的とする偽装結婚を仲介したベトナム人とシンガポール人の被告2人に禁固18か月の判決を言い渡した。  判決を受けたのはホー・ティ・ベー・バー被告(ベトナム...>> 続き
 ベトナム鉄道総公社(Vietnam Railway=VNR)傘下のハノイ鉄道運輸会社(Hanoi Railway Transport)およびサイゴン鉄道運輸会社(Saigon Railway Transport)はこのほど、南北統一鉄道のSE6号(ホーチミン~ハノイ間)...>> 続き
 2018年のテト(旧正月)は新暦2月16日。ホーチミン市でテトを迎える人向けに、同市の5つのおすすめ観光スポットを紹介する。 1.歩行者天国グエンフエ通りのフラワーロード  1区中心部にある歩行者天国グ...>> 続き
 2018年は新暦2月16日がテト(旧正月)の元旦。テトに際して、ベトジョー(VIETJO)とベトジョーライフ(VIETJO LIFE)からテトに関する記事を12本ご紹介します。 テトの風物詩、「うまい、きれい、はやい」のバイ...>> 続き
 ハノイ市とホーチミン市の主なスーパーマーケットのテト(旧正月)期間中の営業時間は次の通り。 ◇ハノイ市 ・フィビマート(Fivimart):15日(木)は午後2時半に閉店。営業再開は18日(日)からで、閉店時間は18...>> 続き
 インドのニュースサイト「ビジネスライン」によると、米国において一定条件を満たす外国人投資家に対してグリーンカード(永住権)を取得できるようにしたビザ取得プログラム(EB-5プログラム)で2017年に米国へ移...>> 続き
 東南部地方のビンズオン省とドンナイ省の各工業団地に工場がある大企業の多くは、テト(旧正月)明けの20日から操業を再開する予定だったが、故郷でテト休暇を過ごした従業員の帰りが遅れているため、再開を22日...>> 続き
 ホーチミン市人民委員会は22日、2018年のテト(旧正月)を祝う文化活動の総括会議を行った。それによると、同市1区の歩行者天国のグエンフエ通りで2月13日から19日(旧暦12月28日~1月4日)まで開催された「フラワ...>> 続き
 多くの商業銀行は2017年に、好調な実績に伴い採用を強化し、人員を大幅に増やした。2017年末時点における15行を合わせた従業員数は17万8000人超となり、このうち前年末比+13%増の約2万人が新規で採用された。 ...>> 続き
 ベトナム自動車工業会(VAMA)の発表によると、2018年1月の新車販売台数は、外資12社が1万3374台、地場5社が1万2007台だった。  外資はトヨタ、地場はチュオンハイが引き続きトップに立っているが、トヨタは...>> 続き
 
1週間ランキング 
 
越日・日越辞書(8万語収録)
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2018 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)