ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

VIETJO記事ランキング

   
1か月間ランキング 
1
貧困世帯にスマホ支給、12月12日施行の新通達で (7日)
 情報通信省は10月28日、2035年までの公益電気通信サービス提供プログラムの実施をガイダンスする通達第14号/2022/TT-BTTTTを発出した。 同通達は12月12日に施行される。  通達によると、貧困世帯と貧困に近...>> 続き
2
ベトジェットエア、ベトナム~日本路線で受託手荷物30kg無料 12月20日まで (8日)
 格安航空会社(LCC)最大手ベトジェットエア[VJC](Vietjet Air)は、ベトナム~日本路線を対象として、重量30kgまでの受託手荷物が無料となるキャンペーンを実施している。  キャンペーンの期間は12月20日まで。>> 続き
3
バイク保険、強制から任意への切り替えを提案 VCCI (10日)
 ベトナム商工連盟(VCCI)は、車両が交通事故を起こした際の車両所有者の民事責任保険を規定する財政省の政令草案について、バイク所有者に対する民事責任保険を従来の強制保険から任意保険に切り替えるよう提案...>> 続き
4
ハノイ:漁も許可、タイ湖の魚大量死問題 (24日)
 ハノイ市のタイ湖 (Ho Tay)でこのところ魚が大量死し、湖面に浮いている問題について、関連当局は、湖での漁の許可を含め、様々な対策を検討している。  すでに、死んだ魚の回収を強化し環境衛生を確保する...>> 続き
5
ホーチミン:「外国人街」に活気戻る (8/22)
 ベトナムが入国時の新型コロナウイルス検査規定を廃止し、国際線の運航が再開された5月半ばから、ベトナムを訪れる外国人は急増している。  この2~3か月、ホーチミン市では、外国人が多く集まる地域に活気...>> 続き
6
W杯カタール観戦ツアー、超高額料金で参加者少数か (8日)
 2022 FIFAワールドカップ・カタール大会の観戦ツアーに参加できる人は、かなり限られるとみられている。料金が高すぎるためだ。前回2018年のロシア大会で3組の観戦ツアーを催行したベトフットトラベルのファム...>> 続き
7
「こっちも飴で払おうか?」ベトナム人もイラ立つ釣銭事情 (10/29)
 スーパーに買い物に行くと、レジでは数千VND(1000VND=約6円)の釣りの代わりに、1~2個の飴を渡されることも多い。バンさんは、それにイラっとしながらも、黙って受け取っている。  レジでああだこうだとバ...>> 続き
8
ドイツ、ベトナム人熟練労働者の雇用促進 月給50万円 (16日)
 労働傷病兵社会省傘下の海外労働者センター(Colab)は10日、ドイツ連邦雇用庁およびドイツ商工会議所との間で、「2022~2023年のベトナム人熟練労働者雇用プログラム」の展開を決定し、オンラインを通じて署名し...>> 続き
9
韓国に観光目的で入国したベトナム人約100人が集団失踪 (10/26)
 韓国に「観光目的」で入国したベトナム人約100人が集団失踪した。外務省のレ・ティ・トゥー・ハン報道官が25日に確認した。  ベトナム人らは、観光客に対するビザ免除措置を受けて江原道(カンウォンド)襄陽...>> 続き
10
ソウル梨泰院事故、ベトナム人被害者は21歳の女子留学生 (10/31)
 韓国の首都ソウルの繁華街として知られる梨泰院(イテウォン)で29日夜に発生した転倒事故で、これまでに154人が死亡した。この事故では、ベトナム人1人が死亡しており、この被害者が韓国留学中の21歳の女性D・T...>> 続き
11
ホーチミンのバックパッカー街、華やかさの裏で貧しく暮らす人々 (6日)
 ホーチミン市のバックパッカー街として知られる1区ブイビエン(Bui Vien)通りは、市内で最も賑やかなエリアだ。ここを訪れる人々の中には飲食に数千万VND(1000万VND=約5万9000円)を使うような人もいる。一方、...>> 続き
12
日本の建設業界、ベトナム人エンジニアの年間収入は3万~10万USD (24日)
 日本で働いているベトナム人建設エンジニア366人を対象にHanabi社が実施した調査結果によると、198人(53%)が施工管理、73人(20%)が設計、15人(4%)が鉄骨構造、残りはその他の仕事に携わっている。  ベト...>> 続き
13
世界のいい国ランキング2022、ベトナム47位・日本6位 (12日)
 米誌「U.S.ニューズ&ワールド・レポート(U.S. News & World Report)」が発表した「U.S.ニューズベストカントリーズランキング(U.S. News Best Countries Rankings)」の2022年版によると、総合ランキング(Overa...>> 続き
14
世界のおぞましい卵料理10選、フィリピンのバロット(ベトナム名ホビロン)が1位 (12日)
 世界中の伝統料理を紹介するグルメサイト「テイストアトラス(TasteAtlas)」はこのほど、「世界のおぞましい卵料理10選」の特集記事を掲載した。この中で、フィリピンのバロットが第1位に選出された。バロットは...>> 続き
15
ジェトロ、常設型日本産食品サンプルショールーム第3回展示をホーチミンにオープン (18日)
 日本貿易振興機構(ジェトロ)ホーチミン事務所は16日、常設型日本産食品サンプルショールーム「TASTY in all of JAPAN [tsutsu uraura]」の第3回展示をホーチミン市1区のカラベル・サイゴン(Caravelle Saigon)の...>> 続き
16
ソウル梨泰院事故、ベトナム人犠牲者が無言の帰国 (3日)
 韓国の首都ソウルの繁華街として知られる梨泰院(イテウォン)で10月29日夜に発生した転倒事故で、犠牲になったベトナム人の遺体が2日午後にソウルからホーチミン市タンソンニャット国際空港に到着し、無言の帰国...>> 続き
17
23年の祝日、テト7連休を政府に提案か 労働者側からは8連休案も (9/7)
 内務省は労働傷病兵社会省の提案を受けて、2023年のテト(旧正月)(旧暦1月1日=新暦2023年1月22日)と9月2日の建国記念日に伴う休暇について、テトを2023年1月20日(金)から1月26日(木)までの7連休、建国記念日を2...>> 続き
18
ベトナム、36年までに世界経済大国トップ20入り CEBR予想 (2日)
 英国経済ビジネスリサーチセンター(CEBR)が先般発表したレポート「世界経済リーグテーブル2022(World Economic League Table 2022)」によると、ベトナムは2036年までに世界の経済大国上位20か国にランクインす...>> 続き
19
老化病の女性が30歳で死亡、11年に日本メディアで話題 (15/8/21)
 当時26歳にして老婆のように老化してしまった女性として2011年に国内外のメディアで取り上げられたグエン・ティ・フオンさんが19日午後、メコンデルタ地方ベンチェ省の自宅で死亡した。30歳だった。  老化...>> 続き
20
ハノイ:2つの市直轄市を設立へ (25日)
 ハノイ市共産党委員会は、2050年までを視野に入れた2030年までのハノイ市都市計画マスタープランの調整内容を承認した。23日に開かれた同市共産党委員会会議の閉幕式でディン・ティエン・ズン書記が明らかにし...>> 続き
   
1か月間ランキング 
越日・日越辞書(8万語収録)
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2022 All Rights Reserved