ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 
VIETJO記事ランキング
   
1か月間ランキング 
1
「ベトちゃんドクちゃん」分離手術の知られざる裏側【前編】 (16/1/31)
 ベトナム戦争時に米軍が散布した枯葉剤の影響で結合双生児として生まれた「ベトちゃんドクちゃん」。2人の分離手術は1988年10月4日、日本赤十字社の医師の立ち会いの下、ホーチミン市ツーズー産婦人科病院で行...>> 続き
2
19年のテト休暇は9連休?労働省が例年より早く公表へ (18/4/18)
 労働傷病兵社会省は、2019年のテト(旧正月)(旧暦1月1日=新暦2019年2月5日)に伴う休暇を2月2日(土)から2月10日(日)までの9連休とする案について、関連当局に意見聴取を行っている。  休暇に向けた国民や航...>> 続き
3
ホーチミン:東欧美女の高級売春ルート摘発、ロシア人女を逮捕 (1/30)
 ホーチミン市警察は25日、外国人が関与する高級買春ルートを摘発したことを明らかにした。  同ルートを率いて仲介役を務めていたロシア国籍のプロコフェバ・エレナ(Prokofeva Elena)容疑者(女・28歳、同市2...>> 続き
4
「ベトちゃんドクちゃん」分離手術の知られざる裏側【後編】 (16/2/21)
 ベトナム戦争時に米軍が散布した枯葉剤の影響で結合双生児として生まれた「ベトちゃんドクちゃん」。2人の分離手術は、当時ホーチミン市の医学界で「腕利きのキャプテン」と言われていた故ズオン・クアン・チュ...>> 続き
5
「世界で最もダイナミックな都市」、ハノイ3位・ホーチミン8位 (1/24)
 米総合不動産サービス大手のジョーンズ・ラング・ラサール(Jones Lang LaSalle=JLL)は、「世界で最もダイナミックな都市(City Momentum Index=CMI)」の2019年版を発表した。同ランキングで、ベトナムからハノ...>> 続き
6
ホーチミン:メトロ2号線、違反発見で再入札へ (1/29)
 建設計画中のホーチミン市都市鉄道(メトロ)2号線案件(トゥーティエム~タイニンバスターミナル)における技術インフラ施設の設計・建設・移転パッケージ(CP0)について、同市人民委員会は同市メトロ管理委員会(MA...>> 続き
7
女性の鼻の中から体長5cmのヒルを摘出、3か月間寄生 (1/18)
 東北部地方ハザン省ドゥックミン総合病院はこのほど、ベトナム人女性患者の鼻の中から体長5cmの1匹のヒル(蛭)を発見し、摘出手術を行った。  手術を受けたのは同省クアンバ郡クエットティエン村に住むT・T...>> 続き
8
「美女の国」5位にベトナム、世界5大ミスコンで好成績 (1/19)
 ビューティーコンテストの専門ウェブサイト「ミソロジー(Missosology)」がこのほど、美女の国ランキング2018年版を発表し、ベトナムは1位のベネズエラ、2位のフィリピン、3位のメキシコ、4位の南アフリカに次い...>> 続き
9
ベトナムの富裕層、2023年までの年平均増加率は+10.1% (1/28)
 米調査会社のウェルス-X(Wealth-X)が発表した世界の富裕層に関する報告書(High Net Worth Handbook 2019)によると、100万USD(約1億0900万円)以上3000万USD(約32億8000万円)未満の資産を保有する富裕層人口の201...>> 続き
10
19年の祝日・休暇は21日、テト9連休・南部解放記念日5連休 (18/8/8)
 労働傷病兵社会省が6日に発表した通知によると、ベトナムにおける2019年の公務員の祝日・休暇は合わせて21日となる。  新暦正月は、12月29日(土)から1月1日(火)までの4連休で、1月5日(土)が振替出勤日。テ...>> 続き
11
ホーチミン:テト前で空港も鉄道駅も大混雑、越僑も帰国ラッシュ (1日)
 ホーチミン市では毎年テト(旧正月)前に、空港や鉄道の駅が大勢の人でごった返す光景が繰り返される。今年もその時期を迎えている。  1月28日昼頃、タンソンニャット国際空港の国際線ターミナルの到着ロビー...>> 続き
12
充電中のスマホ使用で爆発、手指吹き飛ぶ事故が続発 (1/16)
 紅河デルタ地方ナムディン省で13日午後、充電しながら使用していたスマートフォンが爆発し、17歳の少年の手の一部が吹き飛ばされる事故が発生した。  けがをしたブー・ミン・Gさんは、ベッドに横たわってス...>> 続き
13
ホーチミン:メトロ1号線、市予算から2兆VND支払いへ (1/23)
 建設中のホーチミン市都市鉄道(メトロ)1号線(ベンタイン~スオイティエン間)について、同市メトロ管理委員会(MAUR)はホーチミン市人民委員会に対し、市予算から拠出して工事費2兆2450億VND(約106億円)を早急に...>> 続き
14
ベトナムの軍事力は世界20位に後退、東南アジア2位 (1/26)
 軍事ウェブサイトのグローバル・ファイアパワー(Global Firepower=GFP)が発表した2018年版の世界軍事力ランキング「2018 Military Strength Ranking」によると、ベトナムは136か国・地域中20位で、2017年版の1...>> 続き
15
ベトナムの全国人口9467万人に増加、世界14位 (1/23)
 保健省人口・家族計画化総局によると、2018年におけるベトナムの全国の人口は前年比で約100万人増加して9467万人となった。ベトナムの現在の人口は世界で14位につけている。  2018年における全国の出生数は...>> 続き
16
ベトナム航空、日本発ベトナム行き往復2万8000円から―5日間限定 (4日)
 ベトナム航空[HVN](Vietnam Airlines)は、2月4日(月)から8日(金)までの5日間、日本発ベトナム行きの各路線で、同社ウェブサイトでの購入を対象とした特別運賃キャンペーンを実施する。  同キャンペーンでは...>> 続き
17
ホーチミン:メトロ管理副委員長に職務停止処分、出国後帰国せず (1/17)
 ベトナム共産党ホーチミン市支部は14日、ホーチミン市都市鉄道(メトロ)1号線(ベンタイン~スオイティエン間)管理委員会(MAUR)副委員長 兼 党委書記のホアン・ニュー・クオン氏を職務停止処分とした。  同氏...>> 続き
18
おかゆが1杯40万VND、ぼったくりオーナーに罰金75万VND (13日)
 テト(旧正月)期間中に、南中部沿岸地方カインホア省ニャチャン市にあるレストランで多くの外国人観光客がぼったくり被害に遭ったことが分かった。  ぼったくりが発覚したのは、ビント街区ファムバンドン(Ph...>> 続き
19
世界の人気ホテルトップ25、ハノイのホテル2軒が選出 (8日)
 観光ウェブサイト「トリップアドバイザー(TripAdvisor)」は、「トラベラーズチョイスアワード2019」で世界と各地域および各国の「人気ホテルトップ25」を発表した。  この中で、ハノイ市ホアンキエム区の4...>> 続き
20
サッカーベトナム代表、日本に0-1で惜敗―AFCアジア杯準々決勝 (1/25)
 サッカーAFCアジアカップ2019は24日、アラブ首長国連邦(UAE)のドバイでベトナム対日本の準々決勝が行われ、ベトナム代表チームは0-1で日本代表に惜しくも敗れた。  準々決勝からは、アジアカップ史上初めて...>> 続き
   
1か月間ランキング 
越日・日越辞書(8万語収録)
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2019 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)