ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

【第62回】ベトナム人はECで何を買っているのか?

2023/04/24 16:00 JST配信

ベトナムのオンラインショッピング業界は増加傾向にあり、小売業界全体を上回るペースで成長しています。今回は、ホーチミンとハノイで定期的にオンラインショッピング利用者を対象に、よく利用するカテゴリーやECショップなどを理解するための調査を行いました。

Shopeeがダントツの人気

人気のあるECショップを見てみると、Shopeeが最も人気がありLazadaがそれに続いています。またこういった巨大ECプラットフォームだけでなく、Facebookなどから商品を購入するソーシャルコマースの人気が高いのがベトナムの特長です。ソーシャルコマースにおいては、ベトナムの中小企業や個人が商品を販売する際に人気のあるFacebookだけでなく、TikTokでのEC購入も人気があり、Facebookに続くオンラインソーシャルコマースチャネルとなっています。

価格・情報(レビュー)・商品の豊富さがECの購入理由

ベトナム人がオンラインで購入する理由は、価格やプロモーションの良さ、情報(レビュー)の良さ、商品の豊富さなどが挙げられます。ShopeeやLazadaのECプラットフォームは、価格や商品の豊富さ・配送などのサービスの良さが優れているといった特長があります。ソーシャルコマースはFacebookなどからチャットで直接買い物できる使いやすさが、The Gioi Di DongやDien May Xanhなどのような特定業種を扱うECサイトは、カスタマーサポートが優れていると考えられています。

美容・健康・ファッションでの高いEC利用率

それではどのような商品がECでよく購入されているのでしょうか?ECサイトでの購入行動をカテゴリー別に見てみると、美容・健康・ファッションのカテゴリーがオンラインでよく購入されていることがわかります。回答者の38%が美容・健康商品の主な購入チャネルとしてオンラインを挙げており、ファッションも同比率で32%となっています。

用途によって利用チャネルを使い分け

また、ECの定期的な利用者は、カテゴリーによって購入先を使い分けるなどスマートな購入を行なっています。ベビー商品・ファッション・美容健康などの分野の購入はECプラットフォームの利用が高く、ファッション・美容健康についてはソーシャルコマースも併用されています。一方、IT・電化製品・食品などに関してはそれぞれの専門のオンラインショップを利用していることがわかります。それぞれのカテゴリーで人気があるのは、ITはThe Gioi Di Dong、家電はDien May Xanh、食品はBach Hoa Xanhです。

これらのデータからECへの依存度と利用ショップの傾向を整理すると下記のようになります。ファッション・美容健康の分野は、ECの利用が進んでいるカテゴリーであり、ECプラットフォームとソーシャルコマースが利用されています。一方で、食品と家電は、まだECに依存するには至っていません。これらの分野ではECをする場合でも、専門店での買い物を好む傾向があります。

オンラインショッピングの利用者が、カテゴリーによって異なる行動をとるのには下記のような理由が考えられます。

  • 価格設定: 家電やITは大きな買い物になるため、より慎重に購入が検討されます。情報収集はインターネットに頼るものの、購入は大手小売店で・・という方が殆どです。
  • 鮮度とタイミング: 食品カテゴリーにおけるECを利用しない主な理由と考えられます。自分の目で見極めて・・という考えを持つ顧客が多い点や「今すぐ使いたい」という場合が多く、配送がネックになっています。
  • 商品の多様性: 特にファッションや美容健康分野に当てはまります。商品が多種多様で、大きな店でもすべてを紹介することはできません。ネットで自分に合った魅力的な商品を見つける楽しみが浸透しています。
  • 情報: 正しい買い物を行うためにレビューなどの情報が重要になっています。家電やITの場合は、テクノロジーのカバー領域が広く主体的に理解するには難易度が高いため、専門家の声を店舗で聞きたいという需要があります。一方、健康や美容の分野では、マーケティング的な情報が多く一人ひとりのニーズが異なるため、レビューという形で信頼できる消費者の客観的な声を求める傾向が強くあります。

オンラインショッピングは著しい成長を遂げている一方で、まだいくつかの障壁が残されています。とはいえ、数年前まではベトナムの人々が化粧品をオンラインで購入することは限定だったように、テクノロジーとマーケティングによって数年後には大きくECの利用が変化している可能性は高いと思います。オンライン市場の普及率は今よりもより高くなり、ベトナムの人々がより便宜性を求めるように変化していくのではないでしょうか?

著者紹介
株式会社Asia Plus代表取締役社長 黒川賢吾

株式会社Asia Plus ( www.asia-plus.net )代表取締役社長。
NTT、ソニー、ユニクロにて海外マーケティングを担当。
2014年にAsia Plusを設立しベトナムマーケットリサーチサービス
「Q&Me( www.qandme.net )」を展開中


統計から見るベトナム
その他の記事はこちら>
© Viet-jo.com 2002-2024 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。 免責事項
新着ニュース一覧
グエン・フー・チョン書記長が死去、80歳 ベトナム最高指導者 (19日)

 グエン・フー・チョン書記長が、ベトナム現地時間19日13時38分、ハノイ市の第108軍隊中央病院で死去した。80歳だった。  これに先立つ18日、ベトナム共産党中央官房はチョン書記長の健康状態に関する政治局...

ベトナムゴム工業の土地違法販売、ホーチミン市人民委元副主席ら.. (19日)

 企業における国家資本管理委員会(CMSC、通称:スーパー委員会)傘下の国内最大手の天然ゴム栽培・加工会社ベトナムゴム工業グループ[GVR](Vietnam Rubber Group)と系列企業および資

ベトナム首脳陣、銃撃被害のトランプ前米大統領に見舞いの電報 (19日)

 ドナルド・トランプ前米大統領が東部ペンシルヴェニア州バトラーで開いた支援者集会で演説中に銃撃されて負傷したことを受け、ベトナムの首脳陣が見舞いの電報を送った。外務省のファム・トゥー・ハン報道官が1...

夜のカフェ、見知らぬ仲間と人狼ゲームに興じる若者たち (14日)

 21時、仕事を終えたカイン・リンさん(女性・24歳)は、ハノイ市ドンダー区にあるカフェに急いで向かった。カフェにはすでに約30人が集まっており、「人狼ゲーム」の開始を待っていた。  リンさんは、この3か...

南シナ海の大陸棚境界線を主張、国連大陸棚限界委員会に文書提出 (19日)

 ベトナム外務省は17日、南シナ海(ベトナム語では「東海」と呼称)中部の海域におけるベトナムの200海里を超えて広がる大陸棚の境界線を主張する文書を国連大陸棚限界委員会(CLCS)に提出した。  これは、1982...

中国BYDオート、EV3車種を発売 価格410万円から (19日)

 中国の自動車メーカーである比亜迪汽車(BYDオート=BYD Auto)は18日、ベトナムで小型ハッチバック「ドルフィン(Dolphin)」、スポーツ用多目的車(SUV)「アット3(Atto 3)」 とセダン「シール(Seal)」の電気自動車...

パリ五輪ベトナム選手団が出陣式、出場16選手中12人が女子 (19日)

 ハノイ市で17日夜、2024年パリオリンピックに出場するベトナム選手団の出陣式が行われた。代表団は39人から成り、このうち16人(男子4人・女子12人)が選手。ベトナム代表選手らは今大会で11競技に参加する。出場...

うつ病で自分の頭に5cmのねじを打ち込む、男性一命取り留める (19日)

 北中部地方タインホア省総合病院は17日、5cmのねじを頭に打ち込んだ患者を救う手術を行ったことを発表した。  L・Q・Tさん(男性・63歳)は、ねじが頭蓋骨を貫通し、脳に深く刺さっている状態で病院に運び込...

ハナム省が韓国海外インフラ公社と提携、スマートシティ造成へ (19日)

 韓国海外インフラ都市開発支援公社(KIND)はこのほど、北部紅河デルタ地方ハナム省人民委員会との間で、ハナム省におけるスマートシティ開発の協力で覚書(MOU)を締結した。  覚書の締結を機に双方は、ハナム...

ショッピー配送会社、ビンズオン省で自動仕分けセンターを着工 (19日)

 電子商取引(eコマース=EC)大手ショッピー(Shopee)の配送サービスを提供するSPXエクスプレス(SPX Express、旧名:ショッピーエクスプレス=Shopee Express)は16日、東南部地方ビンズオン省のビンズオン工業団地...

チョン書記長に最高栄誉の金星勲章を授与、政治局決定 (19日)

 ベトナム共産党政治局は18日、グエン・フー・チョン書記長にベトナムの最高栄誉勲章であるサオバン(金星)勲章を授与することを決定した。  これに従い、トー・ラム国家主席は、チョン書記長が党と国に多大...

ハノイ市党委書記にホアイ中央国民運動委員長、初の女性トップ (19日)

 ベトナム共産党政治局は17日、政治局員、書記局員、中央国民運動委員長を務めるブイ・ティ・ミン・ホアイ女史をハノイ市共産党委員会書記に任命した。これにより、首都ハノイ市で初めての女性トップが誕生した...

国家統一試験の結果公表、ビンフック省が2年連続で平均点トップ (19日)

 教育訓練省は、2024~2025年度の高校卒業 兼 大学入学統一試験(国家統一試験)の結果を公表した。試験科目は、◇数学、◇国語、◇外国語、◇物理、◇化学、◇生物、◇歴史、◇地理、◇国民教育の9科目。合格率は98.9%と...

竹筒容器でドリンク提供、SNS映えすると若者の間で人気に (19日)

 最近、ドリンクを竹筒の容器に入れて提供する店舗が増えており、環境に優しいエコライフを好む若者の間で人気を博している。  竹筒でドリンクを提供する店は、ハノイ市やバリア・ブンタウ省(東南部地方)、...

FPT加盟のAIアライアンス、世界初の半導体産業特化型AIを発表 (19日)

 オープンで責任ある人工知能(AI)開発を積極的に推進する業界横断的イニシアチブ「AIアライアンス(AI Alliance)」が共同開発した、世界初の半導体産業特化型オープンソース人工知能(AI)大規模言語モデル(LLM)「S...

©VIETJO ベトナムニュース 2002-2024 All Rights Reserved