ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

「アジアで影響力のある女性企業家」、ベトジェット社長ら3人選出

2016/04/08 06:15 JST配信
Clip to Evernote
(C) vnexpress, THミルクのフオン会長
(C) vnexpress, THミルクのフオン会長 写真の拡大
(C) vnexpress, ベトジェットエアのタオ社長
(C) vnexpress, ベトジェットエアのタオ社長 写真の拡大
(C) vnexpress, PNJのズン会長
(C) vnexpress, PNJのズン会長 写真の拡大

 米経済誌フォーブスがこのほど発表した最新の「アジアで最も影響力のある女性企業家トップ50(Asia’s Power Businesswomen)」に、ベトナムから乳製品製造大手THミルク(TH Milk)のタイ・ティ・フオン会長(58歳)、格安航空ベトジェットエア(Vietjet Air)のグエン・ティ・フオン・タオ社長(45歳)、フーニュアン・ジュエリー[PNJ](Phu Nhuan Jewelry)のカオ・ティ・ゴック・ズン会長(58歳)の3人が選ばれた。

 THミルクのフオン会長は2015年から2年連続でトップ50に選出されている。乳業メーカー最大手のビナミルク[VNM](Vinamilk)のマイ・キエウ・リエン会長は、2012年から2015年まで4年連続で同ランキングに登場していたが、今年は選ばれなかった。

 THミルクは2009年設立。粉ミルクに代わる飲用牛乳の開発に注力すると共に、乳牛飼育から製造までの一貫生産体制を確保して「本物の牛乳」をアピールする戦略により、国内でも広く認知されるようになっている。同社の2015年の売上高は2億1500万USD(約237億円)、利益は4500万USD(約49億5000万円)だった。このほか、フオン会長は1994年に設立したバックアバンク(Bac A Bank)の大株主としても活躍している。

 ベトジェットエアのタオ社長は、同社の株95%を保有しているほか、ベトナム有数のコングロマリット企業(複合企業)であるソビコ・ホールディングス(Sovico Holdings)の株90%を握っている。更に、国内大規模のリゾート3か所の株式を保有しているほか、ホーチミン市開発銀行(HDバンク=HD Bank)の株20%を掌握している。ベトジェットエアが近く新規株式公開(IPO)を実施することを受けて、タオ社長の総資産は10億USD(約1100億円)超に増加し、タオ社長は国内初の女性億万長者となる見込みだ。

 PNJは1998年設立で、わずか1店舗の宝飾店からブランド認知度の高さと200店舗もの広大な販売網を強みとする国内最大手の宝飾品メーカーに発展した。2015年の売上高は3億5000万USD(約385億円)、利益は2300万USD(約25億3000万円)。ズン会長は現在、PNJ株17%を保有している。

 同ランキングには、14か国の女性50人が選ばれている。日本からは、◇インターネットセキュリティのトレンドマイクロ株式会社(東京都渋谷区)のエバ・チェン(陳怡樺)代表取締役社長兼CEO、◇インターネットサービスの株式会社ディー・エヌ・エー(DeNA、東京都渋谷区)の南場智子取締役、◇家具販売の株式会社大塚家具(東京都江東区)の大塚久美子代表取締役社長、◇「アート引越センター」を運営するアートコーポレーション株式会社(大阪府大東市)の寺田千代乃代表取締役社長の4人が選ばれている。

[Ha Thu, Forbes, VnExpress, 14:36 (GMT+7) 7/4/2016, A].  © Viet-jo.com 2002-2018 All Rights Reserved.  免責事項
この記事に関連するおすすめの記事
最新ニュース [経済]
地場の新たな配車アプリ「Aber」登場、ホーチミンでサービス開始 (4:38)
 ベトナム人が開発した新たな配車アプリ「アバー(Aber)」が、このほどホーチミン市でサービスを開始した。  Aberでは、バイク配車サービス「アバーバイク(Aber Bike)」、タクシー配車サービス「アバーカー(A...>> 続き
「アマンリゾーツ」創業者の新ブランドホテルが国内初オープン、カントー (3:37)
 東南アジアを中心にリゾートを展開するホテルチェーン「アマンリゾーツ」の創業者エイドリアン・ゼッカ氏が手掛ける新たなブランド「アゼライ(Azerai)」のホテルが、メコンデルタ地方カントー市にベトナムで初...>> 続き
首相、中小企業支援策を指導―法人税改正など (20日)
 グエン・スアン・フック首相は、2017年6月の国会で可決され、2018年1月1日に施行された中小企業支援法の効率的な運用に向けた首相指示第15号/CT-TTgを公布し、関連省庁に対策を指導した。  それによると、...>> 続き
クアンニン省:バンドン国際空港、12月開業予定―初のBOT方式 (20日)
 東北部地方クアンニン省バンドン郡で建設中のバンドン国際空港案件が今年12月に開業する予定だ。同案件の投資主を務める観光不動産開発のサングループ(Sungroup)が、7月にも首相に承認を求める方針を明らかにし...>> 続き
カムラン国際空港の新旅客ターミナル、試験運用へ (20日)
 南中部沿岸地方カインホア省カムラン国際空港で建設中の国際線の新旅客ターミナルが、近く試験運用を開始する。  投資主のカムラン国際ターミナル株式会社(Cam Ranh International Terminal)によると、交通...>> 続き
これより過去の記事は、経済記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2018 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)