ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

産業用ロボット市場、開拓余地も地場系は資金不足

2018/03/14 17:11 JST配信
Clip to Evernote
(C) doanhnhansaigon
(C) doanhnhansaigon 写真の拡大

 ベトナム国内の工場は周辺諸国と比べて生産性が低いため、産業用ロボット市場の開拓余地は大きいと見られている。

 多くの企業が生産性を向上し競争力を高めるため、産業用ロボットの導入に積極的に取り組んでいる。代表的な例として、国内最大の乳業企業ビナミルク[VNM](Vinamilk)などが挙げられる。

 VNMでは、これまでに生産自動化向けに2兆4000億VND(約114億円)を投じ、生乳の殺菌やパッケージから荷積み、倉庫での原料や製品の搬入出に至るまで、各生産プロセスを自動化している。

 また、地場系豆乳最大手クアンガイ製糖[QNS](Quang Ngai Sugar)、ハノイビール・アルコール飲料[BHN](Habeco)、フィリピン系飲料大手ユニバーサル・ロビナ(URC)、タイ系チャロン・ ポカパン(CP)などもベトナム国内工場で産業用ロボットを導入している。

 産業用ロボットメーカーとしては、スイス系ABBや日系の株式会社安川電機(福岡県北九州市)、中国系美的集団(ミデア)傘下のクーカ(Kuka)がベトナム進出を果たしている。ABBのベトナム国内での産業用ロボット販売台数は2015年に200~300台程度だったが、2016年以降の年間販売台数は2000~3000台に急増しているという。

 このほか、アイデア(Idea)、トシー(Tosy)、オートテック(Autotech)、チュッククアン(Truc Quang)など、複数の地場系ロボットメーカーも研究開発(R&D)に注力しているが、資金不足によりオーダーメイドがメインで大量生産ができていないのが現状だ。

[Doanhnhansaigon, 18/2/2018, A].  © Viet-jo.com 2002-2018 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [経済]
新iPhone発売、ベトナム人がシンガポール入国拒否も (21日)
 多くのベトナム人がここ数日間、シンガポールへの入国を拒否されている。この背景には、21日に同国で米アップル社(Apple)の新型スマートフォンが発売されたことがある。  正規品を入手できるまで、ベトナム...>> 続き
ハノイ:メトロ2A号線、システム全体の試運転を開始 (21日)
 ハノイ市で建設中の都市鉄道(メトロ)2A号線(ドンダー区カットリン~ハドン区間)は20日、全区間でシステム全体の試運転を開始した。  4両編成の車両13本の試運転が行われているほか、改札口や駅などの施設も...>> 続き
ハノイ:ノイバイ国際空港、国内線ターミナル改修が完了 (21日)
 ハノイ市ノイバイ国際空港の国内線ターミナル(第1ターミナル=T1)の改修工事がこのほど完了した。今回の改修により、第1ターミナルの年間旅客処理能力は1500万人に引き上げられた。  同空港では、2014年12...>> 続き
無料通話アプリ「Zalo」、ホーチミン市内の交通情報を提供 (21日)
 地場総合インターネットメディア運営会社VNGコーポレーション(VNG Corporation、ホーチミン市)が展開するモバイル無料通話・メールアプリ「Zalo(ザロ)」は18日、ホーチミン市交通運輸局と協力して新機能「ホーチ...>> 続き
ベトナムの超富裕層、年平均+12.7%増加で世界3位 (21日)
 米調査会社のウェルス-X(Wealth-X)が発表した世界の超富裕層に関する年次報告書によると、投資可能資産3000万USD(約33億円)以上を保有するベトナムの超富裕層人口の2012~2017年の期間における年平均増加率は+1...>> 続き
これより過去の記事は、経済記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2018 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)