ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

産業用ロボット市場、開拓余地も地場系は資金不足

2018/03/14 17:11 JST配信
Clip to Evernote
(C) doanhnhansaigon
(C) doanhnhansaigon 写真の拡大

 ベトナム国内の工場は周辺諸国と比べて生産性が低いため、産業用ロボット市場の開拓余地は大きいと見られている。

 多くの企業が生産性を向上し競争力を高めるため、産業用ロボットの導入に積極的に取り組んでいる。代表的な例として、国内最大の乳業企業ビナミルク[VNM](Vinamilk)などが挙げられる。

 VNMでは、これまでに生産自動化向けに2兆4000億VND(約114億円)を投じ、生乳の殺菌やパッケージから荷積み、倉庫での原料や製品の搬入出に至るまで、各生産プロセスを自動化している。

 また、地場系豆乳最大手クアンガイ製糖[QNS](Quang Ngai Sugar)、ハノイビール・アルコール飲料[BHN](Habeco)、フィリピン系飲料大手ユニバーサル・ロビナ(URC)、タイ系チャロン・ ポカパン(CP)などもベトナム国内工場で産業用ロボットを導入している。

 産業用ロボットメーカーとしては、スイス系ABBや日系の株式会社安川電機(福岡県北九州市)、中国系美的集団(ミデア)傘下のクーカ(Kuka)がベトナム進出を果たしている。ABBのベトナム国内での産業用ロボット販売台数は2015年に200~300台程度だったが、2016年以降の年間販売台数は2000~3000台に急増しているという。

 このほか、アイデア(Idea)、トシー(Tosy)、オートテック(Autotech)、チュッククアン(Truc Quang)など、複数の地場系ロボットメーカーも研究開発(R&D)に注力しているが、資金不足によりオーダーメイドがメインで大量生産ができていないのが現状だ。

[Doanhnhansaigon, 18/2/2018, A].  © Viet-jo.com 2002-2018 All Rights Reserved.  免責事項
最新ニュース [経済]
QRコード決済普及、ベトナムは手数料収入の機会損失 (22日)
 ベトナムを訪れる中国人観光客が、買い物をした際の支払いにクレジットカードを使わず、同国の阿里巴巴集団(アリババ)の電子決済サービス「アリペイ(Alipay=支付宝)」やテンセント社(Tencent)のモバイル決済サ...>> 続き
ベト・バンブー航空、10月1日運航開始を計画 (22日)
 FLCグループ[FLC](FLC Group)が全額出資する航空会社「ベト・バンブー航空(Viet Bamboo Airlines)」のダン・タット・タン社長は、10月1日から同航空の運航を開始する計画を明らかにした。  航空輸送事業の...>> 続き
マイリンタクシー、拠点拡大で全63省・市に進出へ (22日)
 タクシー大手のマイリングループ(Mai Linh Group)は19日、西方部地方ディエンビエン省ディエンビエンフー市に支店を開設した。これは、西北部地方と東北部地方への拠点拡大戦略の一環。  同社は7月12日まで...>> 続き
地場の新たな配車アプリ「Aber」登場、ホーチミンでサービス開始 (21日)
 ベトナム人が開発した新たな配車アプリ「アバー(Aber)」が、このほどホーチミン市でサービスを開始した。  Aberでは、バイク配車サービス「アバーバイク(Aber Bike)」、タクシー配車サービス「アバーカー(A...>> 続き
「アマンリゾーツ」創業者の新ブランドホテルが国内初オープン、カントー (21日)
 東南アジアを中心にリゾートを展開するホテルチェーン「アマンリゾーツ」の創業者エイドリアン・ゼッカ氏が手掛ける新たなブランド「アゼライ(Azerai)」のホテルが、メコンデルタ地方カントー市にベトナムで初...>> 続き
これより過去の記事は、経済記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2018 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)