ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

産業用ロボット市場、開拓余地も地場系は資金不足

2018/03/14 17:11 JST配信
Clip to Evernote
(C) doanhnhansaigon
(C) doanhnhansaigon 写真の拡大

 ベトナム国内の工場は周辺諸国と比べて生産性が低いため、産業用ロボット市場の開拓余地は大きいと見られている。

 多くの企業が生産性を向上し競争力を高めるため、産業用ロボットの導入に積極的に取り組んでいる。代表的な例として、国内最大の乳業企業ビナミルク[VNM](Vinamilk)などが挙げられる。

 VNMでは、これまでに生産自動化向けに2兆4000億VND(約114億円)を投じ、生乳の殺菌やパッケージから荷積み、倉庫での原料や製品の搬入出に至るまで、各生産プロセスを自動化している。

 また、地場系豆乳最大手クアンガイ製糖[QNS](Quang Ngai Sugar)、ハノイビール・アルコール飲料[BHN](Habeco)、フィリピン系飲料大手ユニバーサル・ロビナ(URC)、タイ系チャロン・ ポカパン(CP)などもベトナム国内工場で産業用ロボットを導入している。

 産業用ロボットメーカーとしては、スイス系ABBや日系の株式会社安川電機(福岡県北九州市)、中国系美的集団(ミデア)傘下のクーカ(Kuka)がベトナム進出を果たしている。ABBのベトナム国内での産業用ロボット販売台数は2015年に200~300台程度だったが、2016年以降の年間販売台数は2000~3000台に急増しているという。

 このほか、アイデア(Idea)、トシー(Tosy)、オートテック(Autotech)、チュッククアン(Truc Quang)など、複数の地場系ロボットメーカーも研究開発(R&D)に注力しているが、資金不足によりオーダーメイドがメインで大量生産ができていないのが現状だ。

[Doanhnhansaigon, 18/2/2018, A].  © Viet-jo.com 2002-2018 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [経済]
アジア開発銀行、医療サービス改善でベトナムに1億USD超の支援 (14:13)
 アジア開発銀行(ADB)は、ベトナムにおける医療サービスの質の改善プロジェクトのため、ベトナム政府に対して合計1億0060万USD(約114億円)の支援を行うことを決定した。  これにより、ADBは8860万USD(約100...>> 続き
サムスン、LEDスクリーンをベトナムでお披露目―国内映画館に導入 (13:24)
 韓国サムスン(Samsung)は10日、発光ダイオード(LED)スクリーン「オニックス(Onyx)」をベトナムでお披露目した。  国内で最初にオニックススクリーンが設置されたのは、映画館「BHDスタービテクスコ(Star Bi...>> 続き
ホーチミン:18年の外国人訪問者700万人突破 (6:01)
 ホーチミン市観光局とベトナム航空[HVN](Vietnam Airlines)およびタンソンニャット国際空港、同空港税関支局は10日、2018年にホーチミン市を訪れた外国人訪問者の通算700万人目を迎え入れる式典を同空港で開催...>> 続き
全国タクシー17社がタクシー連盟を設立、 配車アプリに対抗 (13日)
 全国のタクシー会社17社はハノイ市で10日、同17社の加盟により新設されたベトナムタクシー連盟を発表した。同連盟はベトナム商工会議所(VCCI)の後援の下で活動する国内最大のタクシー連盟となり、グラブ社(Grab...>> 続き
ホーチミン、居住目的の住宅購入が全国で最高水準 (12日)
 ベトナム最大規模の商業都市であるホーチミン市における居住目的の住宅購入の割合が全国で最も高いことが、英系総合不動産サービス会社のサヴィルズ・ベトナム(Savills Vietnam)の調査報告で分かった。  同...>> 続き
これより過去の記事は、経済記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2018 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)