ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

地場配車アプリFastGo、シンガポール進出へ

2019/03/25 17:31 JST配信
Clip to Evernote
(C) vnexpress
(C) vnexpress 写真の拡大

 ベトナムでスマートフォン向け配車アプリ「ファストゴー(FastGo)」を展開する地場系テクノロジー企業ネクストテックグループ(NextTech Group)は、4月にシンガポールへ進出する見通しだ。これは、東南アジア市場の拡大に向けた計画の一部。4月1日から登録運転手を募集し、同月30日から配車サービスを開始する。

 同社は2018年6月にベトナムで、同年12月にはミャンマーで配車アプリ事業を開始。ベトナムとミャンマーに次いで、シンガポールは同社が配車サービスを展開する3番目の国となる。シンガポールでは、シンガポール系「グラブ(Grab)」、同「ライド(Ryde)」、インドネシア系「ゴジェック(Go-Jek)」、韓国系「タダ(Tada)」などの同業他社と競争することになる。

 シンガポール事業での運転手の手数料などの詳細についてはまだ明らかにされていないが、割合を定めて運転手から運賃の一部を徴収するのではなく、運転手の収入が1日30USD(約3300円)を超えた場合に固定額(5USD=約560円を上回らない)を徴収する。また、利用者に対してはラッシュアワー時の料金引き上げも適用しない。

 ファストゴーは、2018年8月に英系ファンド運用会社ビナキャピタル・ベンチャーズ(VinaCapital Ventures)からシリーズAの出資を受けた。今後数か月の間にシリーズBで5000万USD(約55億5000万円)の出資を得ることを目指している。さらに、同社は年内にインドネシア、フィリピン、タイにも進出する予定だ。

[VnExpress 12:32 21/03/2019, A].  © Viet-jo.com 2002-2020 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [経済]
豪フィットネス「ジェッツ」、ホーチミンにベトナム1号店 (14:12)
 24時間営業のオーストラリア系フィットネスジム「ジェッツ(Jetts)」のベトナム1号店が、ホーチミン市1区グエンクーチン街区コンクイン通りA36B番地(A36B Cong Quynh, phuong Nguyen Cu Trinh, quan 1, TP. Ho C...>> 続き
軍隊銀行、富裕層向けプライベート・バンキングサービスを開始 (13:03)
 軍隊銀行[MBB](Military Bank)はこのほど、個人金融サービスで175年以上の経験を持つスイス系大手銀行ボーディエ(Bordier & Cie)との協力により、富裕層を対象に総合的な資産管理を行うプライベート・バンキン...>> 続き
電子契約によるチャーター車両、4月から全国展開可能に―新政令施行で (5:10)
 自動車による輸送事業に関する政令第86号/2014/ND-CPに代わる政令第10号/2020/ND-CPが4月1日に施行されることを受け、シンガポール系グラブ(Grab)や地場ファストゴー(FastGo)など配車アプリをプラットフォーム...>> 続き
ベトナム、CPTPP締結国との貿易収支39億USDの黒字―前年2.4倍 (26日)
 米国抜きの新たな環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)「包括的および先進的な環太平洋パートナーシップ協定(TPP11=CPTPP)」が2019年1月にベトナムで発効してから1年以上が経過した。商工省はこのほど、2019年にお...>> 続き
ホーチミン:メトロ2号線を21年着工へ (25日)
 ホーチミン市都市鉄道(メトロ)管理委員会(MAUR)はこのほど、同市メトロ2号線(ベンタイン~タムルオン間)を2021年に着工する計画を明らかにした。  2020年中にコンサルティングおよび主要工事のパッケージの...>> 続き
これより過去の記事は、経済記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2020 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)