ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

小売スペース市場、テナントの傾向に変化―JLL報告

2019/03/26 16:06 JST配信
(C) vnexpress
(C) vnexpress 写真の拡大

 米総合不動産サービス大手のジョーンズ・ラング・ラサール(Jones Lang LaSalle=JLL)が先般発表したベトナムの小売スペース市場に関する報告で、同市場の傾向が変化していることが分かった。

 この背景には、商業施設が、飛躍的な成長を遂げている電子商取引(eコマース=EC)との競争に晒されていることがある。

 JLLの報告によると、2018 年末時点におけるホーチミン市ハノイ市の2大都市の小売スペースは合わせて200万m2余りで、入居率はホーチミン市が89.7%、ハノイ市が88.1%となっている。

 商業施設などを運営する不動産業者は、オンラインショップと競争し、入居率を引き上げるとともに来店客を増やすため、小売り分野以外のテナントの開拓を強化する戦略を取っている。

 こうした中、◇語学センターなどの教育施設、◇コワーキングスペース、◇フィットネスジムの3事業を手掛ける企業にも商業施設のスペースを好む傾向が窺える。賃貸面積が500~数千m2で、契約期間が5~10年の長期契約が多いという。

 商業施設内で語学センターなどの教育施設やコワーキングスペース、フィットネスジムを運営することは、商業施設とテナントの双方にとって有益になると見られている。

 商業施設は、買い物や飲食から、学習、仕事、運動までを1か所で済ませることができるワンストップサービスの場所に変貌することで、オンラインショップとの差別化を図ることができる。

 一方で、教育施設やコワーキングスペース、フィットネスジムも、潜在的顧客である商業施設の来店客を開拓するチャンスが増えるものと期待されている。

 こうした傾向は今後10年にわたって続くものと見込まれている。

Clip to Evernote
[Vnexpress 07:35 21/3/2019, A].  © Viet-jo.com 2002-2022 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [経済]
ベトナムの22年GDP成長率+6.5%、23年は+8.3%に加速 英シンクタンク予想 (6:53)
 英国のシンクタンクであるオックスフォード・エコノミックス(Oxford Economics)とイングランド及びウェールズ勅許会計士協会(ICAEW)が先般発表した報告によると、2022年におけるベトナムの国内総生産(GDP)成長...>> 続き
ハノイ初のスターバックスが7月閉店、8年の歴史に幕 (5:00)
 米コーヒーチェーン大手スターバックス(Starbucks)のハノイ市1号店である「スターバックス・ランビエン店(Starbucks Lan Vien)」(所在地:ホアンキエム区ハンバイ=Hang Bai通り32番地)が7月1日に閉店する。 ...>> 続き
地場フィンテックのアンフィン、480万USDの出資獲得 (2:41)
 個人投資家向けの株式取引プラットフォームを開発するフィンテック(ITを活用した金融サービス)のスタートアップ企業アンフィン(Anfin)は、プレシリーズAラウンドと呼ばれる初期段階の資金調達で、計480万USD(約...>> 続き
ホーチミン:メトロ1号線、運営会社の資金不足で従業員の給料が未払いに (24日)
 ホーチミン市で建設中の都市鉄道(メトロ)1号線(ベンタイン~スオイティエン間)は2023年末に完成して商業運転を開始する予定だが、運営会社の資金が底をついており、従業員の給料と保険料が数か月にわたり未払い...>> 続き
ダナン:投資誘致案件リストを公表、航空・宇宙やロボットも (24日)
 南中部沿岸地方ダナン市人民委員会は、2030年までを視野に入れた2022~2026年期の投資誘致プロジェクトのリストに関する決定を発表した。  リストには36件の投資誘致プロジェクトが含まれている。分野別の...>> 続き
これより過去の記事は、経済記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2022 All Rights Reserved