ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

小売スペース市場、テナントの傾向に変化―JLL報告

2019/03/26 16:06 JST配信
Clip to Evernote
(C) vnexpress
(C) vnexpress 写真の拡大

 米総合不動産サービス大手のジョーンズ・ラング・ラサール(Jones Lang LaSalle=JLL)が先般発表したベトナムの小売スペース市場に関する報告で、同市場の傾向が変化していることが分かった。

 この背景には、商業施設が、飛躍的な成長を遂げている電子商取引(eコマース=EC)との競争に晒されていることがある。

 JLLの報告によると、2018 年末時点におけるホーチミン市ハノイ市の2大都市の小売りスペースは合わせて200万m2余りで、入居率はホーチミン市が89.7%、ハノイ市が88.1%となっている。

 商業施設などを運営する不動産業者は、オンラインショップと競争し、入居率を引き上げるとともに来店客を増やすため、小売り分野以外のテナントの開拓を強化する戦略を取っている。

 こうした中、◇語学センターなどの教育施設、◇コワーキングスペース、◇フィットネスジムの3事業を手掛ける企業にも商業施設のスペースを好む傾向が窺える。賃貸面積が500~数千m2で、契約期間が5~10年の長期契約が多いという。

 商業施設内で語学センターなどの教育施設やコワーキングスペース、フィットネスジムを運営することは、商業施設とテナントの双方にとって有益になると見られている。

 商業施設は、買い物や飲食から、学習、仕事、運動までを1か所で済ませることができるワンストップサービスの場所に変貌することで、オンラインショップとの差別化を図ることができる。

 一方で、教育施設やコワーキングスペース、フィットネスジムも、潜在的顧客である商業施設の来店客を開拓するチャンスが増えるものと期待されている。

 こうした傾向は今後10年にわたって続くものと見込まれている。

[Vnexpress 07:35 21/3/2019, A].  © Viet-jo.com 2002-2019 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [経済]
エアアジア、地場ハイアウ航空との合弁設立を中止 (19日)
 マレーシアの格安航空会社エアアジア(AirAsia)はこのほど、地場企業2社との格安航空合弁会社の設立計画を中止したことを発表した。  これに先立ち、エアアジアは2018年3月に、グミン(Gumin)とハイアウ航空(...>> 続き
家電チャンアイン、全店舗閉鎖へ―テーゾイジードンの買収で (19日)
 株式会社ノジマ(神奈川県横浜市)が出資していたチャンアインデジタルワールド[TAG](Tran Anh Digital World)の取締役会はこのほど、全店舗の閉鎖を決議した。  これに先立ち、34店舗を擁する国内大手の家電...>> 続き
ペトロベトナム社長の辞任、首相が承認―海外事業の損失で (19日)
 大手国営企業における国の資金を管理する「企業における国家資本管理委員会(CMSC、通称:スーパー委員会)」は17日、グエン・スアン・フック首相の承認のもと、ペトロベトナムグループ(PVN)のグエン・ブー・チュ...>> 続き
配車アプリの扱いに関する政令草案、グラブが問題点を指摘 (19日)
 自動車による輸送事業に関する政令第86号/2014/ND-CPを改正する政令草案の最新版について、配車アプリ最大手グラブ(Grab)は複数の問題点を指摘し、草案を策定した交通運輸省に改善を要請した。  草案には、...>> 続き
バンブー航空、ハノイ~プラハ直行便の就航を計画 (19日)
 地場不動産会社FLCグループ[FLC](FLC Group)が全額出資するバンブー航空(Bamboo Airways)は17日、チェコを公式訪問していたグエン・スアン・フック首相の立会いのもと、プラハ国際空港の運営会社との間で協力覚...>> 続き
これより過去の記事は、経済記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2019 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)