ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

ホーチミン:市内のコンビニ1800店舗に、競争激化

2018/04/13 05:21 JST配信
Clip to Evernote
(C) vnexpress
(C) vnexpress 写真の拡大

 米総合不動産サービス大手のジョーンズ・ラング・ラサール(Jones Lang LaSalle=JLL)ベトナムの統計によると、ホーチミン市における3月末時点のコンビニエンスストアの店舗数は1800か所余りで、延べ床面積は前年末比+5.1%増の27万2000m2に上っている。

 中でも「ファミリーマート(FamilyMart)」、「サークルK(Circle K)」、「ショップ&ゴー(Shop & Go)」、「ビーズマート(B’s mart)」など大手の海外ブランドが、ベトナムにおけるコンビニ市場の約70%を占めている。

 コンビニ「ビンマート(Vinmart)」を展開するビングループ[VIC](Vingroup)は今後数年間で「ビンマート」3000店舗を、「GS25」を展開する韓国のGSリテール(GS Retail)は10年後までに「GS25」2500店舗をそれぞれオープンする計画だ。

 コンビニ市場が急速に拡大している要因として、市場の競争が熾烈化する中で国内外の企業がコンビニチェーンの拡大を強化していることが挙げられる。JLLは、ベトナムにおける小売スペース賃貸料が割高にもかかわらず、店舗網拡大の競争が激しくなっているとしている。

[Vu Le, VnExpress, 09:03 (GMT+7) 9/4/2018, A].  © Viet-jo.com 2002-2018 All Rights Reserved.  免責事項
最新ニュース [経済]
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2018 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)