ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

大都市のコンビニ店舗数、6年で4倍に急増

2018/05/16 16:30 JST配信
Clip to Evernote
(C) tuoitre
(C) tuoitre 写真の拡大

 米国の市場調査会社ニールセン(Nielsen)によると、2018年1-3月期の日用消費財(FMCG)市場では、パパママストアと呼ばれる小規模雑貨店や市場(いちば)などの伝統的な小売店の売上高が前期比で▲1.0%減少し、スーパーマーケットやコンビニエンスストアなどの近代的な小売店の売上高が増加している。

 ハノイ市ホーチミン市、南中部沿岸地方ダナン市、メコンデルタ地方カントー市の4都市におけるコンビニエンスストアの店舗数は、2012年から6年で4倍近くに急増している。

 また、ヘルスケア製品や美容製品、医薬品などの専門店がこの2年で2倍へと増加している。こうした近代的な小売店の拡大は、伝統的な小売店に大きな打撃を与えているのが現状だ。

 米総合不動産サービス大手のジョーンズ・ラング・ラサール(Jones Lang LaSalle=JLL)によると、3月末時点におけるホーチミン市のミニスーパーマーケットやコンビニエンスストアの店舗数は1800か所余りで、総面積は前年末比+5.1%増の27万m2超に上っている。

[N.Binh, Tuoi Tre, 19:34 (GMT+7) 10/05/2018, A].  © Viet-jo.com 2002-2018 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [経済]
ビナフォン、料金据え置きで通信容量6倍に (20日)
 ベトナム郵便通信グループ(Vietnam Posts and Telecommunications Group=VNPT)傘下の携帯通信大手ビナフォン(Vinaphone)は9月から、モバイルインターネットサービス「MAX200」、「MAX300」、「BIG200」、「BIG...>> 続き
地場配車アプリ「Aber」、市場参入から2か月でサービス休止 (20日)
 6月9日にホーチミン市でサービスを開始した地場配車アプリ「アバー(Aber)」が、システム改修のためとして8月10日から配車サービスを一時休止していることを発表した。  利用客やドライバーの獲得競争が激し...>> 続き
マサングループ、韓国SKグループが大口株主に (20日)
 マサングループ[MSN](Masan Group)はこのほど、石油精製業や通信事業を軸とする韓国の財閥SKグループとの間で、戦略的提携契約を締結した。  SKグループはMSNの金庫株1億1000万株(流通株式数の9.5%相当)の...>> 続き
商銀4行、24時間対応の電子納税サービス導入―対象銀行22行に (20日)
 商業銀行4行は税関総局との提携契約のもと、9月20日から週7日・24時間対応の電子納税サービスを新たに導入する。これにより、対象銀行は今回の4行を合わせて計22行となる。  サービスを新たに導入するのは...>> 続き
配車アプリ「Go-Viet」、ハノイでもサービス開始 (20日)
 インドネシアの配車サービス大手ゴジェック(Go-Jek)はこのほど、ハノイ市で配車アプリ「Go-Viet(ゴーベト)」のサービスを開始した。  同社はこれに先立つ8月にホーチミン市内の12の区で同サービスの試験展...>> 続き
これより過去の記事は、経済記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2018 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)