ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

消費者が選ぶ日用消費財ブランド、外資が圧倒もビナミルクの人気変わらず

2017/05/26 16:01 JST配信
Clip to Evernote
(C) thesaigontimes
(C) thesaigontimes 写真の拡大

 米市場調査会社カンター・ワールドパネルのベトナム現地法人カンター・ワールドパネル・ベトナムはこのほど、ベトナムの消費者が購入している日用消費財(FMCG)のブランドに関する最新の調査結果を発表した。

 同調査では、国内4都市(ホーチミン市ハノイ市、南中部沿岸地方ダナン市、メコンデルタ地方カントー市)とそれ以外の地方に分けて、ブランドを購入した世帯の数と購入頻度を数値化し、ランク付けしている。

 それによると、国内4都市では地場乳製品製造最大手ビナミルク[VNM](Vinamilk)が、それ以外の地方では家庭用品メーカーのユニリーバ(Unilever)がそれぞれ首位に立った。

 品目別に見ると、ヘルス・ビューティー部門ではユニリーバの歯磨き粉「P/S」が4都市及び地方の両方で1位となった。ホームケア部門では、ユニリーバの食器用洗剤「サンライト(Sunlight)」が4都市及び地方の両方で1位に立った。食品部門では、ビナミルクが4都市で、マサン消費財の魚醤「ナムグー(Nam Ngu)」が地方で1位。また、飲料部門では、ビナミルクが4都市と地方の両方で首位に立った。

 ブランドトップ10の大部分を外資系または合弁会社が占める一方、ベトナムの地場企業は4都市でわずか2社、地方では4社に留まっている。品目別に見ても、外資系企業の製品がFMCG市場を圧倒している。 

 4都市で最も購入されているブランドトップ10は以下の通り。

◇1位:ビナミルク
◇2位:ユニリーバ
◇3位:マサンインベストメントグループ[MSN](Masan Group)傘下のマサン消費財(Masan Consumer)
◇4位:ネスレ(Nestle)
◇5位:エースコック(Acecook)
◇6位:サントリーペプシコ(Suntory PepsiCo)
◇7位:フリースランド・カンピーナ(Friesland Campina)
◇8位:カイラン植物油(Calofic)
◇9位:味の素(Ajinomoto)
◇10位:プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)

 地方で最も購入されているブランドトップ10は以下の通り。

◇1位:ユニリーバ
◇2位:マサン消費財
◇3位:ビナミルク
◇4位:エースコック
◇5位:カイラン植物油
◇6位:ユニベン(Uniben)
◇7位:アジアフーズ(Asia Foods)
◇8位:味の素
◇9位:ネスレ
◇10位:プロクター・アンド・ギャンブル

[Kantarworldpanel等, 24/05/2017, A].  © Viet-jo.com 2002-2018 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [経済]
バイオエタノール工場が3年ぶり稼働再開、19年に3万5000m3生産へ (19日)
 ビンソン製油石化[BSR](Binh Son Refining & Petrochemical)の子会社、中部バイオエタノール(BSR-BF)は14日、南中部沿岸地方クアンガイ省のズンクアット経済区でズンクアット・バイオエタノール工場の稼働を再...>> 続き
ハノイ:土地使用料の過小評価で1兆4800億VNDの損失 (19日)
 政府調査機関は、2003年から2016年までの間に公有地から使用目的が変更された土地で展開されている不動産案件38件の調査結果を発表した。  公的機関・組織と国営企業が、割り当てられた土地の土地使用権を...>> 続き
香港発の物流版配車サービス「Lalamove」、ハノイに進出 (19日)
 香港に本拠地を置き「物流版Uber」などと称されるオンデマンド物流スタートアップ企業の「Lalamove」はこのほど、ハノイ市でサービスの提供を開始した。  同社は2017年9月にベトナムへの進出を果たし、ホー...>> 続き
コカ・コーラ・ベトナム、「マックスコーヒー」発売―国産コーヒー使用 (19日)
 コカ・コーラ・ベトナム(Coca-Cola Vietnam)はハノイ市で17日、新製品の練乳入りコーヒー飲料「ジョージア・マックスコーヒー(ベトナムではGeorgia Coffee Max)」を発表した。  「ジョージア・マックスコー...>> 続き
ハノイ証取、時間外取引を導入へ―流動性向上に期待 (19日)
 ハノイ証券取引所(HNX)は11月5日より時間外取引を導入する。取引時間は午後2時45分から午後3時まで。時間外取引の導入により、株式市場の流動性の向上が期待される。  注文方法は時間外取引注文(PLO)で反対...>> 続き
これより過去の記事は、経済記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2018 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)