ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

消費者が選ぶ日用消費財ブランド、外資が圧倒もビナミルクの人気変わらず

2017/05/26 16:01 JST配信
Clip to Evernote
(C) thesaigontimes
(C) thesaigontimes 写真の拡大

 米市場調査会社カンター・ワールドパネルのベトナム現地法人カンター・ワールドパネル・ベトナムはこのほど、ベトナムの消費者が購入している日用消費財(FMCG)のブランドに関する最新の調査結果を発表した。

 同調査では、国内4都市(ホーチミン市ハノイ市、南中部沿岸地方ダナン市、メコンデルタ地方カントー市)とそれ以外の地方に分けて、ブランドを購入した世帯の数と購入頻度を数値化し、ランク付けしている。

 それによると、国内4都市では地場乳製品製造最大手ビナミルク[VNM](Vinamilk)が、それ以外の地方では家庭用品メーカーのユニリーバ(Unilever)がそれぞれ首位に立った。

 品目別に見ると、ヘルス・ビューティー部門ではユニリーバの歯磨き粉「P/S」が4都市及び地方の両方で1位となった。ホームケア部門では、ユニリーバの食器用洗剤「サンライト(Sunlight)」が4都市及び地方の両方で1位に立った。食品部門では、ビナミルクが4都市で、マサン消費財の魚醤「ナムグー(Nam Ngu)」が地方で1位。また、飲料部門では、ビナミルクが4都市と地方の両方で首位に立った。

 ブランドトップ10の大部分を外資系または合弁会社が占める一方、ベトナムの地場企業は4都市でわずか2社、地方では4社に留まっている。品目別に見ても、外資系企業の製品がFMCG市場を圧倒している。 

 4都市で最も購入されているブランドトップ10は以下の通り。

◇1位:ビナミルク
◇2位:ユニリーバ
◇3位:マサンインベストメントグループ[MSN](Masan Group)傘下のマサン消費財(Masan Consumer)
◇4位:ネスレ(Nestle)
◇5位:エースコック(Acecook)
◇6位:サントリーペプシコ(Suntory PepsiCo)
◇7位:フリースランド・カンピーナ(Friesland Campina)
◇8位:カイラン植物油(Calofic)
◇9位:味の素(Ajinomoto)
◇10位:プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)

 地方で最も購入されているブランドトップ10は以下の通り。

◇1位:ユニリーバ
◇2位:マサン消費財
◇3位:ビナミルク
◇4位:エースコック
◇5位:カイラン植物油
◇6位:ユニベン(Uniben)
◇7位:アジアフーズ(Asia Foods)
◇8位:味の素
◇9位:ネスレ
◇10位:プロクター・アンド・ギャンブル

[Kantarworldpanel等, 24/05/2017, A].  © Viet-jo.com 2002-2019 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [経済]
2018年のメディア業界売上高、前年比+14%増―有料テレビが寄与 (16日)
 共産党傘下の中央宣伝教育委員会によると、2018年におけるメディア業界の売上高は前年比+14%増の15兆8400億VND(約750億円)、このうちテレビが10兆9400億VND(約516億円)、新聞が4兆9000億VND(約230億円)だった...>> 続き
ホーチミンの書店専門街、3年間の売上高5億円に (16日)
 ホーチミン市1区グエンバンビン通り(Nguyen Van Binh)で2016年1月にオープンした書店専門街「本通り」の各書店の書籍販売による2016~2018年の3年間の売上高が1057億5000万VND(約5億円)に達した。  直近3年...>> 続き
カシューナッツ輸出量、ベトナムが世界1位を維持 (16日)
 ベトナムカシューナッツ協会(VINACAS)によると、2018年のカシューナッツ輸出量は39万1000t、輸出額は前年比+7.8%増の35億2000万USD(約3800億円)だった。  同年におけるベトナムのカシューナッツ輸出額は世...>> 続き
地場配車アプリFastGo、ハノイでバイタクサービス開始 (16日)
 ベトナムでスマートフォン向け配車アプリ「ファストゴー(FastGo)」を展開する地場系ファストゴー(FastGo)は11日、ハノイ市でバイクタクシー配車サービス「ファストバイク・プロ(FastBike Pro)」を正式に開始し...>> 続き
「ベトナム証券取引所」設立へ、首相が承認 (16日)
 グエン・スアン・フック首相はこのほど、ホーチミン証券取引所(HSX)とハノイ証券取引所(HNX)を統合して「ベトナム証券取引所」を設立する案を承認した。  2019年~2020年の第1段階で、両証取を子会社として...>> 続き
これより過去の記事は、経済記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2019 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)