ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

韓国の教育関連企業、教育熱高く人口多いベトナム市場へ続々進出

2019/12/02 15:32 JST配信
Clip to Evernote
イメージ写真
イメージ写真 写真の拡大

 韓国の教育関連企業が、独自のコンテンツで続々ベトナム進出を果たしている。

 韓国で英語教育ブランド「ユン先生」のコンテンツ開発や販売を行うイノブリッジ(InnoBridge)は2019年1-6月期から、アニメーションで英語を学べる3~8歳児向けのコンテンツ「ユン先生ジャングルビート」の教材をベトナム全国の書店や小売店で販売開始する。

 また同コンテンツのキャラクターが登場する番組をベトナム国営テレビ(VTV)で、映画を韓国系シネマコンプレックス最大手CJ CGV(CJ CGV Vietnam=CGVベトナム)の劇場で、それぞれ放映する予定だ。

 教育関連システムの開発を手掛けるマースプレッソ(Mathpresso)は、アプリケーション「クァンタ(QUANTA)」をベトナムで提供している。学生が質問を投稿すると、現地有名大学出身の講師が答えるという内容。平均10分以内の迅速な回答とベトナム語でやり取りできる点が人気となっている。

 このほかピサン教育は10月、ハノイ市にあるグエンチャイ大学に韓国語eラーニング講義室を設置。同社の韓国語eラーニングシステム「KLaSS(Korean LAnguage Smart Solution)」と共に電子黒板、タブレットを導入した。

 同社は今後、同様の講義室を他大学にも設置していく。またリイド(Riiid)は9月から、米国の大学進学適性試験(SAT)向け学習を人工知能(AI)が管理してくれるアプリケーション「Santa SAT」をベトナムで試験運用している。有料化しての本格サービスは2019年1-6月期からの予定だ。

[エデュ東亜 09:48 11/25/2019, S].  © Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [経済]
地場フェニカー、路線バスアプリ「BusMap」を傘下に 150万USD出資 (4:43)
 地場コングロマリット(複合企業)フェニカーグループ(Phenikaa Group)は、路線バス情報の無料アプリ「バスマップ(BusMap)」を開発する地場スタートアップ企業バスマップ社(BusMap)に150万USD(約1億6500万円)を出...>> 続き
ビットコイン取引利益が高い国トップ25、ベトナムが13位 (16日)
 ブロックチェーン分析会社チェイナリシス(Chainalysis)はこのほど、2020年にビットコイン取引により最も利益を上げた国のランキングトップ25を発表した。  ベトナムの取引利益は4億USD(約440億円)で世界13...>> 続き
ホーチミン:旅行会社171社が市場撤退、新型コロナの影響続く (16日)
 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響が拡大していることを受け、ホーチミン市の旅行会社の2021年1~5月期の観光収入は前年同期の3割程度に縮小した。  これを背景に、旅行会社171社が営業許可証の取...>> 続き
ホーチミン証取とハノイ証取は海外投資家売り越し、UPCoMは買い越し 年初来データ (16日)
 地元紙のデータによると、年初から6月7日までの約5か月間におけるホーチミン証券取引所(HSX)・ハノイ証券取引所(HNX)・未上場公開株取引市場(UPCoM)での海外投資家による取引は、合わせて約31兆VND(約1480億円)...>> 続き
ベトナム英国自由貿易協定、商工省が原産地規則の通達を発出 (16日)
 商工省はこのほど、5月1日に発効したベトナムと英国の自由貿易協定(UKVFTA)における原産地規則を定める通達第2号/2021/TT-BCTを発出した。同通達は2021年7月26日に発効する。  同通達は5章と42条、8つの付...>> 続き
これより過去の記事は、経済記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2021 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited