ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 
から まで 記事/ページ

外貨準備高930億USDに増加、「為替操作国」認定のリスクも

2020/10/13 05:55 JST配信
Clip to Evernote

 グエン・フー・チョン共産党書記長 兼 国家主席は9日開催の第12回共産党全国大会の党中央執行委員会第13回会議の閉幕式で、経済社会開発状況について言及し、ベトナム国家銀行(中央銀行)の報告として外貨準備高(ゴールド含まず)が930億USD(約9兆9000億円)に増加したことを明らかにした。

 この数字は前年末比+18.7%増、2018年の1.7倍、2015年の3.3倍にも達している。

 グエン・スアン・フック首相はこれに先立つ9月4日開催の政府定例会合で、外貨準備高(ゴールド含まず)が920億USD(約9兆8000億円)となっており、年末までに1000億USD(約10.6兆円)となる見通しを発表した。

 中央銀行が直近1か月で外貨準備高を積み上げるため+10億USD(約1060億円)の外貨を買い入れた試算となる。

 中央銀行の相次ぐ外貨買い入れの動きに関連し、ベトナムが米国から調査を受けて「為替操作国」に認定される危機が高まっている。

 米国は、◇年間の対米貿易黒字、◇国内総生産(GDP)に対する経常黒字比率、◇一方的かつ継続的な為替介入の3つの指標に基づき、該当する国・地域を「為替操作国」に指定している。

 楽観的なシナリオでは、ベトナムが対象となる調査期間の12か月のうち6か月の間に為替介入がなかったことを証明できた場合、「為替操作国」に認定される危険性は軽減される。

 一方、悲観的なシナリオでは、対象期間の12か月のうち6か月の間にベトナムが為替介入を行ったと米国側が結論付けた場合、ベトナムは「為替操作国」に認定される。米国はこれを踏まえ、ベトナム産品に対する関税率を引き上げる形で制裁を科す。米国はベトナムにとって最大の輸出先国であるため、このシナリオが実現すれば、ベトナムは大きな損失を受けることになる。

[Nhip song Doanh nghiep 17:04 09/10/2020, A].  © Viet-jo.com 2002-2020 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [経済]
大手化粧品メーカーの業績、市場拡大で堅調な伸び (26日)
 ベトナムの化粧品市場は急速に拡大しており、年間売上高は15兆VND(約680億円)となっている。これを背景に、化粧品メーカーの業績も堅調に伸びており、年平均売上総利益率は30~80%に達している。  スウェ...>> 続き
ダナン:バクダン通りの歩行者天国化プロジェクトが着工 (26日)
 南中部沿岸地方ダナン市はこのほど、バクダン(Bach Dang)通り~グエンバンチョイ(Nguyen Van Troi)橋~チャンフンダオ(Tran Hung Dao)通りを結ぶ歩行者天国建設プロジェクトを着工した。  プロジェクトは歩...>> 続き
配車グラブ、新韓金融と覚書 スタートアップ育成支援 (26日)
 シンガポールを本拠地として東南アジア各国でタクシー配車・予約サービスを展開するグラブ(Grab)のベトナム現地法人であるグラブベトナム社(Grab Vietnam)と韓国の新韓金融グループはこのほど、ベトナムのスタ...>> 続き
バンブーキャピタル傘下BCGランド、ビンディン省で別荘区を着工 (26日)
 バンブーキャピタル[BCG](Bamboo Capital)の傘下で、不動産開発を手掛けるBCGランド(BCG Land)はこのほど、南中部沿岸地方ビンディン省クイニョン市で別荘区案件「カーサ・マリーナ・プレミアム・クイニョン(Ca...>> 続き
ブルースカイエア、一般航空運送事業許可書取り下げへ (26日)
 交通運輸省傘下のベトナム航空局(CAAV)は、ブルースカイエア(Blue Sky Air)の商業目的のゼネラル・アビエーション(一般航空)運送事業許可書を回収することを同省に提案した。  同社は2010年に一般航空運送...>> 続き
これより過去の記事は、経済記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2020 All Rights Reserved
運営:Verac Company Limited