ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

ホーチミン:港湾インフラ使用料を徴収、7月1日から

2021/06/18 03:39 JST配信
Clip to Evernote
(C) thanhnien
(C) thanhnien 写真の拡大

 ホーチミン市交通運輸局は、市内の港湾インフラ使用料の徴収を15日から試験的に展開し、7月1日から本格的に適用することを明らかにした。

 港湾インフラ使用料の徴収は、内陸水路港湾局の料金徴収システムで自動的に行われる。納付者は、税関機関の電子通関システムで申告した税関申告書の番号をシステムに入力することで、支払う料金が分かる。料金納付は現金ではなく、電子決済で行う。

 徴収した料金(手数料を除く)は、市の予算に納入し、港湾周辺の交通インフラ整備に充当される予定。2021~2025年におけるインフラ整備向けの充当金は16兆VND(約770億円)の計算となる。

[Thanh Nien 10:24 16/06/2021, A].  © Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [経済]
21~25年のGDP平均成長率+6.5~7%、国会決議 (29日)
 第15期(2021~2026年)第1回国会は27日午後、2021~2025年の経済社会発展計画の決議案を99.58%の賛成多数で採択した。  経済目標としては、◇5年間の国内総生産(GDP)平均成長率:+6.5~7.0%、◇2025年の1人...>> 続き
国会、21~25年の国家財政計画・公的債務に関する決議採択 (29日)
 国会は28日、2021年から2025年までの国家財政計画・公的債務の借入・返済に関する決議を採択した。  決議によると、2021年から2025年までの5年間の国家歳入は8300兆VND(約39兆7000億円)で、国家歳出は1京02...>> 続き
縫製業界の新規受注が低迷、新型コロナ第4波で生産活動に影響 (28日)
 4月末から広がった新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の第4波は、現在も全国で猛威を振るっており、中でも商都ホーチミン市が最も深刻な震源地と化している。この影響により、国内の縫製・繊維メーカーへの新...>> 続き
ビンファスト・グローバル、フォルクスワーゲンアメリカの元副会長を新社長に任命 (28日)
 地場系コングロマリット(複合企業)ビングループ[VIC](Vingroup)は傘下のビンファスト・グローバル(VinFast Global)の新社長に、独フォルクスワーゲン(Volkswagen)の米国法人フォルクスワーゲン・オブ・アメリカ...>> 続き
FPT、インターテック・インターナショナルに出資 アメリカ大陸で事業拡大 (28日)
 通信・IT分野最大手FPT情報通信[FPT](FPT Corporation)傘下のFPTソフトウェア(FPT Software)は、アメリカ大陸でのITソリューション・サービスやデジタルトランスフォーメーション(DX)の強化を目的に、米国アリ...>> 続き
これより過去の記事は、経済記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2021 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited