ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

直近20年間の1人当たり平均収入、増加率上位10省は?

2022/08/04 06:34 JST配信
(C) toquoc
(C) toquoc 写真の拡大

 2002年から2021年までの20年間における省・市別の国民1人当たりの平均収入に関する統計総局(GSO)の調査結果によると、平均収入ランキングで2002年に63省・市中41位だった北部紅河デルタ地方ビンフック省は、同期間に生活水準が大きく向上し、2021年に9位まで上昇した。ビンフック省の1人当たり平均収入は年+25~35%のペースで急伸し、20年間の年平均増加率ではトップに立った。

 1人当たり平均収入の年平均増加率が2番目に高かったのは北部紅河デルタ地方ハナム省で+20~36%、3番目は同ニンビン省で+30.4%だった。

 以下、◇北部紅河デルタ地方バクニン省:+30.2%、◇同ナムディン省:+30.1%、◇北中部地方タインホア省:+29.8%、◇北部紅河デルタ地方タイビン省:+29.4%、◇東南部地方ビンズオン省:+29.2%、◇北中部地方クアンビン省:+29.2%、◇東北部地方タイグエン省:+29.0%と続いた。

 同10省の1人当たり平均収入ランキングの順位の変化について、ビンフック省以外の9省も2002年と2021年を比べると順位を大きく上げている。具体的に、◇ハナム省:43位→12位、◇ニンビン省:44位→14位、◇バクニン省:24位→7位、◇ナムディン省:37位→11位、◇タインホア省:55位→30位、◇タイビン省:35位→13位、◇ビンズオン省:4位→1位、◇クアンビン省:57位→37位、◇タイグエン省:40位→25位に浮上した。

 2021年のみを見ると、1人当たり平均収入の増加率上位10省・市は、トップが北中部地方トゥアティエン・フエ省で+9.7%。以下、◇ニンビン省:+9.6%、◇南部メコンデルタ地方バクリエウ省:+8.7%、◇ハナム省:+8.5%、◇ナムディン省:+7.7%、◇東北部地方フート省:+7.7%、◇同ランソン省:+7.5%、◇西北部地方ライチャウ省:+7.2%、◇南部メコンデルタ地方カマウ省:+7.1%、◇東北部地方トゥエンクアン省:+7.0%となっている。

<2002~2021年の1人当たり平均収入の年平均増加率上位10省>

Clip to Evernote
[To Quoc 13:00 03/08/2022, A].  © Viet-jo.com 2002-2022 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [経済]
ベトナム民間企業トップ500「VPE500」、テーゾイジードン投資が首位 (12日)
 計画投資省傘下の国家経済社会予測情報センター(NCIF)とドイツの政治財団であるコンラート・アデナウアー・シュティフトゥング(Konrad Adenauer Stiftung=KAS)のベトナム事務所はこのほど、「ベトナム民間企業...>> 続き
アウディとスイスABB、ベトナムでのEV急速充電器設置で提携 (12日)
 スイスの電気自動車(EV)用充電器メーカー大手であるABBはこのほど、アウディ・ベトナム(Audi Vietnam)よりベトナムでのEV車「Audi e-tron GT」向け充電ソリューションのサプライヤーとして引き続き選ばれた。 ...>> 続き
HSBCベトナム、ベトナムの女性経営者支援基金を立ち上げ (12日)
 香港上海銀行ベトナム(HSBC Vietnam)はこのほど、ベトナムの女性が経営する事業者向けの支援基金を立ち上げた。  同プロジェクトにより、ベトナムの女性経営者が融資にアクセスし、国際的な女性リーダーネ...>> 続き
ガソリン価格、▲3.7%引き下げ 5回連続の値下げ (12日)
 商工省と財政省は11日午後3時、ガソリン、ディーゼル油(軽油)、灯油の販売価格を引き下げた。一方、重油の販売価格は据え置いた。  ガソリン価格は4月21日から7回連続で値上げされたが、7月に入って以降は5...>> 続き
ETC用タグの重複貼り付け相次ぐ、サービス提供会社2社が対立  (12日)
 7月下旬から各高速道路でノンストップ自動料金収受システム(Electronic Toll Collection System=ETC)のみによる通行料金徴収が始まったことを背景に、ETC用タグのサービスを提供する2社の間で競争をめぐる対立...>> 続き
これより過去の記事は、経済記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2022 All Rights Reserved