ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

日立造船、ホーチミンで生ごみを燃料源とした廃棄物発電事業を計画

2013/08/16 14:42 JST配信
Clip to Evernote

 日立造船株式会社(大阪市住之江区)と、株式会社サティスファクトリーインターナショナル(東京都中央区、以下、サティス)は、環境省の委託によりGEC(公益財団法人地球環境センター)が公募した「2013年度二国間オフセット・クレジット制度の構築に係る実現可能性等調査」において、ベトナムのホーチミン市を対象とした「卸売市場における有機廃棄物メタン発酵及びコージェネレーション(電気と熱を同時に発生させる熱電併給システムの総称)」を提案し、このほど採択された。

 同プロジェクトでは、主提案者の日立造船と共同実施者のサティスおよび日立造船グループで水処理事業を展開するアタカ大機株式会社(大阪市此花区)が、プロジェクトの実施計画・資金計画の確立と当該プロジェクトに適用可能な方法論の開発・申請を行い、二国間クレジット制度の具体的な運用とその拡大に寄与することを目的としている。

【プロジェクトの概要】
 ホーチミン市のBinh Dien卸売市場において発生する廃棄物の中から生ごみを分別収集し、市場内に設置するメタン発酵システムでバイオガスを回収する。回収したバイオガスはコージェネレーション設備で発電および熱回収を行い、同卸売市場へ供給する。また、メタン発酵後の残渣(ざんさ)からは堆肥および液肥を生産し、近隣農家へ供給する。

 同プロジェクトの実施により、埋め立て処分される有機廃棄物が削減されることで、埋め立て処分場から放出されるメタンガス量を削減し、また化石燃料の代替燃料としてバイオガスによる発電を行うことにより、温暖化対策としての効果が期待できる。

[2013年8月15日日立造船株式会社ニュースリリースU].  © Viet-jo.com 2002-2018 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [日系]
歴史学者の故ファン・フイ・レ氏に日本外務省が感謝状 (5:18)
 日本の外務省は、今年6月に死去したベトナムの著名な歴史学者である故ファン・フイ・レ氏に外務大臣感謝状を授与した。梅田邦夫駐ベトナム日本国特命全権大使がハノイ市の大使公邸で17日、日本政府を代表して河...>> 続き
JALとベトジェットエア、コードシェアを開始 (20日)
 日本航空株式会社(JAL、東京都品川区)と格安航空(LCC)ベトジェットエア[VJC](Vietjet Air)は、10月28日よりコードシェアを開始する。  JALとVJCは、VJCが運航するベトナム国内線の一部の路線と日本~ベトナ...>> 続き
花王、「ベトナム衛生プログラム」開始―清潔・衛生習慣の定着へ (19日)
 花王株式会社(東京都中央区)は、ベトナムにおける清潔・衛生習慣の定着に貢献するため、「ベトナム衛生プログラム」を開始した。このプログラムは、「衛生管理リーダー育成プログラム」「衛生奨学金制度」「学...>> 続き
三浦工業グループ会社、ベトナム駐在所を開設 (18日)
 産業用ボイラのトップメーカーである三浦工業株式会社(愛媛県松山市)のグループ会社ミウラシンガポール社(Miura Singapore)は1日、ベトナム駐在所をホーチミン市1区に開設した。  ミウラシンガポールは2008...>> 続き
環境システムのアマノ、ベトナム駐在員事務所を開設 (18日)
 環境システムやクリーンシステムなどの事業を手掛けるアマノ株式会社(神奈川県横浜市)の海外グループ会社であるアマノ・タイ・インターナショナル(Amano Thai International)は、ベトナム駐在員事務所をホーチ...>> 続き
これより過去の記事は、日系記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2018 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)