ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

在ベトナム日系企業の給与動向、役員クラス3500USD台に―ICONIC調査

2018/02/08 06:30 JST配信

 グローバル人材総合サービスを手掛けるICONIC(ホーチミン市)は、在ベトナム日系企業212社・303拠点を対象に実施した給与・昇給率動向に関するアンケート調査の2017-2018年版の結果を発表した。同調査は毎年末にベトナムの日系企業における給与・昇給率動向を定点観測する目的で行っているもので、今回で9年目となる。

 2017年のベトナム人管理職の給与について、課長クラスは1200USD(約13万1000円)程度で横ばい、部長クラスは1800USD(約19万6000円)程度で漸増、役員クラスは引き続き上昇し3500USD(約38万2000円)台となった。

 2015年以降、課長クラスの相場は1200USD(約13万1000円)程度に落ち着いており、2017年も大きく変動することなく相場が形成されてきた。部長クラスについては上昇幅が抑えられてきており、相場が固まりつつある。一方、役員クラスは相場上昇率+8.4%と引き続き相場上昇が続いている。

 ホワイトカラー非管理職では、主任クラスで620~1000USD(約6万8000~10万9000円)、一般クラスで330~710USD(約3万6000~7万7000円)、上限は引き続き1000USD(約10万9000円)程度となっている。

 また、ブルーカラーは班長で+1.2%、工員で+3.4%と微増にとどまり、班長の下限は260USD(約2万8000円)程度で横ばいだった。一方で、班長以上の最大の給与額水準が500USD(約5万5000円)超、工員の最大の給与額水準が300USD(約3万3000円)超に達するなど、最大の給与額水準はいずれの職位でも顕著に増加した。

Clip to Evernote
[2018年2月3日 ICONICニュースリリース A].  © Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [日系]
第7回日本・ベトナム環境政策対話、気候変動や海洋プラスチックごみ対策で協力 (26日)
 日本の環境省とベトナム資源環境省は東京で24日、第7回日ベトナム環境政策対話を開催した。日本からは山口壯環境大臣、小野洋地球環境局長ほか、ベトナムからはチャン・ホン・ハー資源環境相、ホアン・バン・ト...>> 続き
HIS、ドンアー大学と観光業発展・ホスピタリティ人材育成で基本協定を締結 (26日)
 株式会社エイチ・アイ・エス(HIS、東京都港区)は25日、日本貿易振興機構(ジェトロ)とベトナム計画投資省が共催した「ベトナム投資カンファレンス」で、「ベトナムの観光業の発展とホスピタリティ人材育成に関す...>> 続き
日本政府、ホーチミンの水環境改善に108億円の円借款 経済社会開発計画に5億円の無償資金協力も (26日)
 東京で24日、日本を公式訪問中のファム・ミン・チン首相と岸田文雄内閣総理大臣の立会いのもと、山田滝雄駐ベトナム日本国特命全権大使とボー・タイン・フン財政次官、グエン・ゴック・ドン交通運輸次官との間...>> 続き
塩野義製薬、感染症対策でベトナム保健省と基本合意書を締結 (26日)
 塩野義製薬株式会社(大阪市中央区)は、ベトナム保健省との間で新型コロナウイルス感染症(COVID-19)を含む感染症対策に関する基本合意書を締結した。  基本合意に基づき、ベトナム保健省、政府系総合商社AIC...>> 続き
日・ベトナム刑事共助条約に署名、犯罪対策の両国間協力を促進 (26日)
 24日、山田滝雄駐ベトナム日本国特命全権大使とレ・ミン・チー最高人民検察院検事総長との間で、「刑事に関する共助に関する日本国とベトナム社会主義共和国との間の条約(日・ベトナム刑事共助条約)」の署名が...>> 続き
これより過去の記事は、日系記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2021 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited