ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

オリンパス、生産をベトナムに集約―中国現法の操業停止

2018/05/09 05:09 JST配信
Clip to Evernote

 オリンパス株式会社(東京都新宿区)は、中国・深セン市にある同社の中国現地法人でデジタルカメラおよびデジタルカメラ用レンズユニットの製造を手掛けるオリンパス(深セン)インダストリアル(Olympus (Shenzhen) Industrial=OSZ)の操業を停止し、生産をオリンパスベトナム(Olympus Vietnam)に集約する。同社は7日、取締役会の決議後にOSZの操業を停止した。

 オリンパスは1991年12月、中国・深セン市にOSZを設立し、デジタルカメラ事業関連製品の製造を行ってきた。しかし、スマートフォンの普及に伴いデジタルカメラ市場が急激に縮小しており、OSZの稼働率が著しく低下したほか、設立から26年が経過し設備の老朽化も進み、OSZの競争力を維持することが極めて困難な状況となっている。

 同社はこれまで、デジタルカメラ事業関連製品をOSZとベトナムの東南部地方ドンナイ省ロンタイン工業団地にあるオリンパスベトナムの2拠点で生産してきたが、このたびOSZの操業を停止し、生産をオリンパスベトナムに集約することを決定した。これにより、生産効率と収益性の向上、デジタルカメラ事業のグローバルでの競争力強化を図る。

[2018年5月7日 オリンパス株式会社ニュースリリース A].  © Viet-jo.com 2002-2018 All Rights Reserved.  免責事項
最新ニュース [日系]
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2018 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)