ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

日本の看護師国家試験でベトナム人18人が合格、EPA累計89人に

2020/03/20 16:36 JST配信
Clip to Evernote
イメージ画像
イメージ画像 写真の拡大

 日本の厚生労働省が発表した第109回看護師国家試験結果によると、経済連携協定(EPA)に基づき日本が受け入れた看護師候補生の中から、ベトナム人18人が新たに看護師国家試験に合格した。これにより、初年の2015年から2020年までのベトナム人の累計合格者数は89人となった。

 今年のベトナム人の受験者数は第3期生(2016年度)が2人、第4期生(2017年度)が7人、第5期生(2018年度)が14人、第6期生(2019年度)が40人の計63人。

 ベトナム人の合格者数は第3期生が1人(合格率50.0%)、第4期生が3人(同42.9%)、第5期生が7人(同50.0%)、第6期生が7人(同17.5%)となっている。

 2015年には、ベトナム人看護師候補第1期生として受験した20人のうち1人が合格を果たし、日本で初のベトナム人看護師が誕生した。2016年には14人、2017年には15人、2018年には18人、2019年には23人が新たに合格している。

 第109回看護師国家試験の全体の受験者数は6万5569人、合格者数は5万8514人で、合格率は89.2%だった。EPA(ベトナム、フィリピン、インドネシア)全体の受験者数は413人、合格者数は46人、合格率は11.1%。合格者を国籍別に見ると、ベトナムが18人、フィリピンが16人、インドネシアが12人となっている。

 なお、日本と同3か国のEPAでは、看護師・介護福祉士国家資格の取得を目的として看護師候補者は最大3年間、介護福祉士候補者は最大4年間の日本入国・滞在を認めている。ベトナムについては2014年度から候補者の受け入れを行っており、介護福祉士国家試験では初年の2018年に89人、2019年に93人が合格した。

[2020年3月19日 厚生労働省報道発表資料 A].  © Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [日系]
ENEOS、ペトロリメックス株の購入予告 保有率2.94%に (2:07)
 石油製品の精製および販売などを手掛けるENEOS株式会社(エネオス、東京都千代田区)は、ベトナムの石油ディーラー最大手ペトロリメックス[PLX](Petrolimex)株の購入予告を行い、PLX株の保有比率を現在の1%から2...>> 続き
ユニクロ、ホーチミン4号店を3月5日オープン 10区バンハインモール (24日)
 カジュアルブランド「ユニクロ(UNIQLO)」は3月5日、ホーチミン市10区にある「バンハインモール(Van Hanh Mall)」に新店舗をオープンする。  新店舗「ユニクロ・バンハイン店(UNIQLO Van Hanh)」は、ホーチ...>> 続き
四国銀行、大垣共立銀行グループとベトナムビジネスマッチング契約締結 (23日)
 四国銀行(高知県高知市)は22日、大垣共立銀行(岐阜県大垣市)のベトナム現地法人子会社 OKBコンサルティング・ベトナム(OKB Consulting Vietnam、ハノイ市)との間で、ビジネスマッチング契約を締結した。  ...>> 続き
EPAで訪日のベトナム人看護師・介護福祉士候補者の滞在期間を延長 (22日)
 日本政府は19日の閣議で、経済連携協定(EPA)に基づくベトナム人、インドネシア人、フィリピン人看護師・介護福祉士候補者の滞在期間の延長に関する決定を行った。  この決定により、EPAに基づき2018年度お...>> 続き
JFE商事、ハイフォンで第2工場を稼働開始 2か所目のコイルセンター (19日)
 鉄鋼製品の加工・販売などを手掛けるJFE商事(東京都千代田区)のコイルセンターであるJFE商事スチール・ハイフォン(JFE Shoji Steel Hai Phong=JSHP、北部紅河デルタ地方ハイフォン市)が建設を進めていた第2工...>> 続き
これより過去の記事は、日系記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2021 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited