ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

草ストロー販売のHAYAMIとNGOのVIRI、農村開発支援で協業

2020/10/09 02:23 JST配信
(C) HAYAMI
(C) HAYAMI 写真の拡大

 完全生分解性・自然由来の「HAYAMIの草ストロー」を輸入販売する合同会社HAYAMI(神奈川県相模原市)は7日、ベトナムの農村支援を行う非政府組織(NGO)であるベトナム農村産業研究開発研究所(Vietnam Rural Industries Research and Development Institute=VIRI)との間で、ベトナムの草ストロー栽培地の農村開発支援に向けた協業を発表した。

 HAYAMIは、VIRIの協力のもと、草ストローの原料となるレピロニアを栽培するホーチミン市郊外の農村地域において、農村開発や欠陥品の再利用、草ストローの売り上げの一部を活用した教育支援など多角的な支援を計画している。また、将来的には官民学のプロジェクトなども視野に入れている。

 VIRIは1997年にベトナム民族学人類学協会によって設立され、ベトナム科学技術省により認可されたNGO。各国の関係機関や国連などと協力しながら、手工芸品、家具、農業分野のマスタープランと国家輸出戦略を構築している。

 これまでにベトナム国内53省で実施した100以上の研究開発プロジェクトから、50種類以上の製品群が誕生。200以上の生産者団体で雇用を創出し、収入の向上と安定を実現している。経済的な問題を解決することで、家庭内の生活環境の改善だけでなく、女性のエンパワーメント、文化保護、環境保護なども視野に入れたサポートを行っている。

 一方、HAYAMIは代表である東京農業大学国際食料情報学部2年の大久保夏斗氏ら3人の若者によって立ち上げられた。ホーチミン市郊外において、無農薬、保存料不使用、無添加で製造される草ストローの輸入販売を手掛けており、2020年10月7日現在、日本全国で導入店舗数110店舗を突破している。

Clip to Evernote
[2020年10月7日 合同会社HAYAMIニュースリリース A].  © Viet-jo.com 2002-2022 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [日系]
ベトナムのホワイトカラー人材紹介市場、1~3月期の動向 (19日)
 世界11か国で人材紹介事業を展開する株式会社ジェイエイシーリクルートメント(東京都千代田区)は、2022年1~3月期におけるベトナムのホワイトカラー人材紹介市場の動向を発表した。  アジア経済はポストコ...>> 続き
モスフード、ベトナムから特定技能資格者14人受け入れ 在留期間終了後もアジア店舗で就業へ (19日)
 モスバーガーを展開する株式会社モスフードサービス(東京都品川区)は17日、ベトナムから訪日した14人と日本国内で採用した2人を含む合計16人による「ベトナムカゾク(Vietnam kazoku)」1期生の開講式を実施した...>> 続き
日立製作所、ベトナムポストとベトクレジットと協業 新たな金融サービス確立へ (17日)
 株式会社日立製作所(東京都千代田区)は、ベトナム郵便総公社(ベトナムポスト=Vietnam Post)およびベトナムの消費者金融機関であるベトクレジット(VietCredit Finance Company)と、ベトナムでの新たな金融サー...>> 続き
ベンチャーキャピタルAngel Box、 ベトナムで医療用アプリ開発のLea Bioに出資 (16日)
 投資および投資先への事業支援を手掛ける株式会社Angel Box(東京都港区)は、ベトナムを中心に医療用アプリの開発・提供を行うLea Bio株式会社(神奈川県藤沢市)に出資した。出資額は明らかにされていない。 ...>> 続き
メディハブ、地場大手不動産会社サニーワールドと戦略的協力協定を締結 (13日)
 日本医療の海外展開事業やインバウンド事業を手掛けるMedi Hub株式会社(メディハブ、東京都渋谷区)は2日、日越外交関係樹立50周年に向けた日本とベトナムの投資促進協力を強化する目的の一環として、ベトナムの...>> 続き
これより過去の記事は、日系記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2022 All Rights Reserved