ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

草ストロー販売のHAYAMIとNGOのVIRI、農村開発支援で協業

2020/10/09 02:23 JST配信
Clip to Evernote
(C) HAYAMI
(C) HAYAMI 写真の拡大

 完全生分解性・自然由来の「HAYAMIの草ストロー」を輸入販売する合同会社HAYAMI(神奈川県相模原市)は7日、ベトナムの農村支援を行う非政府組織(NGO)であるベトナム農村産業研究開発研究所(Vietnam Rural Industries Research and Development Institute=VIRI)との間で、ベトナムの草ストロー栽培地の農村開発支援に向けた協業を発表した。

 HAYAMIは、VIRIの協力のもと、草ストローの原料となるレピロニアを栽培するホーチミン市郊外の農村地域において、農村開発や欠陥品の再利用、草ストローの売り上げの一部を活用した教育支援など多角的な支援を計画している。また、将来的には官民学のプロジェクトなども視野に入れている。

 VIRIは1997年にベトナム民族学人類学協会によって設立され、ベトナム科学技術省により認可されたNGO。各国の関係機関や国連などと協力しながら、手工芸品、家具、農業分野のマスタープランと国家輸出戦略を構築している。

 これまでにベトナム国内53省で実施した100以上の研究開発プロジェクトから、50種類以上の製品群が誕生。200以上の生産者団体で雇用を創出し、収入の向上と安定を実現している。経済的な問題を解決することで、家庭内の生活環境の改善だけでなく、女性のエンパワーメント、文化保護、環境保護なども視野に入れたサポートを行っている。

 一方、HAYAMIは代表である東京農業大学国際食料情報学部2年の大久保夏斗氏ら3人の若者によって立ち上げられた。ホーチミン市郊外において、無農薬、保存料不使用、無添加で製造される草ストローの輸入販売を手掛けており、2020年10月7日現在、日本全国で導入店舗数110店舗を突破している。

[2020年10月7日 合同会社HAYAMIニュースリリース A].  © Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [日系]
ホンダベトナム、新社長に二輪事業企画部長の三原氏が就任 (20日)
 ホンダの二輪事業本部事業企画部長を務めていた三原大樹氏がこのほど、ホンダベトナム(Honda Vietnam)の新社長に就任した。前任は鶴薗圭介氏。  ベトナム現地紙によると、三原氏は1969年生まれ。2004年にホ...>> 続き
長崎大学、ベトナムで「目の健康プロジェクト」実施 JICA草の根技術協力事業に採択 (19日)
 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科は、国際協力機構(JICA)の「2020年度草の根技術協力事業」の草の根協力支援型に「ベトナムにおけるアイバンク事業を中心とした目の健康プロジェクト」を申請し、このほど採択...>> 続き
デジタルハーツ子会社、ベトナムに「ジャパンチーム」結成 日本企業向け開発支援 (19日)
 株式会社デジタルハーツホールディングス(東京都新宿区)の子会社であるロジギア(LogiGear)グループは4月、ベトナムに日本企業専属のソフトウェア開発支援チーム(ジャパンチーム)を結成し、ベトナムにおけるソフ...>> 続き
グランソール奈良、ハノイ医科大学病院とオンライン診療で提携 (19日)
 奈良県宇陀市にあるグランソール奈良は16日、ハノイ医科大学付属病院(ハノイ市)との間で、オンライン診療の提携にかかる覚書を締結した。  グランソール奈良は2015年よりハノイ医科大学に「がん免疫細胞治...>> 続き
ファーマフーズ、ベトナムで妊婦の栄養改善プロジェクト始動 葉酸たまごの海外販売拡大へ (13日)
 機能性食品素材の開発・販売などを手掛ける株式会社ファーマフーズ(京都市西京区)は、国際協力機構(JICA)との間で「ベトナム国妊婦の栄養改善に資する葉酸たまごの販売促進にかかる基礎調査」に関する業務委託...>> 続き
これより過去の記事は、日系記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2021 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited