ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

汚職の裁判始まる、ホーチミン前トップのタン被告ら出廷

2018/01/10 06:45 JST配信
Clip to Evernote
(C) vnexpress
(C) vnexpress 写真の拡大

 紅河デルタ地方タイビン省の第2タイビン火力発電所建設案件に関するペトロベトナムグループ(PVN)傘下のペトロベトナム建設[PVX](Petro Vietnam Construction、通称:PVC)における規定違反・公的資産横領事件で、ハノイ市人民裁判所は8日、裁判を開始した。裁判は21日まで続く見通し。

 この裁判には同事件に関与した被告22人が出廷する。裁判の初日となった8日は最高人民検察院が起訴状を読み上げ、9日から被告人らの尋問の部に入った。

 「経済管理に関する国家規定に意図的に違反し甚大な損害をもたらした罪」に問われているホーチミン市共産党委員会元書記のディン・ラ・タン被告(男・57歳)は尋問で、同発電所案件を早期に成功させるためPVN会長として請負業者にPVXを違法に指定した自分の決定は時期尚早だったと供述し、罪を認めた。

 同被告の指導により、PVN傘下で同発電所案件を直接展開するPVパワー(PV Power)は前払い金としてPVXに660万USD(約7億5000万円)と1兆3000億VND(約65億円)を支払った。財務状況が脆弱だったPVXは、その資金の一部を債務返済に充てるなどして同案件以外の目的に使用した。既に1兆0870億VND(約55億円)が回収されているが、1190億VND(約6億円)は損失となっている。

 タン被告は同事件で最大の責任を負うものとされ、禁固20年の判決を言い渡される可能性がある。一方、PVX元会長チン・スアン・タイン被告(男・51歳)は、「経済管理に関する国家規定に意図的に違反し甚大な損害をもたらした罪」と「公的資産横領罪」の両方に問われており、「公的資産横領罪」の最大の量刑は死刑だ。

 なお、改正刑事法(刑事法2015年版、2018年1月1日施行)では、被告人が不正行為により獲得した資産の4分の3以上を返却した場合、死刑を免れることになっている。

[Vnexpress, 9/1/2018 | 09:38 GMT+7, A].  © Viet-jo.com 2002-2018 All Rights Reserved.  免責事項
最新ニュース [政治]
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2018 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)