ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

ホーチミン:ひったくり取り締まり隊が正式発足

2017/02/02 06:38 JST配信
Clip to Evernote
(C) vnexpress
(C) vnexpress 写真の拡大

 ホーチミン市内でひったくりが横行していることを受け、同市警察は1月25日、社会秩序犯罪捜査局(PC45)傘下のひったくり取り締まり隊「SBC(San Bat Cuop=ひったくり狩猟)」を正式に発足した。式典には、ディン・ラ・タン共産党政治局員兼同市党委書記らが出席した。

 SBCの隊員は、パトロールやひったくり犯の識別、バイクの運転、射撃、武術、取り押さえなどのスキルのほか、外国語の訓練も受けている。まずは7区、8区、ビンタン区、ビンチャイン郡、ニャーベー郡などひったくりが多く発生している5つの区・郡で試験的に活動する。試験期間を経て本格展開し、全市に活動を拡大する予定だ。

 同市では、1978年3月にも当局がひったくり取り締まり隊SBCを発足。1975年のサイゴン陥落後、同市は治安が悪化し、1978年までの3年間に4万5000件もの刑事事件が発生、170人近くの市民が犯罪者に殺されたという。こうした中で発足したのがSBCだった。

 公務執行中、2発の威嚇発砲でも降伏しない犯罪者を撃つことができるほか、危険な武器で対抗してくる犯罪者については威嚇発砲せずに射殺することができたため、市内の治安はやがて落ち着きを取り戻した。その後SBCは解散し、PC45特殊偵察隊がバトンを引き継いだ。

[Vnexpress, 25/1/2017 11:00 GMT+7, A].  © Viet-jo.com 2002-2020 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [社会]
国境越え出産、生活苦でお腹の我が子を売る女性たち (30日)
 当局が取り締まりを強化している中をすり抜けて、現在も中国との国境の地域では人身売買が横行している。妊婦が出産前からお腹の中の胎児の売買取引をするケースも珍しくない。  北中部地方ゲアン省キーソ...>> 続き
ホーチミン:東京のネオン街をイメージした居酒屋街が若者の間で人気 (30日)
 東京のネオン街をイメージした居酒屋街「チルタウン(Chill Town)」が昨年末にホーチミン市トゥードゥック区リンチエウ地区トービンジエン通り07A番地(07A To Vinh Dien, Linh Chieu, Thu Duc)にオープンして若...>> 続き
新型コロナ新規感染なし、327人から変わらず (29日)
 保健省の29日午前6時の発表によると、ベトナム国内の新型コロナウイルス感染者数は計327人で、前日から変わっていない。海外からの入国者を除く国内での新規感染は43日間続けてゼロ人となっている。これまでに...>> 続き
ホーチミン:第175病院傘下の整形外科病院、国際科を開設 (29日)
 国防省傘下の第175軍隊中央病院(通称:第175病院、ホーチミン市ゴーバップ区)は27日、同病院傘下の整形外科病院に国際科を開設した。  国際科では、患者に対して包括的な治療・ケアサービスを提供するほか...>> 続き
クラスター発生の「ブッダ・バー」が店名変更 仏教徒からの抗議で (29日)
 ホーチミン市在住の欧米人の間で人気を集めていた2区タオディエン街区の「ブッダ・バー(Buddha Bar)」は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のクラスター発生を起こしたことで経営上の打撃を被った。これに加...>> 続き
これより過去の記事は、社会記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2020 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)