ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

金正男氏殺害:高裁への審理移管手続きを5月に延期、書類不備で

2017/04/14 05:11 JST配信
Clip to Evernote
(C) tuoitre
(C) tuoitre 写真の拡大

 北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄にあたる金正男(キム・ジョンナム)氏が2月13日に滞在先のマレーシアで殺害された事件で、マレーシアの首都クアラルンプール郊外のセパン裁判所で13日午前、実行犯として殺人罪で起訴されたベトナム人とインドネシア人の被告2人の審理を高等裁判所へ移管する手続きが行われた。

 被告2人は防弾チョッキを着用して特殊警察により裁判所に護送された。しかし、裁判所は検察側の書類の不備を理由として、高裁への審理移管手続きを延期し、5月30日に改めて行うこととした。

 今回の事件で逮捕されたベトナム人のドアン・ティ・フオン被告は、拘置所に護送される前に弁護人や通訳者、駐マレーシア・ベトナム大使館の代表者に謝辞を述べた。同被告は事件について、「ドッキリ番組の撮影だと思い込んでいた」とし、「自分は利用された」と主張している。

 同被告の弁護人2人は報道陣に対し、「複数の有利な証拠を手にしているが、今の段階ではまだ公開できない」とコメントした。同被告とインドネシア人被告の弁護人は捜査当局に対し、事件現場を撮影した動画や駐マレーシア北朝鮮大使館に身を隠した北朝鮮人容疑者3人の供述記録などの資料を提供するよう要請したが、捜査当局はこれに応じていない。

 フオン被告は、4回にわたり行われた駐マレーシア・ベトナム大使館との面会で、家族の安全を考慮し、家族が彼女に会いにマレーシアを訪れることを望まない意を伝えるよう依頼していた。こうした中、同被告の実父がマレーシアを訪れたというが、裁判所には姿を現さなかった。

[Vnexpress, 13/4/2017 06:41 GMT+7, A].  © Viet-jo.com 2002-2019 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [社会]
ホーチミン:6月から家庭ごみの分類を義務化 (16:05)
 ホーチミン市人民委員会はこのほど、家庭ごみの分類に関する規定を公布した。それによると、ホーチミン市民は2019年6月1日から家庭ごみを捨てる際の分類が義務付けられることになった。  個人および世帯は...>> 続き
客を国外逃亡させた旅行会社は罰金9000万VNDと営業停止 (15:11)
 グエン・スアン・フック首相はこのほど、旅行会社に対する罰則について規定した政令第45号/2019/ND-CPを公布した。それによると、各旅行会社が顧客を国外逃亡させた、または逃亡目的の顧客をベトナムに滞在させ...>> 続き
ベトテル、ネット固定回線の通信速度を2倍に―料金据え置き (13:59)
 国防省傘下ベトナム軍隊工業通信グループ(ベトテル=Viettel)は、同社のインターネット固定回線サービスの契約者を対象に、料金据え置きで通信速度を2倍に引き上げるプロモーションを行うと発表した。プロモー...>> 続き
チュングエン会長夫婦の泥沼離婚裁判、国家主席に妻が援助要請 (6:52)
 国内大手コーヒーメーカーのチュングエングループ(Trung Nguyen Group)の会長を務めるダン・レ・グエン・ブー氏(48歳)と妻のレ・ホアン・ジエップ・タオ女史(46歳)の離婚裁判で、タオ女史はグエン・フー・チョ...>> 続き
バンロン湿地自然保護区、ベトナム9番目のラムサール条約湿地に (5:37)
 紅河デルタ地方ニンビン省のバンロン(Van Long)湿地自然保護区が、ラムサール条約湿地に認定された。バンロン湿地自然保護区は、世界で2360か所目、ベトナム国内で9か所目のラムサール条約湿地となった。  ...>> 続き
これより過去の記事は、社会記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2019 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)