ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

ホーチミン:2017~2020年のスマートシティ開発計画案を発表

2017/11/28 04:41 JST配信
Clip to Evernote
(C) vnexpress
(C) vnexpress 写真の拡大

 ホーチミン市当局は26日、2025年までを視野に入れた2017-2020年期スマートシティ(環境配慮型都市)開発計画案を発表した。これが実現すれば、経済発展の促進や生活環境の向上、市民・企業向けサービスの向上、市政府の監視への市民参加などが可能になる見通しだ。

 スマートシティの実現に向けて、市は事業用のデータベースとデータ共用システムを構築する。さらに、同事業に直接携わるスマートシティ管制センターや、社会経済開発戦略を策定するためのシミュレーション予測研究センター、インテリジェントオペレーションセンター、情報セキュリティセンターなどを建設する。

 スマートシティの導入により、市民は電子チケットで交通システムを手軽に利用できるほか、駐車や各種料金支払いもより一層簡単になる。医療分野では患者のカルテを電子化し、必要なときに各医療施設の間で共有することができる。

 このほか、トレーサビリティ(流通経路追跡可能性)、雨量や冠水箇所などの確認、オンライン公的サービスの充実も可能となる。まずは、1区、12区、2区トゥーティエム新都市で試験的に導入する。

 同市公安局はスマートシティの一環として、警察管制センター建設計画案を発表した。同計画では、人間の顔と車両のナンバープレートを識別して移動ルートなどを分析し、異常事態を発見できる機能を搭載した監視カメラシステムを設置する。まずは空港やバスターミナル、船着場、公園、商業施設など人の出入りの多い地域、また治安の悪い地域で導入する。

[Vnexpress, 26/11/2017 00:00 GMT+7, A].  © Viet-jo.com 2002-2019 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [社会]
李朝の子孫が韓国に建てた忠孝堂、周囲にベトナムタウン造成へ (6:01)
 韓国慶尚北道奉化(キョンサンブクド・ポンファ)郡が、ベトナムのリー(李)朝(1009~1225年)とゆかりある忠孝堂(チュンヒョダン)の周辺地域で「ベトナムタウン」の造成を推進している。2020年から24年まで、約422...>> 続き
ビンズオン省:2800基の無縁墓、戦死者の可能性調査へ (5:17)
 東南部地方ビンズオン省バウバン郡ライウエン町(thi tran Lai Uyen, huyen Bau Bang)の2か所の墓地には、長年手入れする人もなく雑草が生い茂り、名前の刻まれていない墓石の並んだ場所がある。ドンソー(Dong S...>> 続き
ベトナム初の5つ子ちゃん、小学校に入学―送り迎えは2往復 (14日)
 8月末、ホーチミン市5区に住むベトナム初の5つ子ちゃんがレーバンタム小学校に入学した。無作為のクラス分けだったが、不思議なことに5つ子ちゃんのうちフインくん、デくん、ロックくんの男の子3人は1年2組に、...>> 続き
ホーチミン:市場の一角で創業70年、深夜2時開店のこだわり露店カフェ (14日)
 ホーチミン市5区のフンフン(Phung Hung)市場に軒を並べる衣料品や飲食店の間に、小さな露店カフェ「バールー(Ba Lu)」がある。69年の間、毎朝2時から営業している。  「父が亡くなってからは僕ら姉弟で店を...>> 続き
「ベトナムフェスタin神奈川2019」閉幕、日越アーティストのステージなど大盛況 (13日)
 神奈川県で6日から8日にかけて「ベトナムフェスタin神奈川2019」が開催され、台風が近付く不安定な天気の中、各地から訪れた多くの人々がベトナムの飲食や音楽、伝統文化を楽しんだ。  6日は事業関係者が対...>> 続き
これより過去の記事は、社会記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2019 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)