ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

ホーチミン:2017~2020年のスマートシティ開発計画案を発表

2017/11/28 04:41 JST配信
Clip to Evernote
(C) vnexpress
(C) vnexpress 写真の拡大

 ホーチミン市当局は26日、2025年までを視野に入れた2017-2020年期スマートシティ(環境配慮型都市)開発計画案を発表した。これが実現すれば、経済発展の促進や生活環境の向上、市民・企業向けサービスの向上、市政府の監視への市民参加などが可能になる見通しだ。

 スマートシティの実現に向けて、市は事業用のデータベースとデータ共用システムを構築する。さらに、同事業に直接携わるスマートシティ管制センターや、社会経済開発戦略を策定するためのシミュレーション予測研究センター、インテリジェントオペレーションセンター、情報セキュリティセンターなどを建設する。

 スマートシティの導入により、市民は電子チケットで交通システムを手軽に利用できるほか、駐車や各種料金支払いもより一層簡単になる。医療分野では患者のカルテを電子化し、必要なときに各医療施設の間で共有することができる。

 このほか、トレーサビリティ(流通経路追跡可能性)、雨量や冠水箇所などの確認、オンライン公的サービスの充実も可能となる。まずは、1区、12区、2区トゥーティエム新都市で試験的に導入する。

 同市公安局はスマートシティの一環として、警察管制センター建設計画案を発表した。同計画では、人間の顔と車両のナンバープレートを識別して移動ルートなどを分析し、異常事態を発見できる機能を搭載した監視カメラシステムを設置する。まずは空港やバスターミナル、船着場、公園、商業施設など人の出入りの多い地域、また治安の悪い地域で導入する。

[Vnexpress, 26/11/2017 00:00 GMT+7, A].  © Viet-jo.com 2002-2019 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [社会]
米国、ビエンホア空港のダイオキシン除染プロジェクトを始動 (6:40)
 ベトナム国防省防空・空軍部隊と米国国際開発庁(USAID)は20日、東南部地方ドンナイ省ビエンホア空港のダイオキシン除染プロジェクトを始動した。ビエンホア空港はベトナム戦争によるダイオキシン汚染が最も深刻...>> 続き
ベトナム最年少准教授、米国最難関大学の教授に任命 (4:14)
 ハノイ医科大学予防医学・公共医療研究所のチャン・スアン・バック准教授はこのほど、米国メリーランド州ボルチモアにあるジョンズ・ホプキンス大学の教授(兼任)に任命された。同氏は1984年生まれの35歳で、同...>> 続き
高級ブランド偽造品販売サイトを摘発、売上総額200億VND超 (3:26)
 公安省ハイテク犯罪防止警察局およびネットセキュリティ局は20日、高級ブランドの偽造品を販売していた2つのウェブサイトを摘発したことを明らかにした。  摘発されたウェブサイト「menshop79.com」および...>> 続き
ベトナム、国内初のプラスチックごみのリサイクル道路を建設へ (22日)
 紅河デルタ地方ハイフォン市のDEEP C(ディープシー)工業団地内で、プラスチックごみをリサイクルして作る道路建設プロジェクトがスタートした。プラスチックの大量生産と廃棄は国際的な問題となっており、これ...>> 続き
ベトナムとソウルの弁護士協会、戦争被害調査を韓国政府に要求 (22日)
 ベトナム弁護士協会と韓国のソウル弁護士協会は17日、ベトナム戦争でベトナムが受けた被害の調査を行い、それに基づいて戦争被害者に対する正当な賠償を実施するよう韓国政府に要求する共同声明を発表した。 ...>> 続き
これより過去の記事は、社会記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2019 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)