ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

EPAで訪日のベトナム人看護師・介護福祉士候補者の滞在期間を延長

2019/02/25 06:08 JST配信
(C) anninhthudo
(C) anninhthudo 写真の拡大

 日本政府は22日の閣議で、経済連携協定(EPA)に基づくベトナム人、インドネシア人、フィリピン人看護師・介護福祉士候補者の滞在期間の延長に関する決定を行った。

 この決定により、EPAに基づき2016年度および2017年度に日本へ入国した同3か国の看護師・介護福祉士候補者のうち、日本滞在期間中の最後の国家試験で不合格になった者について、一定の条件に該当した場合に追加で1年間の滞在期間延長を認める。

 これにより、日本滞在期間中に国家試験を受験する機会が増えることから、合格者の増加につながることが期待される。

 なお、日本と同3か国のEPAでは、看護師・介護福祉士国家資格の取得を目的として看護師候補者は最大3年間、介護福祉士候補者は最大4年間の日本入国・滞在を認めている。

 ベトナムについては2014年度から候補者の受け入れを行っており、看護師国家試験では初年の2015年に1人、2016年に14人、2017年に15人、2018年に18人の計48人が合格。介護福祉士国家試験では初年の2018年に89人が合格している。

Clip to Evernote
[2019年2月22日 外務省報道発表 A].  © Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [社会]
新型コロナ:28日の市中感染4583人、他にホーチミンの3417人が抗原検査陽性 (28日)
 保健省の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する28日の発表によると、34省・市で市中感染者4583人が新たに確認された。海外からの入国者6人も陽性となった。  また、ホーチミン市の感染リスクが「高い...>> 続き
気候変動による水没リスクが高いアジア10都市、ベトナムから2都市がリスト入り (28日)
 米国ニュース専門放送局CNBCはこのほど、2070年までの気候変動による水没・洪水リスクが最も大きいアジア10都市のリストを発表した。この中には、ベトナムの商都ホーチミン市と北部紅河デルタ地方ハイフォン市...>> 続き
ハノイ:28日から屋外スポーツ活動やショッピングセンターの営業を再開 (28日)
 ハノイ市人民委員会は27日午後、直近4日間で市中感染が確認されなかったことを受け、社会的隔離措置の更なる緩和を決定した。同日付で公布された公文書によると、28日以降、屋外でのスポーツ活動やショッピング...>> 続き
ホーチミン:10月1日から社会的隔離措置を大幅緩和、再開可能な事業・活動計画案 (28日)
 ホーチミン市人民委員会のレ・ホア・ビン副主席は、ニューノーマル(新常態)に向けた社会的隔離措置の緩和に関する計画案を発表し、同市直轄トゥードゥック市と各区・郡の自治体の意見聴取を行っている。10月1日...>> 続き
英アストラゼネカ製ワクチン130万回分、保健省に引き渡し (28日)
 保健省がベトナムワクチン株式会社(VNVC)を通じて英国の製薬大手アストラゼネカ(AstraZeneca)から購入した新型コロナウイルスワクチン合計3000万回分のうち131万7500回分が、24日にホーチミン市タンソンニャッ...>> 続き
これより過去の記事は、社会記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2021 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited