ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

エレベーター内で女子大生に無理やりキスした男に罰金20万VND―軽すぎる処分に批判

2019/03/22 20:18 JST配信
Clip to Evernote
(C) tienphong
(C) tienphong 写真の拡大

 3月4日午後10時ごろ、ハノイ市タインスアン区レバンルオン通りにあるゴールデンパームビルのエレベーター内で、市内の大学に通う20歳の女子大生P・H・Vさんが男に無理やりキスされるという事件が発生した。地元警察はその後、痴漢行為を働いた男に罰金20万VND(約960円)を科したが、被害者女性が受けた恐怖と精神的苦痛に比べて処分が軽すぎるとして、事件後も大きな波紋を呼んでいる。

 この事件の加害者は、紅河デルタ地方ハイフォン市出身のドー・マイン・H(37歳)。偶然エレベーターに乗り合わせたVさんに携帯電話の番号を聞き出そうと話しかけた。断られると、Vさんを隅に追い込んで、嫌がるVさんに抱きついて無理やりキスを迫った。犯行の様子は、エレベーター内の監視カメラに一部始終が写っており、事件後にネットで拡散し、男の卑劣な行為に非難の声が殺到した。

 幸いなことに、すぐにエレベーターのドアが開いたので、Vさんは外に逃げ出すことができ、警察に被害を届け出た。事件後、地元警察は容疑者をHに特定。2度にわたる出頭要請の末、事件の4日後になって男はようやく警察署に出頭し、監視カメラに写っているのが自分だと認めたので、地元警察は法律に基づいてHを20万VNDの罰金処分とした。法律によると、こうした言動により他人の名誉および尊厳を損なう行為には、10万~30万VND(約480~1440円)の罰金が下されることになっている。

 自分を襲った男への処分があまりにも軽いことにショックを受けたVさんは、こうした事件を未然に防ぐためにも、警察には男への重い処分を望むとしているが、現行の法律ではこれ以上の罰金を科すのが難しい状況だ。しかし、Vさんは事件のことを早く忘れたいとも考えており、裁判をする意思はないとのこと。

 なお、今回のわいせつ行為に対する刑罰が驚くほど軽いことについては、国内外のメディアでも大きく取り上げられており、ベトナム社会における性犯罪に対する認識の低さなどが指摘されている。

 

[TIENPHONG 21/03/2019 06:01 U].  © Viet-jo.com 2002-2019 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [社会]
米国、ビエンホア空港のダイオキシン除染プロジェクトを始動 (6:40)
 ベトナム国防省防空・空軍部隊と米国国際開発庁(USAID)は20日、東南部地方ドンナイ省ビエンホア空港のダイオキシン除染プロジェクトを始動した。ビエンホア空港はベトナム戦争によるダイオキシン汚染が最も深刻...>> 続き
ベトナム最年少准教授、米国最難関大学の教授に任命 (4:14)
 ハノイ医科大学予防医学・公共医療研究所のチャン・スアン・バック准教授はこのほど、米国メリーランド州ボルチモアにあるジョンズ・ホプキンス大学の教授(兼任)に任命された。同氏は1984年生まれの35歳で、同...>> 続き
高級ブランド偽造品販売サイトを摘発、売上総額200億VND超 (3:26)
 公安省ハイテク犯罪防止警察局およびネットセキュリティ局は20日、高級ブランドの偽造品を販売していた2つのウェブサイトを摘発したことを明らかにした。  摘発されたウェブサイト「menshop79.com」および...>> 続き
ベトナム、国内初のプラスチックごみのリサイクル道路を建設へ (22日)
 紅河デルタ地方ハイフォン市のDEEP C(ディープシー)工業団地内で、プラスチックごみをリサイクルして作る道路建設プロジェクトがスタートした。プラスチックの大量生産と廃棄は国際的な問題となっており、これ...>> 続き
ベトナムとソウルの弁護士協会、戦争被害調査を韓国政府に要求 (22日)
 ベトナム弁護士協会と韓国のソウル弁護士協会は17日、ベトナム戦争でベトナムが受けた被害の調査を行い、それに基づいて戦争被害者に対する正当な賠償を実施するよう韓国政府に要求する共同声明を発表した。 ...>> 続き
これより過去の記事は、社会記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2019 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)