ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

スクールバスに9時間置き去り、6歳男児が死亡―入学2日目

2019/08/08 06:20 JST配信
Clip to Evernote
(C) vnexpress
(C) vnexpress 写真の拡大

 ハノイ市の小中一貫校で6日、スクールバスに乗って登校した6歳男児がバスの中に9時間置き去りにされる事故が発生した。男児は午後4時30分の下校時間に教員によって発見されたが、搬送先の病院で死亡が確認された。

 事故が起きたのは、カウザイ区にある小中学校「ゲートウェイ・インターナショナル・スクール(Gateway International School)」(89 Khuc Thua Du, phuong Dich Vong, quan Cau Giay, TP. Ha Noi)。

 小学1年生のL・H・L君(同区在住)は、スクールバスでの送迎で同校に通学していた。事故が起きたのは入学してわずか2日目のことだったという。父親の話では、事件当日の午前6時55分ごろにL君を送り出したが、午後4時半ごろに連絡を受けてE病院に駆けつけた時には、L君は既に息を引き取った後だった。

 スクールバスは16人乗りの小型バスで、運転手と生徒管理担当者、L君を含む生徒13人の計15人が乗っていた。L君は車内の奥の座席に座っていた。運転手と生徒管理担当者はこの日、生徒を学校へ送り出した後にバスの車内を確認することもなく、車両のドアを施錠した。

 L君は車内に置き去りにされたまま9時間、誰にも気づかれなかった。担任の教員は出欠確認の時にL君がいないことに気づいて保護者連絡システムに報告したが、学校側は保護者にL君が出席していないことを通知しなかった。これについて同校のチャン・ティ・ホン・ハイン理事長は、「保護者連絡担当者が休暇中だったため」と説明している。

 同日午後4時ごろ、生徒の帰宅時間の準備をしていた生徒管理担当者が運転席の後ろで倒れているL君を見つけた。L君は意識不明の状態で同校の保健室で応急処置を施された後、E病院に救急搬送された。しかし、同病院によると、病院に搬送される前に死亡していたという。

 L君の父親は、「学校側は嘘を付いていた。病院に駆け付けた時には息子は既に硬直した状態で、身体のぬくもりも消えてしまっていた」と訴えた。L君は一人っ子だった。

 検死の結果、L君の頭部に3×2cmの皮下血腫がみられたほか、食道は空っぽで気管支からは大量出血し、心筋も損傷していたことが確認された。

 同校は外部業者に生徒の送り迎えを委託しており、事故が発生したスクールバスも外部業者が保有しているものだった。

 警察は運転手や生徒管理担当者、担任教員など関係者の事情聴取を行うなどして捜査を急いでいる。関係者は過失致死罪で送検されるとみられている。

[Vnexpress 21:35 6/8/2019, zing 20:46 06/08/2019, kenh14 00:05 07/08/2019 09:09 07/08/2019, A].  © Viet-jo.com 2002-2020 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [社会]
国境越え出産、生活苦でお腹の我が子を売る女性たち (30日)
 当局が取り締まりを強化している中をすり抜けて、現在も中国との国境の地域では人身売買が横行している。妊婦が出産前からお腹の中の胎児の売買取引をするケースも珍しくない。  北中部地方ゲアン省キーソ...>> 続き
ホーチミン:東京のネオン街をイメージした居酒屋街が若者の間で人気 (30日)
 東京のネオン街をイメージした居酒屋街「チルタウン(Chill Town)」が昨年末にホーチミン市トゥードゥック区リンチエウ地区トービンジエン通り07A番地(07A To Vinh Dien, Linh Chieu, Thu Duc)にオープンして若...>> 続き
新型コロナ新規感染なし、327人から変わらず (29日)
 保健省の29日午前6時の発表によると、ベトナム国内の新型コロナウイルス感染者数は計327人で、前日から変わっていない。海外からの入国者を除く国内での新規感染は43日間続けてゼロ人となっている。これまでに...>> 続き
ホーチミン:第175病院傘下の整形外科病院、国際科を開設 (29日)
 国防省傘下の第175軍隊中央病院(通称:第175病院、ホーチミン市ゴーバップ区)は27日、同病院傘下の整形外科病院に国際科を開設した。  国際科では、患者に対して包括的な治療・ケアサービスを提供するほか...>> 続き
クラスター発生の「ブッダ・バー」が店名変更 仏教徒からの抗議で (29日)
 ホーチミン市在住の欧米人の間で人気を集めていた2区タオディエン街区の「ブッダ・バー(Buddha Bar)」は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のクラスター発生を起こしたことで経営上の打撃を被った。これに加...>> 続き
これより過去の記事は、社会記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2020 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)