ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

大気汚染情報アプリAirVisual、サービス再開―ボイコット呼び掛け人が謝罪

2019/10/10 15:25 JST配信
(C) AirVisualスクリーンショット
(C) AirVisualスクリーンショット 写真の拡大

 世界1万都市以上の大気質と気象データをリアルタイムに提供するアプリケーション「エアビジュアル(AirVisual)」は8日、ベトナムでのサービス提供を再開した。App StoreとGoogle Playからダウンロードが再び可能となっている。

 これに先立ち、エアビジュアルは6日、ベトナム人利用者から多数の「1つ星」の低評価を受けたことでベトナムでのサービス提供を自発的に一時停止した。

 ベトナム人利用者からの低評価が相次いだ理由は、ハノイ市ホーチミン市の2大都市が大気汚染で世界トップになったとエアビジュアルが評価したことを背景に、化学講師の有名フェイスブッカー「ブー・カック・ゴック(Vu Khac Ngoc)」がフォロワーにエアビジュアルのボイコットを呼びかけたためだ。

 ゴックさんは、自身のフェイスブックページへの投稿で「『ハノイ市が大気汚染で世界トップ』というのは、エアビジュアルが空気清浄機を売る目的で操作した情報だ」と主張した。

 これに対してエアビジュアルは、「ハノイ市とホーチミン市が上位になったランキングは、1万以上の都市の全てを集計したものではなく、約90の大都市の大気汚染を評価したもの。そのため、『ハノイ市の大気汚染は世界1位』などといった表現は誤った理解だ」と説明している。

 こうした中、ゴックさんの憶測めいた書き込みは不適切であり、大気汚染に苦しむ人々にも損害を与えたとして、彼を非難する声が多くあがっており、本人のフェイスブックページのフォロワーの数も35万人から一挙に18万人へと減少している。

 ベトナム全国各地では9月下旬から濃い煙霧(スモッグ)が立ち込めている。煙霧は、空気中湿度が高く曇天が続いている中で畑焼きの煙が塵(ちり)や、砂ぼこり、工場や自動車によるばい煙などと相まったことが発生原因とされる。

Clip to Evernote
[Zing 06:07 09/10/2019 / Phu Nu Online 17:37 08/10/2019, A].  © Viet-jo.com 2002-2022 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [社会]
難病「骨形成不全症」を患う5歳の天才少年、超高速暗算で話題に (10:42)
 僅か5歳の少年が、複雑な暗算を超高速でこなしたり、複数の外国語で簡単な挨拶が出来るということで巷で話題になっている。天才少年として話題になっているのは、北中部地方ハティン省フオンソン郡ソンチュン村...>> 続き
ホーチミン:地下鉄カフェが登場、若者の間で人気を博す (9:15)
 ホーチミン市フーニュアン区フインバンバイン(Huynh Van Banh)通りの路地に最近、韓国の地下鉄の内装を模したカフェがリニューアルオープンし、若者の間で人気を博している。  カフェでは、1階部分に地下鉄...>> 続き
新型コロナ:21日の市中感染1万5901人、第4波市中感染者210万人超 (21日)
 保健省の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する21日の発表によると、62省・市で市中感染者1万5901人が新たに確認された。海外からの入国者34人も陽性となった。  21日午後までに国内で確認されたオミ...>> 続き
ハノイ:3歳女児の頭部から9本の釘、母親の恋人を殺人未遂の疑いで逮捕 (21日)
 17日に3歳の女児が腕をギプスで固定され、頭部に9本の釘が埋まっていた状態でハノイ市タックタット郡総合病院に救急搬送された事件について、同市警察は20日、母親の恋人であるグエン・チュン・フエン容疑者(男...>> 続き
ハノイ:展覧会「昔のテト」開催中、伝統的なテトの写真など展示 3月まで (21日)
 ハノイ市にあるベトナム国家記録アーカイブズ局傘下の第1国家公文書センター(5 Vu Pham Ham, phuong Yen Hoa, quan Cau Giay, TP. Ha Noi)の展示エリアで、1月14日から3月15日まで「昔のテト(Tet Xua)」と題し...>> 続き
これより過去の記事は、社会記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2022 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited