ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

大気汚染情報アプリAirVisual、ベトナム国内でサービス一時停止

2019/10/08 15:58 JST配信
(C) AirVisualスクリーンショット
(C) AirVisualスクリーンショット 写真の拡大

 世界1万都市以上の大気質と気象データをリアルタイムに提供するアプリケーション「エアビジュアル(AirVisual)」が、ベトナムでApp StoreおよびGoogle Playからダウンロードできなくなっている。

 これは、ベトナム人利用者から多数の「1つ星」の低評価を受けたことでエアビジュアルがベトナムでのサービス提供を自発的に一時停止したためだ。

 ベトナム人利用者からの低評価が相次いだ背景には、ハノイ市ホーチミン市の2大都市が大気汚染で世界トップになったとエアビジュアルが評価したことがある。

 エアビジュアルによると、9月26日午前8時50分時点で、ハノイ市がインドネシア・ジャカルタを抜いて世界1位となり、ホーチミン市も3位となった。

 これについてエアビジュアルは、「ハノイ市とホーチミン市が上位になったランキングは、1万以上の都市の全てを集計したものではなく、約90の大都市の大気汚染を評価したもの。そのため、『ハノイの大気汚染は世界1位』などといった表現は誤った理解だ」と説明した。

 ベトナム全国各地では9月下旬から濃い煙霧(スモッグ)が立ち込めている。煙霧は、空気中湿度が高く曇天が続いている中で畑焼きの煙が塵(ちり)や、砂ぼこり、工場や自動車によるばい煙などと相まったことが発生原因とされる。

Clip to Evernote
[kenh14 08:19 07/10/2019 / VnExpress 00:50 7/10/2019, A].  © Viet-jo.com 2002-2022 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [社会]
余命6か月宣言の末期肺がん患者、20年近く経っても元気はつらつ (6:36)
 ハノイ市に住むチャン・ティ・ルアさん(女性)は20年近く前の55歳の時、肋骨まで転移した末期の肺がんと診断され、医師から「余命6か月」の宣言を受けた。しかし、74歳になった今もぴんぴんしており、子供らの家...>> 続き
ハノイ:バス高速輸送システムと接続した公共電動バイクサービスを試験展開 (5:34)
 ハノイ市公共交通管理センター(HPTC)と交通運輸大学は28日、バス高速輸送システム(BRT)と接続した形での公共電動バイクサービスの試験展開を開始した。実施区間は、バンケー(Van Khe)停留所~イオンモールハド...>> 続き
新型コロナ:30日の新規感染者485人・死者3人 (11/30)
 保健省の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する30日の発表によると、国内で感染者485人が新たに確認された。  30日午後の発表時点でベトナム国内の累計感染者数は1151万5908人となっている。  新...>> 続き
ホーチミン:許可を得ていない屋外広告、全体の49% (11/30)
 ホーチミン市内の屋外広告1515か所のうち、許可を得ていないものが747か所で49%を占めており、ロータリーや立体交差橋、中心部の幹線道路沿いに多い。28日に開かれた同市人民評議会の広告活動の管理に関する会...>> 続き
1~11月期の新規設立企業13万7764社、前年同期比+30.4%増 (11/30)
 統計総局(GSO)が発表したデータによると、2022年1~11月期に全国で新規設立された企業は前年同期比+30.4%増の13万7764社、登録資本金の合計は同+2.0%増の1483兆6910億VND(約8兆3000億円)だった。同期における...>> 続き
これより過去の記事は、社会記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2022 All Rights Reserved