ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 
から まで 記事/ページ

ホーチミンで煙霧、インドネシアの森林火災が原因―外出時のマスク着用を推奨

2019/09/24 16:48 JST配信
Clip to Evernote
イメージ写真
イメージ写真 写真の拡大

 ホーチミン市を含む南部地域で数日前から濃い煙霧(スモッグ)が立ち込めている。煙霧は山火事の煙やちり、砂ぼこり、工場や自動車によるばい煙などが発生原因とされるが、同市国家大学環境資源研究所傘下の大気汚染気象変動研究センターのホー・クオック・バン博士は22日、今回の煙霧発生に関する観測結果を発表し、「インドネシアの森林火災が原因」との見方を示した。

 インドネシアでは18日に大規模な森林火災が発生。風速や風向きを分析した結果、火災で発生した煙霧が風に乗ってベトナム南部に到達するまで約2日間を要するという調査結果が出ており、実際に南部における大気汚染は20日から高濃度化している。

 大気汚染濃度に関するデータを提供するアプリケーションの「エアビジュアル(AirVisual)」によると、22日時点のホーチミン市の空気質指数(AQI)は、ビンタイン区22街区(phuong 22, quan Binh Thanh)で155、2区タオディエン街区(phuong Thao Dien)で157となっていた。

 AQIは6段階の評価で、指数が100を超過すると敏感なグループにとって健康に影響が生じるレベルとされる。同市のAQIは6段階中4段階目となる「151~200:健康に良くないレベル」にある。専門家は、煙霧が濃い間に外出する際は、マスクを着用するよう注意を呼び掛けている。

[Zing 19:02 22/09/2019 19:02 22/09/2019 U].  © Viet-jo.com 2002-2020 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [社会]
ベトナム初のAIロボット「チーニャン」お披露目、教育用に開発 (14:28)
 人工知能(AI)分野のスタートアップ企業であるオープンクラスルーム(Open Classroom)は、このほど開催された教育テクノロジーフォーラム(EDU4.0)で国内初のAIロボット「チーニャン(Tri Nhan)」をお披露目した。 ...>> 続き
ホーチミン:韓国系企業のオフィスにバラバラ遺体、韓国人社長を逮捕 (14:21)
 ホーチミン市7区タンフン街区にある韓国系企業「クリエイタ・ベトナム(Creata Vietnam)」のオフィスで27日、バラバラに切断された男性の遺体が見つかった。ホーチミン市警察は翌28日、同社の韓国人社長で、7区...>> 続き
タクシー運転手殺害・死体遺棄事件、中国人男3人に死刑 (12:48)
 2019年8月に中国人の男3人がベトナム人タクシー運転手を殺害し、死体を遺棄した事件で、ハノイ市人民裁判所は11月27日、被告3人に死刑の判決を下した。  死刑を言い渡されたのは、◇ブオン・ドン・ドゥオン...>> 続き
ハノイ:バーディン区の商店街で米軍の不発弾を発見、住民避難 (5:30)
 ハノイ市バーディン区チュックバック街区クアバック(Cua Bac)通り15番地にあるベトナム電力グループ(EVN)傘下の第1送電会社(PTC1)本社の建設現場で11月28日午前4時ごろ、不発弾が発見された。  工事の作業...>> 続き
生後4か月の赤ちゃんが生きたまま火葬場へ、真相はいかに? (4:33)
 まだ息がある生後4か月の重病の赤ちゃんが火葬場に連れて行かれたという動画がソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)上で拡散して騒動になっており、当局は事実を確認するため調査に乗り出した。  ...>> 続き
これより過去の記事は、社会記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2020 All Rights Reserved
運営:Verac Company Limited