ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

ホーチミンで煙霧、インドネシアの森林火災が原因―外出時のマスク着用を推奨

2019/09/24 16:48 JST配信
イメージ写真
イメージ写真 写真の拡大

 ホーチミン市を含む南部地域で数日前から濃い煙霧(スモッグ)が立ち込めている。煙霧は山火事の煙やちり、砂ぼこり、工場や自動車によるばい煙などが発生原因とされるが、同市国家大学環境資源研究所傘下の大気汚染気象変動研究センターのホー・クオック・バン博士は22日、今回の煙霧発生に関する観測結果を発表し、「インドネシアの森林火災が原因」との見方を示した。

 インドネシアでは18日に大規模な森林火災が発生。風速や風向きを分析した結果、火災で発生した煙霧が風に乗ってベトナム南部に到達するまで約2日間を要するという調査結果が出ており、実際に南部における大気汚染は20日から高濃度化している。

 大気汚染濃度に関するデータを提供するアプリケーションの「エアビジュアル(AirVisual)」によると、22日時点のホーチミン市の空気質指数(AQI)は、ビンタイン区22街区(phuong 22, quan Binh Thanh)で155、2区タオディエン街区(phuong Thao Dien)で157となっていた。

 AQIは6段階の評価で、指数が100を超過すると敏感なグループにとって健康に影響が生じるレベルとされる。同市のAQIは6段階中4段階目となる「151~200:健康に良くないレベル」にある。専門家は、煙霧が濃い間に外出する際は、マスクを着用するよう注意を呼び掛けている。

Clip to Evernote
[Zing 19:02 22/09/2019 19:02 22/09/2019 U].  © Viet-jo.com 2002-2022 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [社会]
「テト期間中の帰省者の隔離不要」、保健省が地方に要請 (6:40)
 テト(旧正月)の大型連休が目前に迫り、全国各地で里帰りを始める人々が増えている。こうした中、保健省は地方自治体宛てに公文書を送付し、テト期間中に帰省する人々に隔離措置を適用しないよう要請した。 ...>> 続き
海外からの観光客受け入れ再開2か月、約8000人が入国 (5:57)
 文化スポーツ観光省によると、海外からの観光客受け入れ再開試行事業が11月中旬に始まってから2か月の間にベトナムが受け入れた観光客数は約8000人となっている。  文化スポーツ観光省は、これまでの実績と...>> 続き
バックマイ病院の医療機器価格水増し事件、元院長に禁固5年の判決 (4:35)
 国内最高レベルの病院として知られる保健省傘下のバックマイ病院(ハノイ市)における医療機器の調達価格の水増し事件で、ハノイ市人民裁判所は24日、元院長を含む8人の被告に有罪判決を下した。  被告8人は...>> 続き
新型コロナ:24日の市中感染1万4307人、オミクロン株感染者計163人に (24日)
 保健省の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する24日の発表によると、61省・市で市中感染者1万4307人が新たに確認された。海外からの入国者55人も陽性となった。  24日午後までに国内で確認されたオミ...>> 続き
ホーチミン:オミクロン株市中感染、新たに2人確認 計5人に (24日)
 ホーチミン市で19日に新型コロナウイルスの変異種であるオミクロン株の市中感染が国内で初めて確認された件に関連して、ホーチミン市保健局は24日、濃厚接触者(F1)の2人から新たにオミクロン株が確認されたこと...>> 続き
これより過去の記事は、社会記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2022 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited