ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

ホーチミンで煙霧、インドネシアの森林火災が原因―外出時のマスク着用を推奨

2019/09/24 16:48 JST配信
イメージ写真
イメージ写真 写真の拡大

 ホーチミン市を含む南部地域で数日前から濃い煙霧(スモッグ)が立ち込めている。煙霧は山火事の煙やちり、砂ぼこり、工場や自動車によるばい煙などが発生原因とされるが、同市国家大学環境資源研究所傘下の大気汚染気象変動研究センターのホー・クオック・バン博士は22日、今回の煙霧発生に関する観測結果を発表し、「インドネシアの森林火災が原因」との見方を示した。

 インドネシアでは18日に大規模な森林火災が発生。風速や風向きを分析した結果、火災で発生した煙霧が風に乗ってベトナム南部に到達するまで約2日間を要するという調査結果が出ており、実際に南部における大気汚染は20日から高濃度化している。

 大気汚染濃度に関するデータを提供するアプリケーションの「エアビジュアル(AirVisual)」によると、22日時点のホーチミン市の空気質指数(AQI)は、ビンタイン区22街区(phuong 22, quan Binh Thanh)で155、2区タオディエン街区(phuong Thao Dien)で157となっていた。

 AQIは6段階の評価で、指数が100を超過すると敏感なグループにとって健康に影響が生じるレベルとされる。同市のAQIは6段階中4段階目となる「151~200:健康に良くないレベル」にある。専門家は、煙霧が濃い間に外出する際は、マスクを着用するよう注意を呼び掛けている。

Clip to Evernote
[Zing 19:02 22/09/2019 19:02 22/09/2019 U].  © Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [社会]
新型コロナ:15日の市中感染3789人、第4波の市中感染者85万人超える (15日)
 保健省の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する15日の発表によると、47省・市で市中感染者3789人が新たに確認された。1日あたりの感染者数としては、11日連続で5000人を下回った。海外からの入国者8人も...>> 続き
ダナン:店内飲食など再開可能に、16日午前0時から (15日)
 南中部沿岸地方ダナン市は、政府が11日に公布した新型コロナウイルス感染症(COVID-19)と安全かつ柔軟に共存していくための臨時措置に関する政府決議第128号/NQ-CPを実現すべく、16日午前0時からレベル2(中リス...>> 続き
12~17歳向けワクチン接種、10月開始 保健省がガイダンス (15日)
 保健省は14日、12~17歳の未成年者向けの新型コロナウイルスワクチン接種を許可した。12~17歳は中学1年生(日本の小学6年生)~高校3年生にあたり、ワクチン接種は登校再開に向けた準備の一環となる。  保健...>> 続き
日本政府、ベトナムにワクチン50万回分を追加供与 (15日)
 茂木敏充外務大臣は15日に開かれた記者会見で、日本政府がベトナムに新型コロナウイルスワクチン50万回分を追加供与すると発表した。また、インドネシアとフィリピンへ各200万回分、タイへ40万回分を追加供与す...>> 続き
ホーチミン、7区での店内飲食の再開を検討も慎重な姿勢崩さず (15日)
 ホーチミン市人民委員会のファン・バイ・マイ主席は14日午前に開かれた同市共産党委員会の会合で、同市7区または安全な地区での店内飲食を試験的に再開することを検討中と明らかにした。  新型コロナウイル...>> 続き
これより過去の記事は、社会記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2021 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited