ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

ホアンキエム湖の亀を捕獲した男性、逮捕きっかけに家族と5年ぶり涙の再会

2019/12/19 06:27 JST配信
Clip to Evernote
(C) thanhnien
(C) thanhnien 写真の拡大

 ハノイ市ホアンキエム区中心部のホアンキエム湖で16日午後、湖に生息する亀を釣り上げた男性が警察に逮捕された。そして、これに関する記事を目にした家族が、5年前に家出したまま連絡が途絶えていたこの男性を迎えに警察署を訪れ、一家は涙の再会を果たすこととなった。

 T・H・Hさん(男性・41歳、北中部地方ゲアン省出身)は16日午後、友人と共にホアンキエム湖で魚釣りをしていた。しかし、そこで釣り針に引っ掛かったのは、魚ではなく体重約15kgの亀だった。

 大亀を水揚げしている2人を目撃した市民が警察に通報し、友人は逃げ去ったもののHさんは身柄を拘束され、ハンチョン街区(phuong Hang Trong)警察に連行された。

 検査の結果、この亀は希少動物ではないことが確認された。警察は検査の結果を踏まえ、大亀をホアンキエム湖に戻すことについて森林警備機関に打診している。Hさんについては「現行規定に従い処分する」と発表した。

 こうした中、電子新聞に掲載されたHさんの写真を目にした家族2~3人が17日に同街区警察署を訪れ、一家は正門前で号泣しながら抱き合った。Hさんは大学で経済を専攻し、卒業後にビジネスに着手。しかしこれに失敗し家族に合わせる顔がなくなってしまったため、5年前に家出し連絡が取れなくなっていたという。

 なお、ホアンキエム湖の亀はハノイ市民にとって神聖な存在だ。ベトナムが中国の明に支配されていた15世紀、後に黎(レ)朝(1428~1527年、1532~1789年)の初代皇帝となるレ・ロイ(Le Loi=黎利)が、湖の宝剣によって明の駆逐に成功した。平和な日々が続いていたある日のこと、レ・ロイが湖を散歩していると神の使いである大亀が現れ、宝剣を持ち主の竜王に返すように言って、湖の底に持ち帰ったという。この伝説から、湖は「ホアンキエム(Hoan Kiem=還剣)湖」と呼ばれるようになった。

[Thanh Nien 15:14 17/12/2019, A].  © Viet-jo.com 2002-2020 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [社会]
ダナン:ツアー申込客のパスポート29冊が盗難被害、ごみ処理場で無事発見 (27日)
 南中部沿岸地方ダナン市のカインソンごみ処理場で21日未明、ベトナムのパスポート27冊が発見された。この前日、観光ガイドの男性がツアー客のパスポートが入った袋を盗まれており、ソーシャル・ネットワーキン...>> 続き
2020年テトのGoogle検索キーワードトップ10 (24日)
 インターネット検索大手の米グーグル(Google)は、2020年のテト(旧正月)前に最も多く検索されたキーワードを発表した。  2020年のテトに関するGoogle検索キーワードのランキングトップ10は以下の通り。 1...>> 続き
テトに需要急増の各種サービス、掃除から美容まで多種多様 (24日)
 例年、テト(旧正月)直前の時期は便利な各種サービスの需要が増す。多くの忙しい人々にとって買い物や家族の世話は大変で、その需要を満たすため、掃除からベビーシッター、配送、美容まで様々なサービスが人気...>> 続き
ハノイ唯一の線香村、テト間近の出荷ピーク迎える (23日)
 テト(旧正月)が間近に迫る中、ハノイ市ウンホア郡クアンフーカウ村(xa Quang Phu Cau, huyen Ung Hoa)は昼夜を問わず忙しく賑やかで、鮮やかな赤色の線香の束が一面に並んでいる。クアンフーカウ村はハノイ市に...>> 続き
交通違反罰金の検索アプリ「iThong」がリリース、国内初 (22日)
 ベトナム法律サイト「https://thuvienphapluat.vn」はこのほど、交通違反罰金額の検索アプリ「iトン(iThong)」をリリースした。これは交通違反罰金額の検索を目的とした国内初のアプリで、文字または音声による...>> 続き
これより過去の記事は、社会記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2020 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)