ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

中絶胎児の遺体引き取り供養、9年間で3000体

2011/07/10 08:39 JST配信
Clip to Evernote
(C) Nguoi lao dong, Khanh Linh
(C) Nguoi lao dong, Khanh Linh 写真の拡大

 9年以上前から毎日のように中絶胎児の遺体を引き取って供養している女性がいる。紅河デルタ地方ナムディン省ギアフン郡ギアタン村に住むファム・ティ・クオンさんで、現在73歳になるが、自転車で各地のごみ捨て場や医療施設を走り回って、遺体を引き取っている。その距離は数十キロメートルに上る。

 クオンさんがこの「仕事」を始めるきっかけになったのは、2002年3月8日の朝のことだった。野菜を売るため、いつものようにドンビン市場に向かいドンビン橋まで来た時、ハエのたかった黒いビニール袋が道端に落ちているのを見つけた。誰かがごみの袋を捨てたのだろうと思い一旦通り過ぎたが、突然体の中から言いようのない不安感が沸き起こり、引き返して袋を開けてみた。

 中には生まれたてで息も絶え絶えの赤ん坊が入っており、大きな両目で助けを求めるようにクオンさんを見つめていた。家に連れて帰り手当てを試みたが、赤ん坊はまもなく息を引き取った。眠れぬ夜を何日か過ごした後、クオンさんは葬られることもなく捨てられる胎児や嬰児のために何かをしようと決心した。

 ドンビン市場の近くには数か所の中絶施療施設があり、毎日百件近くの中絶が行われているとみられている。クオンさんは「生活が良くなるに連れて、自堕落な人が多くなっている。捨てられた中絶胎児を見るたびに、産声を上げることなく死んだ子供たちを不憫に思う」と嘆いた。

前へ   1   2   次へ
[Nguoi lao dong online, 26/06/2011 15:00, O].  © Viet-jo.com 2002-2019 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
ベトナム住みます芸人「ダブルウィッシュ」が新曲発表!独占インタビュー (13日)
(※本記事はVIETJOベトナムニュースとベトナムエンタメ情報サイト「A-TIM’s(エータイムズ)」の合同取材によるものです。)  吉本興業が主導するアジア版「あなたの街に住みますプロジェクト」の芸人(住みますア...>> 続き
墓地にごみ捨て場、路上で90人の子供を拾い救った独身男性 (6日)
 グエン・バン・ラムさん(男性・47歳)は、11年余りの間に100人近い子供の命を救った。ごみ捨て場にいた子、トイレに捨てられていた子、両親を失った子、奇形の子…。男性はそんな子供たちを家に連れて帰り、彼ら...>> 続き
ベトナム映画「第三夫人と髪飾り」アッシュ・メイフェア監督インタビュー (9/29)
(※本記事はVIETJOベトナムニュースとベトナムエンタメ情報サイト「A-TIM’s(エータイムズ)」の合同取材によるものです。)  世界の巨匠たちがその才能を絶賛する1985年生まれのベトナム人女性監督、アッシュ・...>> 続き
片腕を失った退役軍人、愛する妻への贈り物に5度家を建てる (9/22)
 ハノイ市バービー郡ドンタイ村(xa Dong Thai, huyen Ba Vi)在住のチャン・バン・クエットさん(60歳)は、23歳で軍に入隊し、カンボジアの戦場に派遣された。1981年に片腕を失い、また腹部に重傷を負ったため、戦...>> 続き
2人のマルティーヌ、アフリカに渡り王女となったベトナム人少女たちの運命 (9/15)
 1970年11月末のことだった。17歳のマルティーヌは父親に会うためにアフリカへ渡りリムジンバスに乗るまで、旧サイゴンの路上でタバコ売りをしていたごく普通の少女だった。浅黒い肌と巻き毛をしたマルティーヌ...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2019 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)