ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

ハノイのど真ん中にある「ヌーディストビーチ」

2014/02/09 07:30 JST配信
Clip to Evernote
(C)Nguoi lao dong
(C)Nguoi lao dong 写真の拡大

 ハノイに長年住んでいる人でも、首都ハノイのど真ん中に「ヌーディストビーチ」があることを知らない人が多い。場所はホン川(紅河)の中洲で、バーディン区とロンビエン区を結ぶロンビエン橋から降りることができる。

 市中心部のホアンキエム湖から2キロと離れていないにもかかわらず、ここは別世界だ。サトウキビやトウモロコシの畑があって、農民が毎日世話をする風景はどこかの田舎と変わらない。

 この場所がいつから「ヌーディストビーチ」になったのかは定かでない。ただ、全裸で泳ぎ、ホン川の中洲からハノイを眺めることの好きな男性達が、徐々に増えていることだけは確かだ。真夏には「ヌーディストクラブ」の参加者は数百人に上る。

 通い始めて10年近くになるというホアン・アインさんによると、「クラブ」といっても各自が自分の都合に合わせて通うだけで、約束して集まったり別の場所で会ったりすることはなく、ここで知り合い、交流するだけの関係だという。

 参加者は若者から高齢者までと幅広く、職業も様々だ。中学校の教員を定年退職したビンさんは「ここに集う人達の共通点は、自然を愛しサイクリングを好むこと。それに騒音や粗雑さを嫌うことです」と話す。ここからはホン川に架かる何本もの橋や、古い街並みと高層ビルが並存する美しい風景を眺めることができる。


※VIETJOベトナムニュースは、ベトナム生活ブログ「べとまる」と毎週コラボレーション記事を展開しています。

コラボレーション記事のURL:http://www.vietmaru.com/archives/37860254.html

  1   2  
[Nguoi lao dong online,29/01/2014 08:34,O].  © Viet-jo.com 2002-2018 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
「生ける者も亡き者も助ける」が信条、親に代わり水子供養する女性 (16日)
 ハノイ市ソックソン郡タインスアン村ドイコック集落に住むグエン・ティ・二エムさんは、2006年のある日、病院で我が子を「捨てに行く」母親を見て、不幸な子供たちのために何かしなければと思った。その日から1...>> 続き
ホーチミンで最初のクメール寺院、運河沿いにそびえる黄金の建築 (9日)
 ホーチミン市3区のニエウロック・ティゲー運河沿いには、ホーチミン市で最初に建てられたクメール寺院「チャンタランサイ寺院(Chua Chantarangsay)」がある。  月の光を意味する「カンダランシ(Candaransi)...>> 続き
運命の巡り会わせ、ベトナム人とフランス人の2人の母を持つ少女 (2日)
 チュオン・ビー・ムニエル・ミシェルさんは生まれた時から実母と離ればなれになった。しかし、その後は運命の巡り合わせで2つの家族に恵まれた。  8月初旬のある暑い昼、ホーチミン市から南に車で2時間ほど...>> 続き
フランス植民地時代から今に残るホーチミンの5つの「大通り」 (8/26)
 フランス植民地時代にフランス人が策定したサイゴン(現ホーチミン市)の都市計画では、道幅40m、歩道幅4m、両側に2列の街路樹のある通りを「大通り(ベトナム語:Dai lo、フランス語:Boulevard)」としていた。 ...>> 続き
エイズ孤児の養護に人生を捧げる司祭 (8/19)
 「私がこの子たちを買わなければ、この子たちはどうやって暮らせばよいのでしょうか」。サイゴン大司教の司祭フオン・ディン・トアイさんは、自らの人生の全てをHIV/エイズに感染し絶望に晒された女性たちや罪...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2018 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)