ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

ハノイのど真ん中にある「ヌーディストビーチ」

2014/02/09 07:30 JST配信
Clip to Evernote
(C)Nguoi lao dong
(C)Nguoi lao dong 写真の拡大

 ハノイに長年住んでいる人でも、首都ハノイのど真ん中に「ヌーディストビーチ」があることを知らない人が多い。場所はホン川(紅河)の中洲で、バーディン区とロンビエン区を結ぶロンビエン橋から降りることができる。

 市中心部のホアンキエム湖から2キロと離れていないにもかかわらず、ここは別世界だ。サトウキビやトウモロコシの畑があって、農民が毎日世話をする風景はどこかの田舎と変わらない。

 この場所がいつから「ヌーディストビーチ」になったのかは定かでない。ただ、全裸で泳ぎ、ホン川の中洲からハノイを眺めることの好きな男性達が、徐々に増えていることだけは確かだ。真夏には「ヌーディストクラブ」の参加者は数百人に上る。

 通い始めて10年近くになるというホアン・アインさんによると、「クラブ」といっても各自が自分の都合に合わせて通うだけで、約束して集まったり別の場所で会ったりすることはなく、ここで知り合い、交流するだけの関係だという。

 参加者は若者から高齢者までと幅広く、職業も様々だ。中学校の教員を定年退職したビンさんは「ここに集う人達の共通点は、自然を愛しサイクリングを好むこと。それに騒音や粗雑さを嫌うことです」と話す。ここからはホン川に架かる何本もの橋や、古い街並みと高層ビルが並存する美しい風景を眺めることができる。


※VIETJOベトナムニュースは、ベトナム生活ブログ「べとまる」と毎週コラボレーション記事を展開しています。

コラボレーション記事のURL:http://www.vietmaru.com/archives/37860254.html

前へ   1   2   次へ
[Nguoi lao dong online,29/01/2014 08:34,O].  © Viet-jo.com 2002-2018 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
発売から86年、懐かしの「バーおばさんの石鹸」が復刻へ (18日)
 1932年に発売されてから長きにわたりベトナムで広く親しまれつつも一度は市場から姿を消した、緑色のパッケージと女性の写真が印象的な石鹸ブランド「バーおばさん(Co Ba)の石鹸」が、本格的に復活を遂げようと...>> 続き
祖父母と暮らす両手両足のない少女、学校に通い夢を追う (11日)
 メコンデルタ地方ソクチャン省クーラオズン郡第2アンタイン村に住むチャン・ヒエウ・タオちゃん(8歳)は、生まれつき両手両足がない。早くに父親を亡くし、母親も出稼ぎに行っているため、母方の祖父母とともに...>> 続き
長身美男子のベトナム人若手微生物研究者、新種微生物8種を発表 (4日)
 オーストラリアはニューサウスウェールズ大学の大学院に在籍するグエン・ベト・フンさん(男性・28歳)は、180cmの長身に端正な顔立ちが印象的だ。微生物を研究するフンさんは、8月にドイツのライプツィッヒで開...>> 続き
強靭な肉体を持った双子のベトナム人ボディビルダー (10/28)
 双子の兄弟であるチャン・ホアン・ズイ・フック(Tran Hoang Duy Phuc)さんとチャン・ホアン・ズイ・トゥアン(Tran Hoang Duy Thuan)さんは、現在28歳。いずれもボディビルの選手だ。  2人とも小さいころか...>> 続き
85歳で夢の大学生活、通学は自転車で片道35分 (10/21)
 毎朝7時、カオ・ニャット・リンさん(85歳)は、ハノイ市バックトゥーリエム区の自宅から自転車で大学に登校する。ワイシャツにズボン、サンダルとシンプルな装いで、ノートと筆記用具が入ったケースを自転車のカ...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2018 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)