ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

ベトナム人民軍入隊から1か月、女性新兵たちの生活に密着

2017/03/19 05:06 JST配信
(C) vnexpress
(C) vnexpress 写真の拡大
(C) vnexpress
(C) vnexpress 写真の拡大

 全国各地で2月、ベトナム人民軍の新兵入隊式が行われた。ホーチミン市12区にある第7軍区士官学校では現在、全国各地から集まった20代の女性新兵100人が各部署へ配属される前に3か月にわたる訓練を受けている。

 ベトナムでは、2016年1月1日に施行された改正兵役法により、自ら志望し軍にも需要があれば18歳以上の女性も兵役につくことができるようになった。この2月にホーチミン市では女性5人が入隊し、報道陣からも注目を浴びていた。

 第7軍区士官学校で訓練を受けている女性新兵たちは4人1部屋で、早朝に起床してから運動で1日が始まり、軍の厳しい規律に従って生活を送っている。多くの男性新兵たちと同じように、女性も軍の環境に慣れるため軍の隊形や行進、自動小銃AK-47の扱いなど、たくさんのことを学ばなければならない。

 ホーチミン市出身のチャン・ティ・ザオ・リンさん(25歳)は、「以前はホーチミン市司令部の射撃チームにいました。家族も軍の関係者ですが、私自身が新兵になってみて驚くことばかりです。初めの頃、早起きや暑くて埃っぽい中での訓練、そして何よりも家族から離れた生活になかなか慣れることができませんでした」と語る。

 新兵たちの1日の中で最も多くの時間を占めるのは、訓練だ。大学を卒業してから一時期は会社員として働いていたというファン・ティ・ホン・ニュンさん(26歳)は、「走ったり障害物を越えたり、高飛びしたり幅跳びしたりとかなりハードなので、足を痛めてしまう人も多いです。でも、入隊したからには皆頑張らないといけません。軍に入隊して士官学校に通い、家族の軍人としての伝統に続くことが学生時代からの私の夢です」と打ち明けた。

前へ   1   2   次へ
Clip to Evernote
[Quynh Tran, VnExpress, 17/3/2017 | 00:00 GMT+7, A].  © Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
ホーチミンの「資源回収集落」に暮らす人々、集団感染で生き死にの境 (10:44)
 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の襲来で、ホーチミン市の「資源回収(ベーチャイ=ve chai)集落」に暮らす人々のほとんどが感染者(F0)となり、多くが生き死にの境に直面した。集団感染(クラスター)の発生か...>> 続き
映画「COME & GO カム・アンド・ゴー」日本公開、小野美由紀(作家)×リム・カーワイ(映画監督)対談 (21日)
 アジア9か国・地域のキャストが出演するリム・カーワイ監督作「COME & GO カム・アンド・ゴー」が、11月19日に日本で公開された。この映画は、中国、香港、台湾、韓国、ベトナム、マレーシア、ミャンマー、ネパ...>> 続き
乳児期の火傷で顔にケロイド、差別を乗り越え夢のケーキ屋をオープンした男性 (14日)
 顔にケロイドがあるゴ・クイ・ハイさん(男性・27歳)は、10歳のときに聴覚障害を持つ友人の誕生日ケーキを買いにケーキ屋に入ったが、顔が醜いという理由で店から追い出されてしまった。それからというもの、ハ...>> 続き
米国で7年服役した有名ハッカー、政府公認の専門家として社会貢献 (7日)
 「HieuPC」ことゴ・ミン・ヒエウさん(男性・32歳、南中部高原地方ザライ省出身)は、多国籍サイバー犯罪者集団の1人として2013年に米国で逮捕された、有名な元ブラックハットハッカーだ。米国で7年間服役した後...>> 続き
新型コロナで彼女の故郷に足止め、そのまま結婚したサイゴンの男性とモン族の女性 (10/31)
 4月30日の南部解放記念日に伴う連休に合わせて、西北部地方ライチャウ省に暮らす恋人のもとを訪れたホーチミン市出身のグエン・タイン・ゴックさん(1996年生まれ)は、同時期に新型コロナウイルス感染症(COVID-1...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2021 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited