ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

ホーチミン中心部にたたずむイスラム教モスク

2018/06/24 05:27 JST配信
Clip to Evernote
(C) vnexpress
(C) vnexpress 写真の拡大
(C) vnexpress
(C) vnexpress 写真の拡大

 ホーチミン市中心部の1区ドンズー通り66番地(66 Dong Du St., Dist.1, Ho Chi Minh City)には、同市で最も有名なモスク(イスラム教の礼拝堂)がたたずんでいる。

 この「ジャミア・アル・ムスルマン(Jamia Al-Musulman)」は、1935年に建設されたもので、面積は約2000m2。

 このモスクは、当時の在越インド人たちの寄付により、南インドからホーチミン市へ移ってきた人々のために建てられた。

 南アジア地域のイスラム教を象徴する建築様式で、礼拝堂の入り口にはモスクの名と建築年を記した銘板がはめ込まれており、その上部にはイスラムのシンボルである三日月と五芒星が飾られている。

 礼拝堂の入口の横には礼拝の前に体を清めるための泉があり、礼拝堂内の床にはじゅうたんが敷かれ、いつも誰かしらが礼拝を行っている。

 礼拝堂の入口は数か所設けられており、入口の装飾はシンプルで壁に白いタイルが敷き詰められただけ。廊下部分は女性が祈る場所となっており、礼拝堂の中で祈りを捧げることができるのは男性のみだ。

前へ   1   2   次へ
[Quynh Tran, VnExpress, 4/6/2018, 02:08 (GMT+7), A].  © Viet-jo.com 2002-2018 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
発売から86年、懐かしの「バーおばさんの石鹸」が復刻へ (18日)
 1932年に発売されてから長きにわたりベトナムで広く親しまれつつも一度は市場から姿を消した、緑色のパッケージと女性の写真が印象的な石鹸ブランド「バーおばさん(Co Ba)の石鹸」が、本格的に復活を遂げようと...>> 続き
祖父母と暮らす両手両足のない少女、学校に通い夢を追う (11日)
 メコンデルタ地方ソクチャン省クーラオズン郡第2アンタイン村に住むチャン・ヒエウ・タオちゃん(8歳)は、生まれつき両手両足がない。早くに父親を亡くし、母親も出稼ぎに行っているため、母方の祖父母とともに...>> 続き
長身美男子のベトナム人若手微生物研究者、新種微生物8種を発表 (4日)
 オーストラリアはニューサウスウェールズ大学の大学院に在籍するグエン・ベト・フンさん(男性・28歳)は、180cmの長身に端正な顔立ちが印象的だ。微生物を研究するフンさんは、8月にドイツのライプツィッヒで開...>> 続き
強靭な肉体を持った双子のベトナム人ボディビルダー (10/28)
 双子の兄弟であるチャン・ホアン・ズイ・フック(Tran Hoang Duy Phuc)さんとチャン・ホアン・ズイ・トゥアン(Tran Hoang Duy Thuan)さんは、現在28歳。いずれもボディビルの選手だ。  2人とも小さいころか...>> 続き
85歳で夢の大学生活、通学は自転車で片道35分 (10/21)
 毎朝7時、カオ・ニャット・リンさん(85歳)は、ハノイ市バックトゥーリエム区の自宅から自転車で大学に登校する。ワイシャツにズボン、サンダルとシンプルな装いで、ノートと筆記用具が入ったケースを自転車のカ...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2018 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)