ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

白髪に輝く修士帽、片道40kmをバスで通い続けた85歳の院生

2018/07/01 05:40 JST配信
Clip to Evernote
(C) laodong.vn
(C) laodong.vn 写真の拡大

 レ・フオック・ティエットさんは、南中部沿岸地方クアンナム省ダイロック郡アイギア町の自宅から同地方ダナン市内の大学まで、片道40kmの道のりを路線バスで2年間休まず通い、このほど修士号を取得した。ティエットさんはなんと83歳で大学院へ行くことを決意し、85歳で修士課程を修了した。

 ティエットさんは、髪は白いが目は眼鏡に頼らずともよく見えるという。ティエットさんは深みのある声で、自身が歩んできた人生について語った。

 貧しい家庭に生まれ育ち、13歳の時に家族の元を離れて旧制中学校へ進学したティエットさん。ところが、戦争や家庭の事情で学業の道は閉ざされてしまった。

 それでもティエットさんは学業に対して志を抱き続け、70歳の時に米国の大学で学士号を取得。さらに2016年には、ダナン市のズイタン大学で経営学の修士課程に願書を提出した。

 80代でさらに高みを目指し進学する人はそういないだろうが、ティエットさんが大学院進学に至った背景はこうだった。

 3年前に愛妻に先立たれ、寂しさを紛らわすために勉強に打ち込もうと決意したのが大学院進学のきっかけだった。大学へ通うようになっても、がらんとした部屋に帰宅すると哀しみが押し寄せたが、誰でも通る道だと自分に言い聞かせた。同じ哀しみの時間を過ごすなら、より良い時間にしようと決めたのだった。

 願書を提出するも、子供や親類からは「大変だから家にいるように」と進学を反対する声ばかりだった。しかし、誰かに強いられるのではなく、自分の希望で大学院に通いたいのだとティエンさんの意思は揺るがなかった。

前へ   1   2   次へ
[Thuy Dung - Thanh Tam, laodong.vn, 17/06/2018 07:28, T].  © Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
ベトナムにおけるメーデー(5月1日)の歴史と意義 (2日)
 5月1日は「メーデー(労働者の日)」で、2021年で135周年を迎えた。この日はベトナムの祝日でもある。  世界における労働者の日としてのメーデーは、1886年5月1日にアメリカ合衆国・カナダ職能労働組合連盟(...>> 続き
ハノイの交通事故救助隊ボランティア、二足のわらじで市民を救う (4/25)
 ハノイ市で2年近く前から活動しているボランティアの交通事故救助隊「FASエンジェル(FAS Angel)」は、これまでに3000件以上の交通事故現場に出動し、けが人を救ってきた。チームは市民にも知られた存在となって...>> 続き
夫に火をつけられ生死をさまよった女性、復活までの2年間 (4/18)
 夫にガソリンを掛けられ、火をつけられたために身体の92%に火傷を負い、生死の狭間をさまよったレ・ティ・キム・ガンさん(女性・34歳)は、その後の2年間に様々な困難を乗り越えながら、新しい生活を築いた。 ...>> 続き
ホーチミンの貧しい人々に古着を無料で届ける、ボランティアに生きる81歳 (4/11)
 ホーチミン市ニャーベー郡在住のグエン・バン・トゥーさん(81歳)はこの4年間、毎日市内の工場労働者や貧しい人々に古着を無料で配っている。色々な人から「他人事の世話をするなんて、あの聴唖(ちょうあ)のじい...>> 続き
がんと闘いながら記憶喪失の親友と暮らす、70代の2人の友情 (4/4)
 71歳のディン・ロンさんは、自分のほうがまだ元気だからとがんを患いながらも毎日お金を稼ぎに出かけ、同い年の親友であり、記憶を失ったルオン・フイン・タイさんの世話をしている。タイさんにとって、ロンさ...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2021 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited