ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 
から まで 記事/ページ

元駐北朝鮮ベトナム大使が語る、越朝の密接な国交の始まり

2019/02/24 05:39 JST配信
Clip to Evernote
(C) news.zing.vn
(C) news.zing.vn 写真の拡大
(C) news.zing.vn
(C) news.zing.vn 写真の拡大

 このほど第2回米朝首脳会談の開催地がベトナムに決まり、2月27日と28日にハノイ市で開催されることになった。ズオン・チン・トゥック元駐北朝鮮ベトナム大使(任期:1992年~1996年)は、ベトナムと北朝鮮の二国間関係の発展は、現在の北朝鮮の最高指導者である金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の祖父にあたる故金日成(キム・イルソン)氏が、生前にベトナムを2度訪問したことに始まると語る。トゥック元大使は大学在学中に平壌へ留学し、後に20年間にわたり駐北朝鮮ベトナム大使館で勤務した経験を持つ。

 ベトナムと北朝鮮が国交を樹立したのは1950年1月31日と早く、北朝鮮は中国と旧ソ連に次いで当時のベトナム民主共和国を承認した3番目の国家となった。このことはインドシナ戦争時代や後のベトナムにとって極めて重要な転機となった。1954年以降はベトナムと朝鮮の両国の閣僚級による相互訪問を通じて二国間関係は急速に発展した。そのなかで金日成氏は、1958年11月に公式で、1964年11月に非公式でベトナムを訪問している。

 1958年11月の金日成氏のハノイ市訪問は、当時高校生になったばかりだったトゥック元大使にとっても非常に大きな出来事だった。「当時はまだノイバイ国際空港はなく、金日成氏はザーラム空港に降り立ちました。大勢の人々が金日成氏を空港で出迎え、空港からハノイ市の中心部まで道路の両側は人で埋め尽くされていました」とトゥック元大使は回想する。

 当時の金日成氏は首相の職に就いており、この時のベトナム訪問は1957年7月に故ホー・チ・ミン主席が北朝鮮を訪問したことに対する「返礼」だった。金日成氏のベトナム滞在は11月27日~12月3日までの1週間にわたり、故ホー・チ・ミン主席と共に当時のベトナム北部で最先端の技術が導入された紅河デルタ地方ナムディン省の縫製工場を訪問し、工場のフランス人社長の家だったゲストハウスに宿泊したという。

前へ   1   2   3   次へ
[news.zing.vn 05:00 15/02/2019, T].  © Viet-jo.com 2002-2020 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
医師を目指す弟に進路を譲った兄、貧しくても支え合う双子の絆 (29日)
 双子のグエン・クオック・バオさんとグエン・クオック・ロックさんは、幼いころに両親を亡くし、母方の叔父の家の屋根裏部屋で生活している。2人は温和で成績優秀。お互いのために犠牲を払う2人の姿は、人々の...>> 続き
小さな夫婦の大きな愛、始まりはYouTubeで一目惚れ (22日)
 小人のように小さいグエン・バン・フンさん(男性・32歳)とレ・ティ・ジエム・ミーさん(女性・32歳)のカップルは最近、結婚1周年の記念に撮影した写真をソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)にアップし...>> 続き
両腕がなくても両足がある、夢を追い大学生になった青年 (15日)
 生まれつき両腕がないホー・フウ・ハインさんは、両足を腕のように使い、健常者と変わらない生活を送っている。ITエンジニアになるという夢を叶えるため大学を受験し、今年9月に東南部地方ドンナイ省のラックホ...>> 続き
170年前に初めて米国へ渡ったベトナム人、チャン・チョン・キエム (8日)
 現在のホーチミン市9区ロンビン街区(phuong Long Binh)に、「チャンチョンキエム(Tran Trong Khiem)通り」がある。この通り名の由来となった人物が、今から170年余り前に初めて米国へ渡ったベトナム人だという...>> 続き
片腕の水泳選手とアオザイデザイナー、2人の愛の物語 (1日)
 生まれつき両脚がなく、右腕の手首から先もなく、実の父親からも捨てられたロイさんは、誰のことも好きにならず、誰とも結婚しないと決めていた。しかし、2年前の運命的な出会いがすべてを覆した。  ホーチ...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2020 All Rights Reserved
運営:Verac Company Limited