ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

2人のマルティーヌ、アフリカに渡り王女となったベトナム人少女たちの運命

2019/09/15 05:06 JST配信
(C) VnExpress
(C) VnExpress 写真の拡大

 1970年11月末のことだった。17歳のマルティーヌは父親に会うためにアフリカへ渡りリムジンバスに乗るまで、旧サイゴンの路上でタバコ売りをしていたごく普通の少女だった。浅黒い肌と巻き毛をしたマルティーヌは、自分の父親が1946〜1954年にインドシナのフランス軍に加わった兵士だということを知っていた。

 ベトナムにはアフリカ人の兵士を父親に持つ子供はマルティーヌの他にもいたし、それぞれのエピソードがあった。しかしマルティーヌの物語はその中で最も数奇な物語だろう。マルティーヌは路上のタバコ売りから中央アフリカ帝国のジャン=ベデル・ボカサ皇帝(ボカサ1世)の娘として王女となったのだ。

 ジャン=ベデル・ボカサは中央アフリカ共和国がまだフランスの植民地下にあった1921年2月22日に生まれ、18歳でフランス軍に入隊した。1953年にベトナムに渡るとベトナム人女性と知り合い、夫婦のように暮らすようになり女の子を儲け、マルティーヌと名付けた。

 1954年のディエンビエンフーの戦い後、フランス軍はベトナムから撤退しボカサもベトナムを後にした。1960年に中央アフリカ共和国が独立すると、従兄にあたるダヴィド・ダッコが初代大統領に就任し、ボカサを軍参謀総長に任命した。

 その6年後、ボカサは軍事クーデターにより政権を奪取し、翌1967年に2代目大統領に就任した。その後は20人近くの女性と100人の子供を儲けたと言われているが、認知した子供は50人に留まる。ボカサ大統領はマルティーヌの母親のほかに、別のベトナム人女性とも結婚したが、1961年に離婚している。

 圧倒的な地位を築き悠々自適に過ごしていたボカサ大統領は、ベトナムに残した家族へ想いを馳せるようになった。そして1970年に旧サイゴン政府とフランス領事館に連絡を取り、「1953年生まれでマルティーヌという名前」というわずかな手掛かりを元に生き別れになった娘の捜索を要請した。捜索開始後すぐに17歳のタバコ売りの少女が見つかり、その母親も娘の父親はボカサ大統領だと認めた。

前へ   1   2   3   次へ
Clip to Evernote
[VnExpress 09:53 22/8/2019, T].  © Viet-jo.com 2002-2022 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
クジラを祀るベトナムの「鯨寺」 (23日)
 北中部地方ハティン省カムスエン郡には、クジラを祀る「ドゥックグーオン廟(mieu Duc Ngu Ong)」がある。死んだクジラを見つけると、人々は死骸をこの「鯨寺」に運んで埋葬し、頭部の十字の印または陰陽コイン...>> 続き
彼女にフラれてボディビルの道へ、ベトナム人青年が日本でチャンピオンになるまで (16日)
 今から7年前、ルオン・ホン・ソンさん(男性・30歳)は恋人と別れたモヤモヤやストレスを晴らすため、ジムでのトレーニングを始めることにした。予期せず、この決断が彼の人生の方向を変えることになった。  ...>> 続き
精神疾患の母親を支える大学生、18年間変わらぬ願い (9日)
 6歳のとき、自宅でクラスメイトに「お前のお母さんはどこ?」と聞かれたレ・ドゥック・ヒエウさん(18歳)は、台所に鎖でつながれている人をおそるおそる指さした。するとクラスメイトたちは「頭がおかしいおばさ...>> 続き
【特集】2021年ベトジョー記事アクセス数ランキング (2日)
 VIETJOベトナムニュースが2021年に配信した「特集」カテゴリの記事のアクセス数ランキングをご紹介します。 1位:出会いは交通違反、「違反者と警察官」の関係から始まった夫婦の恋物語 https>> 続き
ハノイで初のメトロ運行開始、着工10年の軌跡 (21/12/26)
 緑色の車体の電車が、警笛を鳴らしながらカットリン駅のホームに到着した。ホームでは、老若男女問わず多くの人々が興奮を隠せずにいた。2021年11月6日の朝、人々は一張羅で出かけ、それまで先進国にしかなかっ...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2022 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited