ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

事故で両腕失った青年、足で絵を描き見つけた生きる道

2019/11/03 05:02 JST配信
(C) vnexpress
(C) vnexpress 写真の拡大
(C) vnexpress
(C) vnexpress 写真の拡大

 自分が描いた絵の対価として初めて20万VND(約960円)のお金を受け取ったとき、「自分は生きている!」と震えた。腕を失い、絶望のどん底に突き落とされてから6か月後のことだった。

 午前8時、グエン・バン・タイさん(男性・32歳)は椅子に座り、「仕事」を始める。足の指で鉛筆をつかみ、紙の上を滑らせる。しばらくすると、1人の男性の姿が徐々に浮かび上がってきた。

 ホーチミン市ビンタン区のアトリエで安定した仕事をするなど、2年前の恐ろしい事故の後は夢にも思わなかった。

 2017年8月、建設現場で作業員として働いていたタイさんは、中電圧線の放電により重度の火傷を負った。目が覚めると両手はなくなっていて、左腕の肘から少し先までが残っているだけだった。タイさんは自分の将来がどうなるのか見当もつかず、おびえ、混乱した。

 タイさんは、健康な身体から一転、食べることも飲むことも、排泄すらも他の人に頼らなければならなくなった。息子が取り乱すのを恐れて、タイさんの母親のチャン・ティ・ファットさん(64歳)は息子の前では涙を見せず、病院の廊下で泣き、ただただ息子を励まし続けた。

 病院で2か月を過ごす中で、自分よりももっと重度の火傷を負った人が、それでも生きようとする姿を何度も目の当たりにした。タイさんは、落ち込んでいてはいけないと、「自分にはまだ両足がある」と自分に言い聞かせた。

 自宅に帰ると、タイさんは子供のように歩く練習をした。何度もつまずき、母親が助けようとしても「お母さん、自分で立たせて」と言って、自分で立ち上がろうとした。タイさんは両親が不在のタイミングを狙って、自分のことを自分でする練習をした。自分でTシャツを着られるようになるまでには10日かかった。

 2か月後、タイさんは自分で歩くことができるようになり、「次はどうやって生きていこうか」と考えた。ネガティブな思考を止めるため、タイさんは足で字を書く練習をしてみようと思いついた。「いつか書類にサインをする必要があるかもしれないし」と。

 初めて足の2本の指の間にペンを挟んでみると、足はブルブルと震え、硬直し、キープしていることもできなかった。タイさんは疲れ果て、何日間も一文字すら書くことができなかった。

前へ   1   2   3   次へ
Clip to Evernote
[VnExpress 14:27 31/10/2019, A].  © Viet-jo.com 2002-2022 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
クジラを祀るベトナムの「鯨寺」 (23日)
 北中部地方ハティン省カムスエン郡には、クジラを祀る「ドゥックグーオン廟(mieu Duc Ngu Ong)」がある。死んだクジラを見つけると、人々は死骸をこの「鯨寺」に運んで埋葬し、頭部の十字の印または陰陽コイン...>> 続き
彼女にフラれてボディビルの道へ、ベトナム人青年が日本でチャンピオンになるまで (16日)
 今から7年前、ルオン・ホン・ソンさん(男性・30歳)は恋人と別れたモヤモヤやストレスを晴らすため、ジムでのトレーニングを始めることにした。予期せず、この決断が彼の人生の方向を変えることになった。  ...>> 続き
精神疾患の母親を支える大学生、18年間変わらぬ願い (9日)
 6歳のとき、自宅でクラスメイトに「お前のお母さんはどこ?」と聞かれたレ・ドゥック・ヒエウさん(18歳)は、台所に鎖でつながれている人をおそるおそる指さした。するとクラスメイトたちは「頭がおかしいおばさ...>> 続き
【特集】2021年ベトジョー記事アクセス数ランキング (2日)
 VIETJOベトナムニュースが2021年に配信した「特集」カテゴリの記事のアクセス数ランキングをご紹介します。 1位:出会いは交通違反、「違反者と警察官」の関係から始まった夫婦の恋物語 https>> 続き
ハノイで初のメトロ運行開始、着工10年の軌跡 (21/12/26)
 緑色の車体の電車が、警笛を鳴らしながらカットリン駅のホームに到着した。ホームでは、老若男女問わず多くの人々が興奮を隠せずにいた。2021年11月6日の朝、人々は一張羅で出かけ、それまで先進国にしかなかっ...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2022 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited