ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

難民船で生まれたベトナム系女性、命の恩人の英空軍兵とZoomで45年ぶり再会

2020/05/17 05:41 JST配信
Clip to Evernote
(C) VnExpress
(C) VnExpress 写真の拡大
(C) VnExpress
(C) VnExpress 写真の拡大

 先頃、米国カリフォルニア州在住のベトナム系米国人で、資料映像を制作しているドゥック・グエンさんが難民船に関連する展覧会を開催した。そこで当時の写真を目にしたジョーンズさんは、グエンさんを介してリーバーマンさんに連絡を取った。

 そして今年の5月2日、リーバーマンさんの45歳の誕生日に、ウェブ会議サービス「ズーム(Zoom)」を介して2人は再会し、初めて言葉を交わした。2人は人生の空白の時間を埋め合わせるように、お互いに写真や情報を共有した。

 「ジョーンズさんとの再会は最高の誕生日プレゼントになりました」とリーバーマンさん。68歳になるジョーンズさんもまた「最高の気持ちです。あのとき、1人の人生を変えることができたのですから」と当時を振り返り、リーバーマンさんとの再会を喜んだ。

 リーバーマンさんの母親は、当時の記憶についてあまり話さなかった。母親は5月2日午前2時ごろに船の上でリーバーマンさんを生んだが、ミルクも水もごはんもおかゆもなかった。そこで船に乗っていた人が母親の手にリコリスを渡し、母親はそれを噛んで唾液を出して、リーバーマンさんの口に入れたのだという。

 その後、リーバーマンさんは奨学金を得てニューヨークでトップの大学に進学し、ファッションクリエイティブの分野を学んだ。現在はファッションデザイナー兼エグゼクティブとして成功している。その傍らで、自身の生い立ちを忘れまいと「チュオンスアンベイビー(Truong Xuan baby)」というブログも書いている。

前へ   1   2   3   次へ
[VnExpress 11/5/2020, T].  © Viet-jo.com 2002-2020 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
ハノイで創業94年の老舗カフェ、脱サラし継いだ4代目 (5:27)
 ハノイ市ハイバーチュン区チエウベトブオン(Trieu Viet Vuong)通り27番地の路地の一角に、94年の歴史を有する老舗カフェ「カフェ・タイ(Cafe Thai)」がある。  カフェの看板には「4世代」を表す4つ星に、黄...>> 続き
ホー・チ・ミン主席の胸像が70年ぶり帰国、コンダオ刑務所から渡仏 (5/31)
 2020年5月19日、故ホー・チ・ミン主席の生誕130周年を迎えた。  これに合わせて、70年近くフランスにあったホー・チ・ミン主席の胸像が、外交ルートを通じてベトナムに帰ってきた。この彫刻は長い間、最上...>> 続き
雌雄見分ける「ひよこ鑑定士」、高収入も人手不足 (5/24)
 養鶏場のニワトリのヒナ(ヒヨコ)の性別を鑑別する需要が日に日に高まっているが、総排出腔(直腸・排尿口・生殖口を兼ねる器官)で雌と雄を見分けられる人材がごくわずかしかいないため、この仕事は常に人手不足...>> 続き
本を修復して40年、ホーチミン最後の「本のお医者さん」 (5/10)
 ホーチミン市3区リーチンタン(Ly Chinh Thang)通りの路地裏に暮らすボー・バン・ザンさん(男性・60歳)は、古本を修理・修復する仕事に就いて40年余りになる。ザンさんは、ホーチミン市でこの仕事をまだ続けてい...>> 続き
オンライン学習のため4G電波探し道路沿いに「書斎」を建築したモン族の学生 (5/3)
 少数民族モン族のラウ・ミー・サーさん(男性・21歳)は、東北部地方ハザン省ドンバン郡スンチャイ村スンクア地区(ban Sung Cua, xa Sung Trai, huyen Dong Van)を走る道路の間に4Gの電波が入るポイントがあるこ...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2020 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)